コンカーがConcur LocateとActive Monitoringで出張者を保護

コンカー(Concur)

2017/7/18 15:40

コンカーがConcur LocateとActive Monitoringで出張者を保護

AsiaNet 69327 (1063)

【ボストン2017年7月17日PR Newswire=共同通信JBN】

*コンカーがGBTA Convention 2017で新しいソリューションの発売を発表

SAP傘下の企業で出張、経費、請求管理ソリューションの世界的なリーダーであるコンカーは17日、企業が危機や先行き不透明な状態の際に、直ちに重要な情報を発見し、従業員に伝達、通信できるようにするConcur LocateとActive Monitoringの発売を発表した。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/244773/concur___logo.jpg

Global Business Travel Association(GBTA)Foundation(グローバルビジネストラベル協会財団)によると、出張旅行は増加しており、2020年までに16兆ドルに達するとみられている。地政学上の不確実性が高まっており、企業が出張者の安全を確保する手段を講じることは極めて重要である。これは、企業が出張者の居場所を常時把握していることから始まる。

GBTA Foundation(https://www.concur.com/en-us/resources/how-close-risk-management-loopholes )によると、出張者の42%はサプライヤーのウェブサイトで直接予約することを好む。しかし、出張管理者の大半は出張者の居場所を把握するためにもっぱらOBTないしはTMCで捕捉する旅行データに依存しており、危機の際に極めて多数の出張者の行方をつかめない可能性がある。Concur LocateとActive Monitoringは初の出張者リスク管理ソリューション(https://www.concur.com/concur-locate )であり、TripLinkおよびTripIt、サプライヤーのe領収書などを通じて捕捉される旅行および出費データ、さらに直接予約の日程を含む業界で最も総合的なデータセットを利用し、注意義務の空白を埋めるとともに危機に対する必要性を解決する。

注意義務は企業の出張、セキュリティー、人材、法務部門などが関連するが、リスク管理に関するGBTA Foundationの新しいリポートは、いかなる部門が担当しようが出張管理者は注意義務を履行するうえで中心的な役割を果たしていると指摘した。危機の際、71%の出張管理者は出張者の居場所を突き止めることを担当し、63%は影響を受けた出張者に関するインシデントリポートを提供することを担当している。

現在、企業の可視化および出張者に関する知識では大きな空白が存在している。GBTA Foundationのリポートは以下の点を指摘した。

*出張管理者の5人中3人は、危機および不確実な状況の際に出張者とコンタクトするために出張者に依存している。

*同時に、出張者の58%は緊急時や治安情勢のための支援ないしは援助が必要な際、出張管理者ではなく、上司とコンタクトをとると語っている。

*10人中3人の出張管理者は企業プログラム以外で予約した出張者を全く支援していない。さらに他の主張管理者の29%はインシデントの後、従業員の安全を確認するのにどのくらいの時間がかかるか把握していない。

コンカーのマイク・エバーハード社長は「企業は出張者の安全とセキュリティーを確保する責任がある。自然災害からテロ攻撃まで危機が起きれば、企業は従業員を素早く見つけ出し、その居場所を確定し、誰が援助を必要としているかを判断できることは絶対に欠かせない。これらは何か異変が起きた際に企業リーダーに支援を求める人々である。コンカーはこの課題を解決する手助けをする」と語った。

業界で最も総合的でタイムリーなデータセットを備えるConcur LocateとActive Monitoringは、企業がリスクを事前に監視し、すべての出張者の居場所を、世界のどこにいても瞬時に素早く特定し、出張者と通信して危機や不確実性の状況でも満足のいく状態を保証することを可能にする。リアルタイム・レポーティングによって、出張管理者は数分で企業リーダーと総合的な概要を共有することができる。

タルサ大学の出張プログラム管理者であるジェーソン・グルニン氏は「強制的な出張予約プログラムを導入した最初の大学として、学生の安全は長い間、タルサ大学の最優先事項となってきた。われわれはこれを拡大する方策を常に探している。例えば、タルサ大学はConcur Locateを使って留学プログラムを取り込み、年間を通して留学生の安全を確保している」と語った。

HX Globalが運用するActive Monitoringを追加したConcur Locateはインフラストラクチャーや人員なしで、企業に24時間年中無休の監視、通信、支援を提供し、あらゆる規模の企業が世界セキュリティー・オペレーターセンターの恩恵を受けることを可能にする。これまでのこの規模の強力な世界規模のセキュリティーソリューションは高コストで、リソースを社内管理できる大企業しか利用できなかった。

Atmosphere Research Groupの創設者で旅行業アナリストであるヘンリー・ハートエベルト氏は「出張者の安全は重要な優先事項であり、世界中の企業にとって現在深刻さを増す課題でもある。コンカーはConcur LocateとActive Monitoringによって、企業がこの課題に対処することを支援することができる」と語った。

Concur Locate(旧称Concur Risk Messaging)とActive Monitoringは現在利用可能である。Concur Locateは3月に開催された同社の年次顧客会議Fusionで最初に発表された。

GBTA Conventionの参加者はブース#1337でConcur Locateに詳細を知ることができる。

▽コンカー(Concur)について

SAP傘下の企業、コンカーは20年以上にわたり、出張、経費、請求書、コンプライアンス、リスクを網羅し、自動化を超越した完全コネクテッドの出費管理ソリューションを、あらゆる規模および段階にある企業に提供してきた。コンカーの世界規模の専門知識と業界をリードするイノベーションによって、さまざまなパートナーとアプリケーションから成るダイナミックなエコシステムに属する同社の顧客は、時間を節約できるツール、最先端技術、コネクテッド・データを使って1歩先を行くことができる。ユーザーフレンドリーですぐにビジネスで使用でき、コンカーは強力なインサイトを明らかにし、企業が複雑性を解消し、出費を明確に理解することを支援、これによって企業は出費を主体的に管理することが可能となる。詳細はウェブサイト(http://www.concur.com )ないしはコンカーのブログ(https://www.concur.com/blog/?pid=pr&cid=20179 )を参照。

(C)2017 Concur Technologies, Inc. All rights reserved.

▽メディア問い合わせ先

Carrie Peters

Concur

+1-425-590-0311

Carrie.peters@concur.com

ソース:Concur

Concur Empowers Businesses to Protect Travelers with Concur Locate and Active Monitoring

PR69327

BOSTON, July 17, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/--

    -- Concur Announces Availability of New Solutions at GBTA Convention 2017

Concur, an SAP company and the world's leading provider of travel, expense and

invoice management solutions, today announced the availability of Concur Locate

and Active Monitoring, empowering businesses to find, inform, and communicate

vital information with employees in just minutes during times of crisis and

uncertainty.

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/244773/concur___logo.jpg

Business travel is increasing and projected to reach $1.6 trillion by 2020

according to Global Business Travel Association (GBTA) Foundation. With

heightened geopolitical uncertainties, it is crucial that businesses take the

step to ensure the safety of travelers. This starts with companies knowing

where their travelers are located at all times.

According to GBTA Foundation (

https://www.concur.com/en-us/resources/how-close-risk-management-loopholes ),

42 percent of travelers prefer to book directly on a supplier's website.

However, the majority of travel managers rely exclusively on travel data

captured through an OBT or TMC to locate their travelers, potentially leaving

an incredibly large number of travelers unaccounted for during a crisis. Concur

Locate and Active Monitoring is the first integrated traveler risk management

solution (https://www.concur.com/concur-locate) that draws from the industry's

most comprehensive data set including, travel and expense data, itineraries

booked direct captured through TripLink and TripIt, supplier e-receipts, and

more, closing the duty of care gap and solving a critical need.

While duty of care can involve a company's travel, security, human resources

and legal departments, a new GBTA Foundation report on risk management found

that travel managers play a key role in fulfilling duty of care, regardless of

which department is in charge. During a crisis, 71 percent of travel managers

are still responsible for locating travelers and 63 percent are responsible for

providing incident reports on impacted travelers.

A significant gap exists today in company visibility and traveler knowledge.

The GBTA Foundation report also found:  

    -- Three in five travel managers rely on their travelers to contact them

       during times of crisis and uncertainty.

    -- Meanwhile, 58 percent of travelers say they would contact their

       supervisor, not a travel manager, if in need of support or assistance

       due to an emergency or security situation.

    -- Three in ten travel managers flat out do not support travelers who

       book outside corporate programs. Another 29 percent do not know how

       long it would take to confirm the safety of every employee after an

       incident.

"Businesses have a responsibility to ensure the safety and security of

travelers. From natural disasters to terrorist attacks, if a crisis occurs,

it's imperative that businesses are able to quickly identify and locate their

employees and determine who may need assistance," said Mike Eberhard, President

of Concur. "These are people who are depending on their business leaders to

help them in the event something goes wrong. Concur helps solve this

challenge."

With the industry's most comprehensive and timely data set, Concur Locate and

Active Monitoring empower businesses to proactively monitor risks and quickly

identify where all their travelers are, anywhere in the world, at a moment's

notice, and communicate with them to ensure their well-being during times of

crisis and uncertainty. Real-time reporting makes it possible for travel

managers to share comprehensive snapshots with business leaders within minutes.

"As one of the first universities to introduce a mandatory travel booking

program, student safety has long been a top priority for The University of

Tulsa," said Jason Grunin, Travel Program Manager, The University of Tulsa.

"We're continually looking for ways to expand on this. For example, the

University of Tulsa's use of Concur Locate is expanding to include our study

abroad program to ensure the safety of students traveling year-round."

Concur Locate with the addition of Active Monitoring, powered by HX Global,

provides businesses with 24/7 monitoring, communications, and assistance,

enabling companies of all sizes to experience the benefits of a global security

operations center without the infrastructure and headcount. Previously, a

powerful global security solution of this scale was only available at a high

cost to large enterprises where resources are managed internally.

"Business traveler safety is a significant priority and growing challenge for

companies around the world right now," said Henry Harteveldt, travel industry

analyst and founder of Atmosphere Research Group. "With Concur Locate and

Active Monitoring, Concur is uniquely positioned to help companies address

this."

Concur Locate, formally Concur Risk Messaging, and Active Monitoring is now

available. Concur Locate was initially announced at Fusion, its annual customer

conference, in March.

GBTA Convention attendees can learn more about Concur Locate at booth # 1337.

About Concur

For more than two decades, Concur, an SAP company, has taken companies of all

sizes and stages beyond automation to a completely connected spend management

solution encompassing travel, expense, invoice, compliance and risk. Concur's

global expertise and industry-leading innovation keep its customers a step

ahead with time-saving tools, leading-edge technology and connected data, in a

dynamic ecosystem of diverse partners and applications. User-friendly and

business-ready, Concur unlocks powerful insights that help businesses reduce

complexity and see spending clearly, so they can manage it proactively. Learn

more at www.concur.com or the Concur blog (

https://www.concur.com/blog/?pid=pr&cid=20179 ).

(C)2017 Concur Technologies, Inc. All rights reserved.

Media Contact:

Carrie Peters

Concur

+1-425-590-0311

Carrie.peters@concur.com

SOURCE: Concur

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中