中国国際航空が北京-コペンハーゲン直行路線開設へ

中国国際航空(エアチャイナ)

2018/1/26 17:29

中国国際航空が北京-コペンハーゲン直行路線開設へ

AsiaNet 72048 (0183)

【北京2018年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は2018年3月30日から北京とコペンハーゲンとの間で直行便を開始する。新路線が開設されると、乗客はアンデルセンの夢のようなおとぎ話の王国に10時間で快適に到着することができる。

コペンハーゲンはデンマークの首都であり、おとぎ話の無邪気さと活気のある牧歌的な魅力で満たされている。「中国・デンマーク観光年」の正式開始の後、中国人観光客はデンマークへの旅行にますます興奮しており、2017年には26万人の観光客が同国を訪れた。北京-コペンハーゲン直行路線は開設後には北京-ストックホルム路線を強力に補完するものとなり、中国国際航空の北欧路線網をさらに改善する。同路線が開設されれば、国内の乗客はコペンハーゲンとストックホルムの2つの目的地に飛行することで北欧の旅行を楽しむことができる。デンマークとスウェーデンからの乗客もまた、第三国に旅行する際にはフリートランジットによって144時間の北京滞在を楽しむことができる。

中国国際航空は何年もの間、北京をハブとして世界的な路線網を構築してきた。路線網は世界中に広がり、6大陸をカバーしている。北京-コペンハーゲン直行路線の追加は、北京を真に世界的な広がりを持つ空港ハブに変えるという中国国際航空の戦略における最新の展開であり、欧州の路線網の範囲を向上させる。中国国際航空は中国と欧州の間で最大の路線セレクションを提供している。新しい北京-コペンハーゲン便により総路線数は27となり、ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、ウィーン、ローマ、モスクワ、バルセロナ、マドリード、チューリヒ、ストックホルムを含む20の欧州主要都市への週300便は全てワイドボディー機で運航される。

▽フライト情報

北京-コペンハーゲン路線の番号はCA877/8で、月曜、水曜、金曜、日曜の週4便がある。往路便は北京を02時55分に出発し、コペンハーゲンに06時45分に到着する。復路便はコペンハーゲンを13時15分に出発、北京に04時10分に到着する(全て現地時間)。全便ともエアバス330-200を使用する。ビジネスクラスでは180度のフリーフラットシートが提供され、客室内に個人用のエンターテインメントシステムがあり、このため、快適に手足を伸ばしたり、エンターテイメントを楽しんだりすることができ、各乗客にはより良い個人的な飛行空間が与えられる。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170522/1857452-1LOGO

ソース:Air China

Air China to launch direct Beijing-Copenhagen route

PR72048

BEIJING, Jan. 26, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Air China Limited (Air China) will begin non-stop flights between Beijing and

Copenhagen from May 30, 2018. Once the new route launches, passengers will be

able to arrive comfortably in Andersen's dreamlike fairy tale Kingdom in 10

hours.

Copenhagen is the capital of Denmark, and is filled with fairy-tale innocence

and lively, idyllic charm. Following the official start of the "China-Denmark

Year of Tourism", Chinese tourists are becoming increasingly excited about

travelling to Denmark, with 260,000 tourists visiting the country in 2017.

Following its launch, the Beijing-Copenhagen direct route will become a strong

supplement to the Beijing-Stockholm route, further improving Air China's

network of routes to Northern Europe. Once the route launches, domestic

passengers will be able to enjoy travel in Northern Europe by flying to two

destinations, Copenhagen and Stockholm. Passengers from Denmark and Sweden will

also be able to enjoy 144-hour via free transit in Beijing when travelling to a

third country.

For many years, Air China has been establishing a global route network with

Beijing as its hub. The network of routes spreads throughout the world,

covering six continents. The addition of this non-stop route between Beijing

and Copenhagen is the latest development in Air China's strategy to transform

Beijing into an airport hub with a truly global reach, and improve network

coverage in Europe. Air China offers the largest selection of routes between

China and Europe. The new Beijing-Copenhagen service will bring the total

number of routes to 27, with an offering of 300 flights per week to 20 major

European destinations, including London, Paris, Frankfurt, Munich, Vienna,

Rome, Moscow, Barcelona, Madrid, Zurich and Stockholm, all serviced by

wide-body aircraft.

Flight information:

The Beijing-Copenhagen route number is CA877/8 and has four flights per week,

scheduled for Mondays, Wednesdays, Fridays and Sundays. The outbound flight

departs Beijing at 02:55 and arrives in Copenhagen at 06:45; The inbound flight

departs Copenhagen at 13:15 and arrives in Beijing at 04:10 (all times are

local). All flights use the Airbus 330-200. Business class offers 180 degree

fully flat seats, with personal entertainment systems throughout the cabin, so

you can either stretch out comfortably or enjoy the entertainment, giving each

passenger an even better personal flying space.

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170522/1857452-1LOGO

SOURCE: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中