銀聯国際が革新的な製品を海外で導入 同社のQRコード決済普及を加速

UnionPay International

2017/7/7 16:42

銀聯国際が革新的な製品を海外で導入 同社のQRコード決済普及を加速

AsiaNet 69222 (1010)

【上海2017年7月6日PR Newswire=共同通信JBN】銀聯国際(UnionPay International)は革新的な製品・サービスの普及を加速している。東南アジアと北東アジアがその主要な目標市場である。

最新データによると、UnionPay(銀聯)モバイル決済製品のモバイルQuickPassによる国際的な取引高は今年前半で倍増した。さらに注目されるのは、モバイルQuickPassを利用する海外の顧客が増加していることである。香港とマカオで利用されたモバイルQuickPassの取引高が3倍以上に上り、香港とマカオのカードホルダーが中国本土で使用する取引高は前年比7倍に急増した。

▽UnionPay(銀聯)の国際決済サービスの変化

モバイルQuickPassはUnionPay(銀聯)が世界普及を促進する主要な製品になった。モバイルQuickPassはUnionPay(銀聯)QRコード決済、UnionPay(銀聯)チップカードによる店舗内決済、ウエアラブル・デバイスなどのさまざまなモバイル決済製品に加え、インアプリ・オンライン決済をサポートする。

現在、モバイルQuickPass NFC決済は、中国本土以外の約50万のPOS端末で受け入れられている。モバイルQuickPass QRコード決済は香港とシンガポールに導入されている。香港と日本の小売店のアプリはモバイルQuickPassもサポートする。

銀聯国際(UnionPay International)は、モバイル決済サービスを世界の顧客にも提供している。香港のカードホルダーは、中国銀行、スタンダードチャータード銀行、東亜銀行が発行するUnionPay(銀聯)カードを携帯電話に追加することができる。このため、UnionPay(銀聯)は、地元のデビットカードホルダー向けのモバイル決済サービスを提供する唯一のカードブランドになった。モバイルQuickPassは、マカオと韓国でも利用できる。

銀聯国際(UnionPay International)はこの数年間で、国際的なB2Bプラットフォーム、デジタルウォレット、国際マーケティング・プラットフォームのU Planなど国際的に利用可能な革新的製品を開発してきた。これらの革新的製品をサポートするのは、TSP(Token Service Platform)、TSM(Trusted Service Management)、HCEクラウドプラットフォームをはじめとする一連のプラットフォームである。

▽中国本土以外で導入されたUnionPay(銀聯)QRコード決済

銀聯国際(UnionPay International)は今年から、中国本土以外での同社のQRコード決済の普及を加速している。当面は東南アジアがその中心となる地域である。

これには2つの要因がある。まず、UnionPay(銀聯)は東南アジアで広く受け入れられ、東南アジアの数カ所の市場で金融インフラ構築と決済基準協力にも参加してきた。このため、技術的条件が革新的製品の普及に向けて十分整っている。2番目には、この地域の国々は決済業界の向上を望む声が強いことである。

香港とシンガポールに加え、モバイルQuickPassコード決済は、タイ、インドネシア、オーストラリアでも近く導入される。東南アジアで、銀聯国際(UnionPay International)は数カ国とも協力し、今年中にeウォレット製品を導入する。

UnionPay(銀聯)はタイで、VisaとMastercardと協力し、タイ銀行が地元の金融機関および小売店に推奨するQRコード決済の共通基準を設定する。東南アジア諸国の多くは今後QRコード決済製品を導入する際に、国際基準と互換性があり、よりセキュアなUnionPay(銀聯)基準を採用するとみられる。

ソース:UnionPay International

UnionPay Launches Innovative Products Overseas and Accelerates the Rollout of its QR Code Payment

PR69222

SHANGHAI, July 6, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

UnionPay International is now accelerating the promotion of its innovative

products and services globally. Southeast and Northeast Asia are the key target

markets.

According to the latest data, the cross-border transaction volume of mobile

QuickPass, the UnionPay mobile payment product, doubled in the first half of

this year. More notably, more overseas customers are using mobile QuickPass.

The transaction volume of mobile QuickPass used locally in Hong Kong and Macau

more than tripled and the transaction of mobile QuickPass by Hong Kong and

Macau cardholders in mainland China grew by over 7 times year-on-year.

The transformation of UnionPay cross-border payment service

Mobile QuickPass has become a major product promoted by UnionPay worldwide. It

supports various mobile Pay products, UnionPay QR code payment, in-store

payment with UnionPay chip cards and wearable devices, as well as in-app online

payment.

Now, mobile QuickPass NFC payment is accepted at about 500,000 POS terminals

outside mainland China. Mobile QuickPass QR code payment is launched in Hong

Kong and Singapore. The apps of merchants in Hong Kong and Japan support mobile

QuickPass too.

UnionPay International is also offering mobile payment service to more global

customers. Hong Kong cardholders may add their UnionPay cards issued by Bank of

China, Standard Chartered Bank and Bank of East Asia to their mobile phones.

UnionPay thus becomes the only card brand that provides mobile payment service

for the local debit cardholders. Mobile QuickPass is also available in Macau

and South Korea.

Over the past few years, UnionPay International has developed innovative

products that can be used internationally, including cross-border B2B platform,

digital wallet, cross-border marketing platform U Plan, etc. Supporting these

innovative products are TSP (Token Service Platform), TSM (Trusted Service

Management), HCE cloud platform and a series of other platforms.

UnionPay QR code payment launched outside mainland China

Since this year, UnionPay International is accelerating the promotion of its QR

code payment outside mainland China. Southeast Asia is the core region for now.

This is due to two factors. First, UnionPay is extensively accepted in

Southeast Asia, and has also participated in the financial infrastructure

construction and payment standard cooperation in several Southeast Asian

markets. Therefore, the technical condition is mature for promoting innovative

products. Second, countries in the region have great demands for payment

industry upgrade.

Besides Hong Kong and Singapore, mobile QuickPass QR code payment will be

launched in Thailand, Indonesia and Australia soon. In Southeast Asia, UnionPay

International is also collaborating with several countries to launch e-wallet

products within this year.

In Thailand, UnionPay is collaborating with Visa and Mastercard to develop a

common standard for QR code payment that will be recommended by Bank of

Thailand to the local financial institutions and merchants. It is expected that

more Southeast Asian countries will adopt UnionPay standard, which is

compatible with international standard and more secure, when launching QR code

payment products in the future.

SOURCE  UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中