Suningが2018年ボアオ・アジアフォーラムでスマートリテールがビジネスの未来を変革する方法を紹介

Suning

2018/4/11 16:25

Suningが2018年ボアオ・アジアフォーラムでスマートリテールがビジネスの未来を変革する方法を紹介

AsiaNet 73022 (0637)

【ボアオ(中国)2018年4月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国のオムニチャネルのスマートリテーラー大手であるSuningは、2018年ボアオ・アジアフォーラム(Boao Forum for Asia(BFA))で、スマートリテールがいかに未来のビジネス開発を変革するかを明らかにした。フォーチュン・グローバル500社企業のSuning.comのオーナーであるSuningは4月9日、BFAの「Intelligent Industries Serving for Better Life」(より良い生活に役立つインテリジェント産業)と題するパネルセッションで、同社のリポートを発表した。同セッションではまた新しい2018年スマートリテール白書も公表された。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180410/2100849-1-a

(キャプション:Suning.comのスン・ウェイミン副社長が基調講演者としてこのイベントに出席、スマートリテールのコンセプトと実務に関する知見を共有した)

中国南部の海南省の町ボアオで4月8-11日開催の今年のBFA年次総会のテーマは、「An Open and Innovative Asia for a World of Greater Prosperity」(さらなる繁栄世界のための開かれた革新的なアジア)である。中国の改革・開放40年を記念して、会議のキーワードは「改革」、「開放」、「革新」が強調された。ビジネスに関する限り、今日の技術主導の変革により、既にこれらのキーワードはリテール業界の最大の新興トレンドとなっている。

会議の講演でSuning.comのスン・ウェイミン副社長は次のように語った。

「スマートリテールの出現は、製品、物流、チェックアウトプロセスを含むすべてのリテール要因の自動データ処理が目的であり、よりインテリジェントなソーシング、販売およびサービスの達成、オムニチャネル、インターネット・オブ・シングス(IOT)、ビッグデータ分析、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)を含む応用技術革新が偏在することである。make-sell-consume(製造-販売-消費)の線形モデルは、experience-buy-make(経験-購入-製造)のそれに取って代わられるだろう。その中核となる目的は、消費者の満足度と業界の利益を拡大するためにより良い製品とサービスを継続的に提供し、消費の進歩という観点から人々のためにより良い生活体験を創造することである」

フォーラムで発表された「2018 ベターライフ-スマートリテール」白書は、Suning、Alibaba、JDなど業界大手のスマートリテールの実態に関する調査を特集している。この調査は、業界の将来のトレンド、予測、機会、課題の分析を共有し、消費者、企業、専門家、プロ向けに中国のスマートリテールのエコシステムを実証している。白書は、消費者によるより良い生活と質の高いショッピング体験の一層の追求はスマートリテールのさらなる発展の推進力となる一方、技術革新とすべての消費要因とシナリオを統合する能力が重要であると指摘している。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180410/2100849-1-b

(キャプション:Suningの新規開店の実店舗「Ji Wu」は包括的な消費体験の機能を持っており、究極的なビューティー・オブ・ライフが市場によって受け入れられている。白書によると「これは、競争の厳しいeコマースに触発されたシナリオの中にあって、今日のオフラインのリテール事業を運営する方法の良い例である」としている)

27年以上の経験とさまざまな業界にわたる6億人の登録顧客を持つ先進的思考のO2O(オンラインツーオフライン)リテール企業として、Suningは新たな革新の機会に対応するためその独自の優位性を活用している。スマートリテール開発戦略に基づき、Suningは消費者の先進的な需要を満たすために、多くの革新的なビジネスプラクティスを提供している。これらには、Suning Cloud Store、Suning.com Direct-sales Store、Suning unmanned Biu store、Suning Ji Wu、SuFreshなどがある。Suningの戦略はまた、リテール業界の3Dプリンティング時代を先導するスマートソリューションを提供し、効率的なビジネス開発を推進する。今後3年以内にSuningにより1万5000のインターネット接続店舗が開設される予定で、同社は2020年までに総計2万店舗を運営する計画である。

▽Suningについて

1990年に創設されたSuningは中国の主要な商業企業の1つで、それぞれ中国と日本に上場企業2社を持っている。Suning Holdingは2017年、中国の民間企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は657億米ドル(4129億5000万元)。「すべての人のためにエリートクオリティ・オブ・ライフを創造することにより業界全体のエコシステムを主導する」という使命をもって、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Media &Entertainment、Sports、Investmentの8つの垂直事業を通じコアビジネスを強化、拡大している。このうちSuning.comは、2017年フォーチュン・グローバル500社リストに入った。

詳細情報は、www.suningholdings.comを参照。

ソース:Suning

Suning Reveals How Smart Retail will Reshape the Future of Business at 2018 Boao Forum for Asia

PR73022

BOAO, China, April 10, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Suning, the leading omni-channel smart retailer in China, has revealed how

smart retail will reshape future business development at the 2018 Boao Forum

for Asia (BFA). The owner of Suning.com, a Fortune Global 500 company, unveiled

its report in a panel session called "Intelligent Industries Serving for Better

Life" where a new White Paper of Smart Retail in 2018 was also launched on

April 9th.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180410/2100849-1-a

(Caption: Mr Sun Weimin, Vice President of Suning.com, attended the event as

the keynote speaker and shared the concept and practice insights of smart

retail)

Taking place by 8-11 April in Boao, a town in south China's Hainan Province,

this year's annual BFA conference is themed "An Open and Innovative Asia for a

World of Greater Prosperity". Dedicated to China's 40 years of reform and

opening up, the key words of the conference are highlighted as "reform",

"opening-up" and "innovation". When it comes to business, today's tech-driven

transformation has already made these the biggest emerging trends of the retail

industry.

Speaking at the event, Mr Sun Weimin, Vice President of Suning.com, said: "The

advent of smart retail is about the datamation of all the retail factors

including products, logistics, check-out process, and achieving more

intelligent sourcing, selling and services, seeing applied technology

innovations including omni-channels, internet-of-things (IOT), big data

analysis, artificial intelligence (AI), augmented reality (AR) and virtual

reality (VR) becoming ubiquitous. The linear model of make-sell-consume will be

superseded by one of experience-buy-make. The core purpose is to continuously

provide better products and services to boost consumer satisfaction and

industry benefits, creating better life experiences for people in the context

of consumption advancement."

The White Paper "2018 Better Life - Smart Retail" launched at the event

features research into the smart retail practices of the industry's biggest

players including Suning, Alibaba and JD. The study shares an analysis of

future trends, forecasts, opportunities and challenges for the industry,

demonstrating a smart retail ecosystem in China for consumers, enterprises,

experts and professionals. The White Paper notes that consumers' increasing

pursuit of better lives and quality shopping experiences will be the impetus

for further development in smart retail, while tech innovations and the

capability to integrate all consumption factors and scenarios is critical.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180410/2100849-1-b

(Caption:'Ji Wu', Suning's newly opened physical store features comprehensive

consumption experience and ultimate beauty of life has been embraced by the

market. "It is a good showcase of how to operate nowadays' offline retail

business in a competitive e-commerce inspired scenario," according to the paper)

As a forward thinking O2O retail company with over 27 years' experience and 600

million registered customers across diversified industries, Suning has taken

its own advantages to meet new opportunities of the revolution. Based on the

strategy of developing smart retail, Suning brings a number of innovative

business practices to meet consumers' advanced demands. These include Suning

Cloud Store, Suning.com Direct-sales Store, Suning unmanned Biu store, Suning

Ji Wu and SuFresh. Suning's strategy will also provide a smart solution to

ushering in a 3D-printing era of the retail industry and drive the efficient

development of business. An anticipated 15,000 Internet-connected stores will

be opened by Suning within the next three years and the company plans to

achieve a total of 20,000 in operation by 2020.

About Suning

Founded in 1990, Suning is one of the leading commercial enterprises in China

with two public companies in China and Japan respectively. In 2017, Suning

Holding ranked second among the top 500 private-owned enterprises in China with

annual revenue of 65.7 billion USD (412.95 billion RMB). With the mission of

"Leading the Ecosystem across Industries by Creating Elite Quality of Life for

All", Suning has strengthened and expanded its core business through eight

vertical industries: Suning.com, Logistics, Financial Services, Technology,

Real Estate, Media &Entertainment, Sports, and Investment, among which

Suning.com was listed on the 2017 list of Fortune Global 500.

For more information see www.suningholdings.com

SOURCE  Suning

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中