HikvisionがIHS Markitの2017年報告で首位を維持

Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

2017/6/22 16:38

HikvisionがIHS Markitの2017年報告で首位を維持

AsiaNet 69025 (0934)

【杭州(中国)2017年6月21日PR Newswire=共同通信JBN】革新的なビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするサプライヤーHikvisionは、2016年データに基づく最近のIHS Markit報告で、世界のCCTVおよびビデオ監視装置の市場シェアは21.4%と前年の19.5%から上昇し、ナンバーワンの地位を維持したと発表した(注)。Hikvisionは驚異的な前年比成長率を背景に、セキュリティー監視製品のサポートを世界規模で展開している。

重要情報、分析技術、ソリューションの世界的リーダーであるIHS Markitはまたこの最新の報告で、Hikvisionのテクノロジーは2016年世界市場シェアでセキュリティー・カメラ(24.2%)、アナログ + HD CCTVセキュリティー・カメラ(23.9%)、ネットワークセキュリティー・カメラ(25.6%)、レコーダー(25.3%)と各分野でもナンバーワンの市場シェアを勝ち取ったと指摘した。さらに同社は、欧州・中東・アフリカ市場でもCCTVおよびビデオ監視装置の市場シェアは14.9%と引き続きトップを維持、米州市場では8.5%と2位と同等の市場シェアを確保した。

Hikvisionは、セキュリティー業界のテクノロジー・リーダーと現在評価されている同社の急速な成長を支え、IHS Markit報告での首位獲得をもたらしたものは、新製品テクノロジーへの継続的な研究開発投資、市場動向への迅速な対応、および同社がビジネスの中核に位置付けている長期にわたるパートナーシップだとしている。

Hikvision International Business Centreのキーン・ヤオ副社長は「顧客の価値を創造することがわれわれの目標である。ビデオ監視における世界市場シェアで首位に選ばれたというこの最新の成果は、当社にとり非常に心躍ることだ。われわれは、すべての可能性を広げる手助けをする人々、パートナー企業、顧客と成功を分かち合うことを楽しみにしている。Hikvisionは、ビデオ監視業界に加え、長期ビジョン達成のために、産業オートメーション、スマートホーム・テクノロジー、自動車エレクトロニクス業界にまで手を広げてきた」と熱っぽく語った。

研究開発(R&D)投資を強調し、近く開催されるIFSEC International展示会ではHikvisionの製品やテクノロジーをじかに体験したい人々向けに、新製品やソリューション、およびIT業界の「ディープラーニング」コンセプトから生まれた新しい一連の革新的テクノロジーなど、監視テクノロジーの最先端の進歩を展示する。

IFSEC InternationalでのHikvisionの展示スタンドはE800にある。

(注)情報は2017年5月のIHS Markit、Technology Group、Video Surveillance Intelligence Serviceに基づいている。情報はHikvisionが保証したものではない。これらの結果に依存するのは、第三者自身のリスクである。詳細については、http://www.technology.ihs.com/ を参照。

▽Hikvisionについて

Hikvisionはビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするサプライヤーである。業界最強の研究開発陣を擁するHikvisionは、オーディオ/ビデオエンコーディング、ビデオ画像処理、関連データ・ストレージのほか、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、ディープラーニングなどの先見的なテクノロジーの中核テクノロジーを進化させている。Hikvisionは長期的なビジョン達成のため、ビデオ監視業界に加えて、スマートホーム・テクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にもその範囲を広げている。顧客のために常に価値を創造するHikvisionは世界で28の地域子会社を運営し、真にグローバルな存在を実現している。詳細はウェブサイトを参照:www.hikvision.com

ソース:Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

Hikvision Continues its Leading Position in IHS Markit 2017 Report

PR69025

HANGZHOU, China, June 21, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Building on the company's incredible year-on-year growth, and underlining the

global level of support for its range of security surveillance products,

Hikvision, the world's leading supplier of video surveillance products and

solutions, has announced that it has again achieved No.1 position in a recent

IHS Markit report, based on 2016 data, with a dominant market share of 21.4%

for CCTV and Video Surveillance Equipment worldwide, rising from last year's

19.5%*.

Hot off the press, IHS Markit, a world leader in critical information,

analytics, and solutions, also reported that Hikvision technology ranks in the

No.1 position for 2016 global market share in the categories of: Security

Cameras (24.2%), Analogue +HD CCTV Security Cameras (23.9%), Network Security

Cameras (25.6%), and Recorders (25.3%). Moreover, the company is continuing its

leading position in the EMEA market, with 14.9% market share for CCTV and Video

Surveillance Equipment, and achieved an 8.5% market share equating to the No.2

position for the Americas market.

Supporting the rapid growth of a company that is now an acknowledged security

industry technology leader, Hikvision attributes its IHS Markit ranking success

to its continuous R&D investment in new product technologies, and the rapid

response to market trends, and long-lasting partnerships that the company's

been placing in its business core.   

"Creating value for its customers is our driving goal, and this latest

achievement of being ranked number one for global market share in video

surveillance is very exciting for the company," enthused Keen Yao, VP at

Hikvision International Business Centre. "We look forward to sharing our

success with the people who help to make it all possible, our partners and

customers. In addition to the video surveillance industry, Hikvision has

extended its reach to industrial automation, smart home tech, and automotive

electronics industries, to achieve its long-term vision."

Underlining the R&D investment, for those looking to experience Hikvision

products and technologies at first hand, the company will be showcasing their

cutting-edge advances in surveillance technology at the upcoming IFSEC

International exhibition, including brand new products and solutions, as well

as an innovative new set of technologies derived from the IT industry's "Deep

Learning" concept.

Visitors to IFSEC International can find Hikvision at stand E800.

* Information based on IHS Markit, Technology Group, Video Surveillance

Intelligence Service, May 2017. Information is not an endorsement of Hikvision.

Any reliance on these results is at the third party's own risk. Visit

http://www.technology.ihs.com/ for more details.

About Hikvision

Hikvision is the world's leading provider of innovative video surveillance

products and solutions. Featuring the industry's strongest R&D workforce,

Hikvision advances core technologies of audio and video encoding, video image

processing, and related data storage, as well as forward-looking technologies

such as cloud computing, big data, and deep learning. In addition to the video

surveillance industry, Hikvision extends its reach to smart home tech,

industrial automation, and automotive electronics industries to achieve its

long-term vision. Always creating value for its customers, Hikvision operates

28 regional subsidiaries all over the world to achieve a truly global presence.

For more information, please visit us at www.hikvision.com.

SOURCE  Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中