全国初!「琵琶湖&しまなみ海道」の広域連携スタンプラリーを開催

滋賀県

2018/4/20 10:00

平成30年4月20日

滋賀県

GWはサイクリングの2大聖地をアプリで巡礼

全国初!「琵琶湖&しまなみ海道」の広域連携スタンプラリーを開催

-平成30年4月25日(水)から平成30年8月31日(金)-

~ビワイチの魅力が分かる『スタート&ゴール!ビワイチ守山』を公開中~

 滋賀県守山市は、4月25日(水)から8月31日(金)までの期間、『本州四国連絡高速道路株式会社』と連携し、サイクリストの2大聖の地である『琵琶湖』と『瀬戸内しまなみ海道』の各スポットを周遊しながら楽しめる、全国初の広域連携によるスタンプラリーを開催します。

 昨今の健康志向の高まり等からサイクリングが注目を集めており、年々サイクリングを趣味とする人が増える中、日本一の湖『琵琶湖』と『瀬戸内しまなみ海道』は多くのサイクリストにとって憧れのコースといわれています。特に、琵琶湖一周サイクリングの『ビワイチ』は、平坦な道が多く、サイクリング初心者や女性、家族でも楽しむことができ、またサイクリングを通じ滋賀県内の自然や歴史、観光地等を楽しめることが特長です。

 今回のスタンプラリーでは、スマホアプリを使用し、各コースに定められたチェックポイントで電子スタンプを集めた完走者に完走記念品を進呈する他、完走後ご応募いただいた方から抽選でホテル宿泊券などの豪華賞品をプレゼントします。期間内であれば好きな時間、好きな順序で好きな場所から、誰でも自由に参加できます。上級者のみならず、距離に不安のある方や旅行で訪れたご家族連れの方にも気軽に楽しんでいただけるよう、各地域の魅力を凝縮した様々なコース設定となっていますので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

■スタンプラリー概要 (https://www.city.moriyama.lg.jp/chiikishinko/20180416.html

1 開催日  平成30年4月25日(水)から平成30年8月31日(金)まで

2 開催場所  瀬戸内しまなみ海道沿線および琵琶湖沿線

3 参加費   無 料

※しまなみ海道では、通常橋ごとに自転車通行料金が発生しますが、期間限定(H30/4/1~H31/3/31)で無料となっています。(※歩行者も無料です)

4 イベント概要

○スマホアプリを使用し、各コースに定められたチェックポイントで電子スタンプを集めて完走を目指す、無料で参加いただけるスタンプラリーイベントです。

○しまなみ海道エリアのコースに参加する方は「しまなみ海道アプリ」を、琵琶湖エリアは「いまどこ+」をスマホにダウンロードすることで参加が出来ます。

○完走者には、もれなく完走記念品を進呈し、さらに完走後ご応募いただいた方から抽選でホテル宿泊券等の豪華賞品をプレゼントします!

○なお、期間内は、1日で全てチェックポイントを回れなくても、継続して参加可能です。

5 おすすめビワイチコース

 今回琵琶湖エリアでは4コースを用意しております。中でもショートコース(ビワイチ体験+観光満喫コース)は、比較的距離も短く平坦で走りやすく、滋賀県の人気観光スポットで美味しいスイーツを堪能できる「ラ コリーナ近江八幡」をはじめ、情緒あふれる寺社仏閣を回る内容となっておりますので、ビワイチを初めて体験される方にもおススメです。

  なお、スポーツ自転車をお持ちでない場合は、「琵琶湖サイクリストの聖地碑」徒歩3分のジャイアントストアびわ湖守山のレンタサイクルが便利です。

■「ビワイチ発着地」のまち守山市

  守山市は滋賀県の南西部に位置し、江戸時代には中山道の主な宿場町として栄えていました。近年は、京都や大阪までのアクセスが良く、住みやすいことから人口が増加しています。(JR琵琶湖線の新快速で京都駅⇔守山駅は26分、大阪駅⇔守山駅は57分)

また、守山市はサイクリストにとっての一番人気スポットである琵琶湖大橋の袂に位置し、琵琶湖の北側・南側の拠点となっていることから、都市部からのアクセス利便性や地理的特性を活かし、「ビワイチの発着地」として自転車を活用した観光振興を推進しています。

現在、ビワイチの魅力が分かる動画『スタート&ゴール!ビワイチ守山』を公開中です。

  (URL:https://youtu.be/ZKLZXS7vzJg

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ビワイチの風景

琵琶湖サイクリストの聖地碑

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース