OneD Materialが新たなマイルストーン達成

OneD Material, LLC

2017/6/9 14:47

OneD Materialが新たなマイルストーン達成

AsiaNet 68874 (0856)

【パロアルト(米カリフォルニア州)2017年6月8日PR Newswire=共同通信JBN】OneD Materialは、新しい日本の特許(JP 6142362(https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389ad73e00be2ed1d3d1d6/1496881905541/JP6142362B.pdf )を付与されたと発表した。この特許は、同社の高エネルギー密度リチウムイオン電池向け革新的シリコングラファイト活性材料であるSiNANOde(TM)を製造するための新しい組成と改良された製造プロセスをカバーするものである。

この新規に付与された特許は、Nanosys(OneDの前身会社)が設立され、ハーバード、バークレー両大学からいくつかの基礎的なナノテクノロジーの発明の独占的なライセンスを受けた2001年から始まった長い旅の中の重要なマイルストーンである。

その後の数年間、NanosysのR&Dチームは、燃料電池とリチウムイオン電池電極向けの新たなナノ構造について取り組み、電極に使用されるシリコン・ナノワイヤとグラファイト材料の相互接続されたネットワークを説明する独創的な特許を出願した(例えば、WO 2006/062947(https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389b9737c5817916007537/1496882074860/WO2006062947A2.pdf )および WO 2007/061945(https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389bab20099e3818e68348/1496882100457/WO2007061945A2.pdf )、それぞれ2004年と2005年に提出された出願に基づく)。

OneDの最高技術責任者(CTO)のイミン・ジュー博士の指導の下に、さまざまなシリコングラファイト材料と製造プロセスが長年にをかけて完成され、世界中の大手バッテリー・メーカーによりテストされた。

2013年遅く、OneD MaterialはNanosysからそのR&Dチーム、施設、パイロット生産ライン、およびナノワイヤ関連のすべての知的財産を取得、ディスプレイ向け量子ドットの商業化に専念し、この市場におけるグローバルリーダーになった。

2014年、OneDの顧客EaglePicherは米国防総省のTitle 3 Awardを受賞、OneDの製造プロセスのライセンスを得て、ミズーリ州ジョプリンに最近完成した10万平方フィートの製造施設でSiNANOde(TM)を生産している。

OneDはイノベーションの開発を継続しており、そのR&D取り組みを次の4つの主要な目的に焦点を合わせている。(1)SiNANOde(TM)の容量保持力をより長いサイクル数で向上させる(2)より高いシリコン/グラファイト比率でSiNANOde(TM)のエネルギー密度を増加する(3)SiNANOde(TM)の製造コストを低減する(4)より大きな生産規模拡大を可能にし、コンシューマーエレクトロニクスおよびEV市場セグメントに供給しているバッテリー・メーカーの将来のニーズに対応する。

新たに付与された特許は、R&D取り組みの結果最近申請した特許出願ポートフォリオの一部であり、OneDとその顧客を今後20年間保護することになる(例えばWO 2013/016339 (

https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389c03893fc080a393f29a/1496882183402/WO2013016339.pdf を参照)

OneDのビンセント・プルビネージュ最高経営責任者(CEO)は「われわれは、高エネルギー密度リチウムイオン電池向けシリコングラファイト活性材料の生産のため、世界中の業界パートナーと今後も協力していくことを楽しみにしている」と語った。

詳細はウェブサイトwww.onedmaterial.com 参照。

ソース:OneD Material, LLC

▽問い合わせ先

OneD Material

+1-650-331-2192

info@onedmaterial.com

OneD Material reaches a new milestone

PR68874

PALO ALTO, California, June 8, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

OneD Material announces the grant of a new Japanese patent (JP 6142362 (

https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389ad73e00be2ed1d3d1d6/1496881905541/JP6142362B.pdf

)) covering a new composition and improved manufacturing process for making

SiNANOde(TM), its innovative silicon-graphite active materials for high energy

density lithium-ion batteries.

This newly granted patent is an important milestone in a long journey started

in 2001 when Nanosys (OneD's predecessor company) was formed and exclusively

licensed certain foundational nanotechnology inventions from Harvard and

Berkeley universities.

In the following years, Nanosys' R&D team worked on new nanostructures for fuel

cells and lithium-ion battery electrodes and filed seminal patent applications

describing interconnected networks of silicon nanowires and graphitic materials

for use in electrodes (for example: WO 2006/062947 (

https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389b9737c5817916007537/1496882074860/WO2006062947A2.pdf

) and WO 2007/061945 (

https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389bab20099e3818e68348/1496882100457/WO2007061945A2.pdf

), based on applications filed in 2004 and 2005).

Under the leadership of Dr. Yimin Zhu, OneD's Chief Technology Officer, various

silicon-graphite materials and processes were perfected over many years and

tested by large battery makers around the world.

In late 2013, OneD Material acquired the R&D team, facility, pilot production

line and all nanowire-related intellectual property assets from Nanosys which

elected to focus on commercializing quantum dots for displays, becoming a

global leader in that market.

In 2014, OneD's customer EaglePicher won a US Department of Defense Title 3

Award and licensed OneD's manufacturing process to produce SiNANOde(TM) in a

new recently completed 100,000 square feet manufacturing facility in Joplin,

Missouri.

OneD continues to develop innovations and to focus its R&D efforts on four key

objectives: (1) increasing SiNANOde(TM) capacity retention over longer number

of cycles; (2) increasing SiNANOde(TM) energy density with higher

silicon/graphite ratios; (3) decreasing SiNANOde(TM) manufacturing costs; and

(4) enabling larger production scale-up, to meet the future needs of battery

makers supplying the Consumer Electronics and EV market segments.  

The newly granted patent is part of a portfolio of recently filed patent

applications resulting from those R&D efforts, that will protect OneD and its

customers over the next two decades (see for example WO 2013/016339 (

https://static1.squarespace.com/static/54ac837ee4b041b86b0c054f/t/59389c03893fc080a393f29a/1496882183402/WO2013016339.pdf

)).

"We look forward to continue working with industrial partners worldwide to

produce silicon-graphite active materials for high-energy density lithium-ion

batteries," said Vincent Pluvinage, OneD's CEO.

For more information, see www.onedmaterial.com

SOURCE OneD Material, LLC

CONTACT: OneD Material, +1-650-331-2192, info@onedmaterial.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中