金龍魚が日本に進出、日本こめ油市場のおきて破りになるか

Arawana

2018/1/11 14:03

金龍魚が日本に進出、日本こめ油市場のおきて破りになるか

AsiaNet 71735 (0027)

【東京2018年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】中国最大の食用油ブランド金龍魚は最近、日本市場進出を発表する巨大広告で東京渋谷を驚かせた。金龍魚は中国の主要食用油ブランドであり、親会社のWilmar International Limitedは2016年のフォーチュン500社番付の239位にある。世界最大級の穀物・食用油グループとして、Wilmarはフォーチュンの世界で最も称賛される企業番付の食品産業1位となり、年間売上高は約414億米ドルである。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180110/2025198-2-a

金龍魚が東京・渋谷交差点を見下ろす大型デジタル広告スクリーンで販売促進キャンペーン

日本国民は常に飲食品の品質を重視してきた。日本はこめ油の主要消費者として、毎年8万トンの高品質こめ油を消費しており、巨大な潜在的消費力を示している。この市場の潜在力と金龍魚の品質への強い自信が、国産ブランド優位の日本市場で競争するとの同社の決定の理由を説明する。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180110/2025198-2-b

金龍魚こめ油製品の日本発売を祝うテープカット

金龍魚は2006年にはこめ油分野に重点を置き始めた。300人のR&Dチームが10年間、製品の開発に専念した。こめ油の2つの中核栄養素であるオリザノールと植物ステロールを自然に保全する独特の低温抽出技術「エンザイムデガミング(酵素精錬法)」を生み出した。オリザノールと植物ステロールの平均含有量はいずれも1キロ当たり1万ミリグラムである。金龍魚こめ油の技術と品質はこのように世界のトップ水準に上昇し、コメの栄養エッセンスは優れた品質、色、風味とともに最大限に保全されている。その技術的イノベーションにより、国際こめ油会議(ICRBO 2016)で「品質賞」を獲得し、幅広い注目を集めた。

1世紀にわたる開発の歴史を誇るこめ油の発祥の地である日本は強力な技術的優位を構築してきた。日本のこめ油市場は主として国産ブランドに支配され、外国生産者には厳しい舞台である。このような状況で、金龍魚はすばらしいデビューを飾った。金龍魚は現在の市場環境を突破し、厳しい競争の中で地位を確保できるだろうか。うるさい消費者が選択を行うと思う。様子を見ようではないか。

ソース:Arawana

Arawana Debuts in Japan- A Possible Rule Breaker of Japanese Rice Bran Oil Market

PR71735

TOKYO, Jan. 11, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Recently, the biggest Chinese edible oil brand, Arawana impressed Tokyo Shibuya

with a giant advertisement, announcing its debut into the Japanese market.

Arawana is China's leading brand of edible oil, whose parent company Wilmar

International Limited ranks 239 in Fortune 500 List 2016. As one of the world's

largest grain and oil groups, Wilmar stays on the first position of Food

Industry in Fortune's World's Most Admired Companies list, with an annual

revenue of almost 41.4 billion US dollars.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180110/2025198-2-a

Jinlongyu runs a promotion on a huge digital billboard overlooking Shibuya

Crossing in Tokyo

The Japanese people have always been attaching importance on diet and food

quality. As a major rice bran oil consumer, Japan consumes 80,000 tons of

quality rice bran oil every year, showing huge consumption potential. This

market potential, together with Arawana's strong confidence on its product

quality, explains why it decides to compete in the Japanese market where

domestic brands are dominant players.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180110/2025198-2-b

The ribbon-cutting ceremony celebrating the launch of Jinlongyu’s rice bran oil

products in Japan

Arawana started to focus on the rice bran oil field as early as 2006. A

300-people R&D team devoted 10 years to develop the product. It created

"enzymatic degumming", a patented technology of low temperature extraction, to

naturally reserve oryzanol and phytosterol, two core nutrients of rice bran

oil. The average content of oryzanol and phytosterol are both 10,000 mg/kg. The

technology and quality of Arawana Rice Bran Oil are thus upgraded to world

leading levels and the nutritional essence of rice is reserved to the utmost

with excellent quality, color and flavor delivered. Its technological

innovation has won it the "Quality Award" at the International Conference on

Rice Bran Oil (ICRBO 2016), which triggered wide attention.

As the origin of rice bran oil boasting a century history of development, Japan

has built strong technological advantages. Mainly dominated by domestic brands,

Japan's rice bran oil market is a tough field for foreign producers. Under such

circumstances, Arawana made an excellent debut; can Arawana break the current

market landscape and secure its position in the fierce competition? We believe

the picky consumers will make their choice. Let's wait and see!

SOURCE: Arawana

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中