4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出 

早稲田大学

2017/10/27 14:00

2017-10-27

早稲田大学

4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出

2017年度よりAI・IoT・ビッグデータの技術を組み合わせたスマートシステム&サービスに基づくイノベーション人材育成のための全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」をWASEDA NEO(東京都中央区・コレド日本橋)を拠点にて開始します。この活動は平成29年度文部科学省enPiT-Proに早稲田大学が代表校として申請し採択されたものです。

人生100年時代に向けた社会人の学び直しについて、早稲田大学は大学内の人的知的資源に限定せず、広く社会と連携し、他大学や研究機関、企業等とともに協働しつつすすめており、そのプラットフォームとなるWASEDA NEOを本年7月より立ち上げています。
その一環で、理工学術院総合研究所 最先端ICT基盤研究所・教授 鷲崎弘宜(わしざき・ひろのり)を中心としたグループが、超スマート時代を国際的にリードするイノベーティブ人材を育成するいわばAI・IoTの分野のビジネススクールとして新たな社会人学び直しプログラムの構想を取りまとめ、WASEDA NEOにIoTルーム等を整備し、2018年度より提供いたします。

13大学、21組織(会員企業5000社超)との大規模な産学連携ネットワークにより、事業費(文部科学省補助金および事業収益)4億円を投じ、超スマート社会の実現に必要なAI・IoT・ビッグデータ分野の体系的な学び、徹底的なケーススタディを通じた実践力と領域を超えた組み合わせ、および、仮説検証やデザイン思考を通じた技術とビジネスの接続によりイノベーションを国際的にリードできる人材を4年間で3000名育成します。

詳細は早稲田大学ウェブサイトでご確認いただけます。

早稲田大学ウェブサイト
https://www.waseda.jp/top/news/54662

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

人生100年時代に向けた社会人の学び直し

超スマート社会Society 5.0を推進するための社会人教育

スマートエスイー

Waseda Neo

受講者・輩出人材イメージ

13大学、21組織(会員企業5000社超)との大規模な産学連携ネットワーク

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中