来年8月に第2回上海アイザック・スターン国際バイオリンコンクールを開催

上海交響楽団 (Shanghi Symphony Orchestra)

2017/9/11 16:02

来年8月に第2回上海アイザック・スターン国際バイオリンコンクールを開催

AsiaNet 69972 (1364)

【上海2017年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】コンクール組織委員会はこのほど、記者会見を開き、第2回Shanghai Isaac Stern International Violin Competition(上海アイザック・スターン国際バイオリンコンクール)が2018年8月8日から9月1日まで上海で開催され、エントリー受け付けを直ちに開始すると発表した。

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20170911/1937228-1

キャプション:上海アイザック・スターン国際バイオリンコンクール

▽総合的評価のために審査団を拡大

指揮者のデービッド・スターン氏とベラ・ツー・ウェーリン教授が共同委員長を務める審査委員会は、著名な教育者、バイオリン奏者、業界リーダーをそろえている。

審査委員会のメンバーは、ベラ・ツー・ウェーリン氏、中国バイオリン先駆者のリナ・ユー、シキン・ルー両氏、著名バイオリニストのマキシム・ベンゲーロフ、オーギュスタン・デュメイ両氏、名高い教育者のザハール・ブロン、ドラ・シュバルツベルク、ダニエル・ハイフェッツ各氏、弦楽四重奏団を創設したウェイガン・リ、フィリップ・セッツアー両氏、世界の大手交響楽団のコンサートマスターであるグレン・ディクテロウ、スレーテン・クルスティチ両氏、著名指揮者のデービッド・スターン氏、業界のベテランであるマーティン・キャンベルホワイト、エマヌエル・オノレ両氏である。

▽妙技以上

レパートリーの難度は前回のコンクールで最も討議されたテーマで、出場者は最長4時間ものレパートリーを準備した。国際コンクールではほとんど類を見ない厳しい課題である。

第2回のレパートリーは単なる演奏者の技術ではなく、音楽精神の理解により多くの重点を置き、彼らが「ソリスト」から「ミュージシャン」に進化するよう奨励する。セミファイナルはそれでも、3部門から成る室内楽ラウンドが設定されており、それは、出場者が第1バイオリンとして上海クァルテットのイーウェン・ジャン、ホンガン・リ、ニコラス・ツァバラス各氏とともに演奏する弦楽四重奏曲、ソナタとクライスラーの曲、自作の即興カデンツァによるモーツァルトの協奏曲である。ファイナルラウンドはコンクールでは伝統的な協奏曲に加え、難度を増すために中国の曲も含まれる。

▽新中国作品の共同委託

第1回コンクールの課題曲である「バタフライラバーズ」協奏曲は、各国の若いバイオリニストが中国音楽、中国文化を知ることを可能にした。

2018年のコンクールにおける中国曲の特別プランは、上海交響楽団が北京音楽祭、メルボルン交響楽団、トゥールーズ・キャピトル管弦楽団、ニュージャージー交響楽団と協力し、中国の著名作曲家、陳其鋼氏の新バイオリン協奏曲「La Joie de la Souffrance」を共演することである。

この中国曲部門創設コンセプトの具体化は、中国文化が世界の他の国々と交流するより効果的な手法である。

▽コンクールからプロフェッションへ

コンクールは優勝者に10万米ドルの高額賞金を授与するほか「ソリスト」が「ミュージシャン」になるのに役立つよう大きな努力を払う。第1回コンクールでは、上海交響楽団、中国フィルハーモニー管弦楽団、広州交響楽団、メルボルン交響楽団、シドニー交響楽団と提携してプロフェッショナリズムに道を開き、勝者が芸術上の夢を持つよう後押しした。

前回コンクールを受け、一部の勝者は上海に戻り、上海交響楽団と共演した。さらに広州交響楽団、シドニー交響楽団、メルボルン交響楽団、北京音楽祭などは勝者に演奏の機会を申し出た。

▽チャンス拡大のためにエントリー最低年齢を引き下げ

コンクールはもっと多くの若い才能を引き付けるため、年齢制限を18-32歳から16-32歳に拡大した。3大音楽コンクール、すなわち、チャイコフスキー国際コンクール、ヘンリク・ビエニャフスキ国際バイオリンコンクール、エリザベート王妃国際音楽コンクールで1位、2位、3位に入った応募者は、DVD提出による予備選考を免除される。また、コンクールのパブリックラウンド出場が認められた者には旅費が還付され、宿泊が無料で提供される。

ソース:Shanghi Symphony Orchestra

Shanghai Isaac Stern International Violin Competition Re-Ignites Next August

PR69972

SHANGHAI, Sept. 11, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The Competition Organisation Committee held the press conference recently to

announce that the second edition of the competition will take place on August

8th - September 1st, 2018 in Shanghai, and effective immediately, open for

application.

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20170911/1937228-1

Caption: Shanghai Isaac Stern International Violin Competition

Expanded Judging Panel for All-Round Appraisal

Co-chaired by conductor David Stern and Professor Vera Tsu Weiling, the Jury

Committee is feature a star-studded lineup of pedagogues, violinists and

industry leaders.

The jury will comprise Vera Tsu Weiling, Lina Yu and Siqing Lu, the violin

pioneers from China; renowned violinists Maxim Vengerov and Augustin Dumay;

distinguished educators Zakhar Bron, Dora Schwarzberg and Daniel Heifetz;

Weigang Li and Philip Setzer, respectively the founding member of two string

quartets; Glenn Dicterow and Sreten Krstic, concertmasters of two of the

world's leading symphony orchestras; renowned conductor David Stern; and

industry veterans Martin Campbell-White and Emmanuel Hondre.

More than Virtuosity

The difficulty level of the repertoire was among the most discussed topics in

the last competition for which the contestants prepared as much as four-hours

of repertoire, a challenging requirement that is rare in any international

competitions of its kind.

The repertoire of this edition implies a greater focus on the understanding of

the musical spirit than merely performers' technique, encouraging them to

evolve from 'soloists' to 'musicians'. The Semi-Finals will still feature a

chamber music round consisting of three sections -- the string quartet that

contestant will perform as the first violinist with Yi-Wen Jiang, Honggang Li

and Nicholas Tzavaras from the Shanghai Quartet; sonatas and Kreisler's works;

and Mozart concerto with originally improvised cadenza. In addition to a

concerto as is conventional in competitions, the Final Round will also include

the Chinese work to increase the difficulty.

Co-Commission for New Chinese Work

The Butterfly Lovers Concerto -- the mandatory repertoire of the inaugural

competition -- enabled young violinists from various countries to get to know

the Chinese music and the Chinese culture.

A special plan for the Chinese work of the 2018 Competition, Shanghai Symphony

Orchestra will, in cooperation with Beijing Music Festival, Melbourne Symphony

Orchestra, Orchestre National du Capitole de Toulouse and New Jersey Symphony

Orchestra, co-commission the new violin concerto La Joie de la Souffrance by

the renowned Chinese composer Qigang Chen.

This embodies the concept of creating the Chinese work section is a more

effective approach to communicate the Chinese culture with the rest of the

world.

From Competition to Profession

Besides the largest monetary prize of USD100,000 presented to the champion, the

competition goes to great effort to help 'soloists' become 'musicians'. The

first competition saw its partnerships with Shanghai Symphony Orchestra, China

Philharmonic Orchestra, Guangzhou Symphony Orchestra, Melbourne Symphony

Orchestra and Sydney Symphony Orchestra, paving the way to professionalism and

encouraging winners to embrace their artistic dreams.

Following the last competition, some of the winners returned to Shanghai to

perform with Shanghai Symphony Orchestra. Furthermore, Guangzhou Symphony

Orchestra, Sydney Symphony Orchestra, Melbourne Symphony Orchestra and Beijing

Music Festival etc. have offered the performance opportunities to the winners.

Lowering the Minimum Application Age to Provide More Opportunities

The competition has expanded the age limit from 18-32 to 16-32 to attract more

young talents. Applicants who have won the 1st, 2nd or 3rd prize in the three

major musical competitions, namely International Tchaikovsky Competition,

International Henryk Wieniawski Violin Competition, and Queen Elisabeth Music

Competition, will be exempted from pre-selection DVD submission; and those

admitted to the public rounds of the competition will be provided with travel

reimbursement and free accommodation.

Source: Shanghi Symphony Orchestra

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中