五輪金メダルのケイラ・ハリソンが東京でIntrepid Wendellの「桜の舞」ネックレス装着

The Intrepid Wendell

2017/8/23 13:11

五輪金メダルのケイラ・ハリソンが東京でIntrepid Wendellの「桜の舞」ネックレス装着

AsiaNet 69742 (1245)

【ワシントン2017年8月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*ネックレス用に選ばれた宝石は米国、日本、ハリソンの柔道の偉業を象徴

オリンピックで2度にわたって金メダルを獲得したケイラ・ハリソンが8月26日の週末に東京を訪問し、28日には講道館で柔道を行う。滞在中の夕食会には真珠、ダイヤ、ルビー、サファイアの「桜の舞」ネックレスを身に着ける。このネックレスは米国の高級宝石会社、The Intrepid Wendellが提供した。ハリソンは同社の公式スポークスパーソンを務めている。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/547844/The_Intrepid_Wendell_Kayla_Harrison.jpg

ハリソンは米国の柔道家で、2012 年ロンドンと2016年リオデジャネイロの五輪で金メダルを獲得し、2011 年と2015年のパンアメリカン競技大会でも金メダルを手にした。また、2010年の世界柔道選手権、2014 年と2015年のグランドスラム東京(旧嘉納治五郎杯)でも優勝した。ハリソンはグランドスラム東京で金メダルを勝ち取った唯一の米国人柔道家である。

ハリソンは2016年12月13日、The Intrepid Wendellからネックレスを授与された。The Intrepid Wendellと日本人デザイナー、小松一仁氏が協力してデザイン、制作したネックレスは、柔道のシンボルフラワーである桜を表現するようにつくられている。

ネックレスは白蝶ゴールド真珠に宝石の桜花4個をあしらっている。桜はダイヤ、ルビー、ブルーサファイア、カラーサファイアで構成される。選ばれた宝石と色は、米国、柔道に占める日本の重要性、柔道高段者が締める紅白帯へのハリソンの昇段を表し、金の花弁2枚はハリソンの金メダル2個を象徴している。ネックレスの前面にある大きい花は、桜で代表される柔道高段者の舞と技を示す。伝統的な武士と柔道のシンボルである。

ケイラ・ハリソンとのインタビューの申し込みは以下に連絡を。
Roy Englert
wendell@theintrepidwendell.com

▽The Intrepid Wendellについて
The Intrepid Wendellは男性、女性用の比類ない宝石製品をデザイン、制作する。顧客と協力して、規模や重要性にかかわらず人生の出来事に向けて、素晴らしい独自の宝石を生み出す。詳しい情報はTheIntrepidWendell.com を参照。

ソース:The Intrepid Wendell


Olympic Gold Medalist Kayla Harrison Will Be in Tokyo Wearing Sakura No Mai Necklace From American Fine Jeweler the Intrepid Wendell

PR69742

WASHINGTON, Aug. 23, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- The gems chosen for the necklace represent the United States, Japan, and
Harrison's judo accomplishments.

Two-time Olympic gold medal winner Kayla Harrison will be in Tokyo, Japan the
weekend of Aug. 26 and practicing on Aug. 28 at the Kodokan Judo Institute.
During her trip, she will be wearing her pearl, diamond, ruby, and sapphire
Sakura no mai necklace to a dinner. The necklace was provided by American fine
jeweler "The Intrepid Wendell." Harrison is an official spokesperson for the
company.

Photo -
https://mma.prnewswire.com/media/547844/The_Intrepid_Wendell_Kayla_Harrison.jpg

Harrison is an American judoka who won gold medals at the 2012 and 2016
Olympics as well as gold medals at the 2011 and 2015 Pan American Games. She
also won gold medals at the 2010 World Championships, 2014 Tokyo Grand Slam,
and 2015 Tokyo Grand Slam (formerly Jigoro Kano Cup). She is the only judoka
from the United States to ever take a gold medal at the Tokyo Grand Slam or
Jigoro Kano Cup.

Harrison received the necklace from The Intrepid Wendell on Dec. 13, 2016. The
necklace, designed and assembled in partnership between The Intrepid Wendell
and Japanese designer Kazuhito Komatsu, was created to represent the cherry
blossom, which is the flower symbol of judo.

The necklace features faceted golden South Sea pearls with four jeweled cherry
blossoms. The blossoms are made with diamond, ruby, blue sapphire, and colored
sapphire. Each stone and color chosen is representative of those symbolizing
the United States, the Japanese significance in judo, Harrison's promotion to
the red and white belt worn by judo masters, and two golden petals symbolizing
Harrison's two gold medals. The large blossom at the front of the necklace
symbolizes the dance and skill of the judo master as represented by the sakura,
which is the traditional symbol of samurai and judo art.

To request an interview with Kayla Harrison, please contact Roy Englert at
wendell@theintrepidwendell.com.

About The Intrepid Wendell

The Intrepid Wendell designs and crafts one-of-a-kind pieces of jewelry for men
and women. They work with their customers to create stunning and unique jewelry
for any life event of any size or importance. For more information, visit
TheIntrepidWendell.com.

SOURCE:  The Intrepid Wendell

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中