まだまだ会える!三つ子のライオンの赤ちゃん

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、9月20日に誕生した三つ子のライオンの赤ちゃんの公開、および「ライオンの赤ちゃんミルクタイム」を平成29年11月30日(木)まで行っています。また、11月9日(木)からは赤ちゃんが芝生の上を元気いっぱいに遊ぶ「ライオンの赤ちゃん 日光浴タイム」を行います。

平成29年11月7日

アドベンチャーワールド

かわいい百獣の王に会えるのは11月30日(木)まで

【三つ子のライオンの赤ちゃん公開・イベントについて】

 ライオンの赤ちゃん公開 

公開日時:平成29年11月30日(木)まで 毎日実施

      午前9時30分~午後5時00分

 公開場所:ワイルドアニマルメディカルセンター

 ※12月1日(金)以降ライオンの赤ちゃんはサファリワールド内ワイルド

アニマルロッヂにて過ごします。赤ちゃんの様子はサファリバックヤード

ツアーにご参加の方のみご覧いただけます。

 ライオンの赤ちゃん ミルクタイム

 三つ子のライオンの赤ちゃんがミルクを飲む様子をご覧頂け

 ます。現在赤ちゃんは哺乳瓶からミルクを飲んでいますが、

今後成長に伴い、ひき肉を混ぜたミルクを与えることで、

ミルクから離乳食へと切り替える練習を行っていきます。

 

 日時:平成29年11月30日(木)まで 毎日実施

午後0時00分、午後4時00分(1日2回、約10分間)

 場所:ワイルドアニマルメディカルセンター

 ライオンの赤ちゃん 日光浴

 日頃室内で暮らしている3頭のライオンの赤ちゃんが、暖かな

日差しの中、芝生の上で元気いっぱいに遊ぶ様子を間近でご覧

いただけます。

 

 日時:平成29年11月9日(木)~11月30日(木) 毎日実施

午後2時30分~午後2時45分(1日1回、約15分間)

 場所:ケニア号乗り場前

※天候や動物の体調等により、イベントの内容を変更または中止する場合がございます。

【アドベンチャーワールドについて】

温暖な紀伊半島の和歌山県白浜町にある陸、海、空の140種1400頭の動物が暮らす

「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。

ジャイアントパンダをはじめ、希少動物の繁殖に成功し保護研究活動に努めています。

企業理念「こころで“とき”を創るSmileカンパニー」

のもと「こころ」を大切にし、関わる全ての人との大切な「とき」を共有することによって、

永続的にホンモノの「Smile」を創造・提供し続けます。

■所在地:和歌山県白浜町

■面積:80万平方メートル

■オープン:昭和53年4月22日

■運営会社:株式会社アワーズ

■公式HP: http://www.aws-s.com/

■ツイッター:https://twitter.com/aws_official

■フェイスブック:https://www.facebook.com/adventureworld.official

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中