Panacea BiotecとSerum Institute of Indiaが歴史的契約を締結

Panacea Biotec Ltd.

2018/1/22 14:52

Panacea BiotecとSerum Institute of Indiaが歴史的契約を締結

AsiaNet 71955 (0144)

【ニューデリー、プネー(インド)2018年1月20日PRNewswire=共同通信JBN】インドのバイオ医薬品大手でワクチンの大手メーカーであるPanacea Biotec Ltd. (PBL)はこのほど、ワクチンの世界大手メーカーのSerum Institute of India Pvt. Ltd.(SII)およびその全額出資子会社Biologicals B.V.(BBIO)との間で2つの長期協力契約を締結した。

(Photo:https://mma.prnewswire.com/media/630957/Panacea_Biotec_Dr_Rajesh_Jain.jpg

(Photo:https://mma.prnewswire.com/media/630959/Serum_Institute_Adar_Poonawalla.jpg

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/630958/Panacea_Biotec_EasySix.jpg

この契約の下でSIIは、PBLが開発、商品化したこの種で初の完全液化Whole cell Pertussis(wP、全細胞百日咳)およびソーク(Salk、ポリオワクチン)ベースで注射可能なポリオワクチン(IPV)ベースの6価混合ワクチン(DTwP-HepB-Hib-IPV)を製造、販売することができる。

*SIIは、PBLに対する大半のIPV供給を保証する。PBLは世界でこれまでほかに僅か3社のワクチンメーカーだけしか保有していなかったIPV製造技術を保有する、完全子会社BBIO Netherlandsから提供される6価混合ワクチンの重要な構成企業である。

*今後2年間に、SIIおよびPBL両社は、インド政府と発展途上国の国家予防接種プログラムで導入されたこのwP-IPVベースの6価混合ワクチンを取得するため協力する。この協力作業は、関係国政府、世界保健機関(WHO)、ワクチンと予防接種のための世界同盟GAVI(The Global Alliance for Vaccines and Immunization)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団(BMGF)その他国連機関などを含むがこれに限定されない主要な利害関係者と緊密に協力する

PBLの合同マネジングディレクターであるラジェシュ・ジャイン博士は、年間約1億2100万人もの新生児人口となる発展途上国の数百万人が、完全液化6価混合ワクチンを容易に利用できるようになると語った。このワクチンには6つの致命的な疾患すなわちジフテリア、破傷風、百日咳、B型肝炎、B型ヘモフィラス・インフルエンザ菌、ポリオから守る6種の重要な抗体が含まれている。

IPVおよびIPV混合ワクチンに対する世界的需要は、供給制限が残る2020年の1億回分から、2回ないし3回の投与スケジュール次第だが、2022年以降は年間2.5-3.5億回に急増すると見込まれている。「予防接種に関する専門家の戦略的諮問委員会(SAGE、Strategic Advisory Group of Experts)」は2017年4月に、経口ポリオワクチン(OPV)撤回後の所定の予防接種スケジュールで、少なくとも2回のIPV投与を推奨している。

2015年以来、IPVの世界的供給不足により、国連関係機関に提供されたのは計画された供給量の52%だけだった。このため18カ国が、その予防接種計画の中にIPVを導入することができず、15カ国がGAVI支援で承認された70カ国のIPV有資格接種国から除外された。

SIIのアダル・プーナワラ最高経営責任者(CEO)兼エグゼクティブディレクターは「インドの大手ワクチン企業の2社が世界の民間、公共両市場の満たされない医療ニーズに応えるため、手を組むことになったことは、歴史的な取り決めである。1つで6つの機能を備えた便利さから、年間12億5000万余りの市場規模に今後3、4年に、2億5000万回以上のワクチンを供給する可能性がある」と語った。

大手ワクチンメーカー間の大規模取引を指揮したシニアアドバイザーのR・K・スリ氏は「ワクチン分野における新時代の始まりを画するもので、新しいビジネスモデルの先触れである」と語った。

Panacea Biotecに関する詳細はwww.panaceabiotec.com(http://www.panaceabiotec.com )を参照。またSIIについてはwww.seruminstitute.com(http://www.seruminstitute.com )を参照。

▽問い合わせ先

Mr. P.D. Karan

VP - Corporate Communication & Business Development

+91-9312-693-040

pdkaran@panaceabiotec.com

ソース:Panacea Biotec Ltd.

Historic Deal Signed Between Panacea Biotec and Serum Institute of India

PR71955

NEW DELHI and PUNE, India, Jan. 20 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Panacea Biotec Ltd. (PBL), India's leading biopharmaceutical company and

among the largest manufacturer of vaccines, has signed two long-term

collaboration agreements with Serum Institute of India Pvt. Ltd. (SII), world's

largest manufacturer of vaccines and SII's wholly owned subsidiary, Bilthovan

Biologicals B.V. (BBIO).

    (Photo:

https://mma.prnewswire.com/media/630957/Panacea_Biotec_Dr_Rajesh_Jain.jpg)

    (Photo:

https://mma.prnewswire.com/media/630959/Serum_Institute_Adar_Poonawalla.jpg)

    (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/630958/Panacea_Biotec_EasySix.jpg)

    Under the collaboration, SII is entitled to manufacture and sell fully

liquid Whole cell Pertussis (wP) and Salk based Injectable Polio Vaccine (IPV)

based Hexavalent vaccine (DTwP-HepB-Hib-IPV) developed and commercialized by

PBL, a first-of-its-kind in this category.

    - SII will ensure supply of IPV bulk to PBL, an important constituent of

      the Hexavalent vaccine, from its wholly owned subsidiary BBIO Netherlands

      having technology for making the IPV, earlier possessed by only three

      other vaccine manufacturers in the world.

    - In next two years, both SII and PBL will work together to get this wP-IPV

      based Hexavalent vaccine introduced in the National Immunization Program

      of the Government of India and developing countries by working closely

      with key stakeholders including but not limited to national governments,

      WHO, GAVI, BMGF and other UN Agencies, etc.

    Dr. Rajesh Jain, Joint Managing Director, PBL said that millions of

children in developing countries with an annual birth cohort of approx. 121

million will get an easy access to a fully liquid Hexavalent vaccine containing

six very important antigens to protect against six dreaded diseases i.e.

Diphtheria, Tetanus, Pertussis, Hepatitis B, Haemophilus influenza type B &

Polio.

    Global demand of IPV/ IPV containing vaccines is estimated to rise

significantly from ~100 million in the year 2020 till supply constraints

remain, to 250-350 million doses every year starting 2022 depending upon a two

or three dose schedule, as Strategic Advisory Group of Experts (SAGE) on

Immunization in April 2017 has recommended at least 2 doses of IPV in the

routine immunization schedule of the countries post OPV withdrawal.

    Due to global supply constraint of IPV since 2015, only 52% of projected

supply had been delivered to UN agencies. Hence, 18 countries could not

introduce IPV in their immunization and 15 had interruptions out of 70 IPV

eligible countries approved for GAVI support.

    Mr. Adar C. Poonawalla, C.E.O. & Executive Director, SII, said, "It is an

historic deal where in two major vaccine companies in India have come forward

to join hands to address unmet needs of both private and public Market

globally. With the convenience of 'six in one' it has potential of over 250

million doses in next 3-4 years with a market size of over $1.25 Billion

annually."

    Mr. R K Suri, Senior Advisor, who orchestrated the mega deal between two

big vaccine players, said, "It marks beginning of a new era in vaccine

landscape and heralds a new business model, 'Collaborate yet Compete'."

    For details about Panacea Biotec visit: www.panaceabiotec.com

[http://www.panaceabiotec.com ]  and for SII visit: www.seruminstitute.com

[http://www.seruminstitute.com ].

    For more information, contact:

    Mr. P.D. Karan

    VP - Corporate Communication & Business Development

    +91-9312-693-040

    pdkaran@panaceabiotec.com

    SOURCE: Panacea Biotec Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中