サファリワールドの新たな生命 アミメキリンの赤ちゃんが誕生しました!

平成29年6月6日(火)サファリワールドにてアミメキリンの赤ちゃん(オス)が誕生しました。現在赤ちゃんはバックヤードにて母親と共に元気に暮らしており、公開については詳細が決まり次第、ご連絡いたします。

平成29年6月12日

アドベンチャーワールド

サファリワールドの新たな生命

アミメキリンの赤ちゃんが誕生しました!

 平成29年6月6日(火)午後11時37分、アドベンチャーワールドで2年ぶりとなるアミメキリンの赤ちゃん(オス)が誕生しましたのでお知らせいたします。

アドベンチャーワールドでは昨年3月2日に交配が確認されて以来、注意深く母親の様子を見守ってまいりました。母親にとっては平成27年に引き続き2度目の出産で、生まれたばかりの赤ちゃんを愛おしそうにに見守り母乳を与えています。今回の赤ちゃん誕生により、アドベンチャーワールドで暮らすアミメキリンは計6頭になりました。

 現在赤ちゃんはバックヤードにて母親と共に暮らしております。今後赤ちゃんの成長に伴い、屋外にて親子の公開を行う予定です。公開については詳細が決まり次第、ご連絡いたします。

アミメキリンの赤ちゃんの成長をぜひあたたかく見守って下さい。

【アミメキリンの赤ちゃんについて】

■出生日:平成29年6月6日(火) 午後11時37分

■性 別:オス

■体 長:推定170㎝

※赤ちゃんの公開については決まり次第公式HP、プレスリリースにてご連絡いたします。

【アドベンチャーワールドで暮らすアミメキリン】

■飼育頭数 計6頭(オス3頭、メス3頭)

■親情報  

 母親:平成22年1月17日 アメリカ合衆国ライオンカントリーサファリ 生まれ(7歳)

 父親:平成13年4月18日 群馬県桐生市桐生が岡動物園 生まれ(16歳)

    群馬県桐生市桐生が岡動物園よりブリーディングローンにて来園した個体です。

    平成14年にアドベンチャーワールドに来園して以来、今回出産した母親との間に2頭の赤ちゃんが誕生しています。

    アドベンチャーワールドでは、平成27年5月以来2年ぶりのアミメキリンの誕生となります。

【アミメキリンについて】

分 類:偶蹄目 キリン科      

生息地:アフリカ(エチオピア、ケニア)

体 長:3~5m           

体 重:オス 800~1,500㎏、メス 500~1,000㎏

食 性:アドベンチャーワールドではペレット、アカシア他

寿 命:20~25年      

繁 殖:妊娠期間は約15か月。通常は1子出産。オスは4~5歳、メスは3~4歳で性成熟を迎えます。

〈アドベンチャーワールド〉

温暖な紀伊半島の和歌山県白浜町にある陸、海、空の140種1400頭の動物が暮らす「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。ジャイアントパンダをはじめ、希少動物の繁殖に成功し保護研究活動に努めています。

企業理念「こころで“とき”を創るSmileカンパニー」のもと「こころ」を大切にし、関わる全ての人との大切な「とき」を共有することによって、永続的にホンモノの「Smile」を創造・提供し続けます。

■所在地   :和歌山県白浜町

■面積    :80万平方メートル

■オープン:昭和53年4月22日

■運営会社:株式会社アワーズ

■公式HP  : http://www.aws-s.com/

■ツイッター:https://twitter.com/aws_official

■フェイスブック:https://www.facebook.com/adventureworld.official

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中