第16回大阪コインショー開催のお知らせ

貨幣商

2018/6/12 21:30

6月15日(金)から17日(日)までの3日間、大阪市中央区のOMMビルにて、「第16回大阪コインショー」が開催されます。日本全国のコインディーラー30社が参加し、貨幣、紙幣の展示と即売会が行われます。普段目にすることのできない稀少な品々が一堂に会します。関西地区最大規模の貨幣展示即売会です。

2018年6月12日

日本貨幣商協同組合

第16回大阪コインショー開催のお知らせ

 6月15日(金)から17日(日)までの3日間、大阪市中央区のOMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート)にて、「第16回大阪コインショー」が開催されます。(主催・日本貨幣商協同組合)

 日本全国のコインディーラー30社が参加し、貨幣、紙幣の展示と即売会が行われます。

 国内や海外のコイン、戦国時代や江戸時代の大判小判など、普段目にすることのできない稀少な品々が一堂に会します。関西地区最大規模の貨幣展示即売会です。

 今年のテーマは「明治150年~近代貨幣のはじまり~」です。日本貨幣商協同組合はここ数年、年間を通してのテーマを決め、東京、大阪、名古屋にて特別展示・講演・イベントを行っております。近代貨幣の製造から150年の節目の今年、外国人技術者キンドル達が製造を担当し、小柄(こづか)や鐔(つば)などの刀剣関連の金工師であった加納夏雄とその門下生たちにより新貨幣の図案と極印の制作を行っていた150年前に思いを馳せて頂ければ幸いです。

<開催概要>

第16回大阪コインショー

日時:2018年6月15日(金)~17日(日)

    15日(金)10時から18時

    16日(土)10時から18時

    17日(日)10時から16時(最終日の入場は15時まで)

場所:大阪府大阪市中央区 OMMビル2階Aホール

 京阪電車「天満橋」東出口 地下鉄谷町線「天満橋」1番出口

 会場直通電話(期間中のみ)06-6943-2980

主催 日本貨幣商協同組合

後援/出展 独立行政法人 造幣局

後援 大阪市、日本赤十字社、英国王立造幣局、フランス国立造幣局、カナダ王室造幣局、関西古泉研究会

入場無料

<特別展示品>

旧20円金貨 明治13年

万延大判金

安政小判金宝 他

<特別奉仕品>

旧5円金貨(縮小) 日本貨幣商協同組合鑑定書付 未使用 280,000円

新10円金貨 明治年号 日本貨幣商協同組合鑑定書付 未使用 95,000円

旭日竜大型50銭銀貨 美品 3,800円

明治一朱銀 嘉永一朱銀セット 3,800円

アラビア数字1円札(大正兌換銀行券1円) 未使用品 800円

地方自治法施行60周年記念千円カラー銀貨Aセット 各8,000円~

<第16回大阪コインショーの開催を記念した貨幣セットの販売>

 開催期間中、会場内において開催を記念した貨幣セットを販売いたします。

 販売価格 1,900円

 販売予定数 2,500セット(開催期間中、毎日販売いたします)

<プレゼント>

毎日先着100名様に「文久永寶」1枚プレゼント ※お一人様1枚限り

<お楽しみイベントコーナー>

・造幣博物館 原則通年開館

  ……大阪コインショー開催期間中の6月16日(土)・17日(日)の両日も開館。

・造幣局工場見学会……6月15日(金)13時~、14時30分~

  ※工場見学は、当日コインショー会場にて受付けます(各回先着50名様)

・講演「『文から銭へ』明治維新の大改革」のお話……6月16日(土)13時30分~

・薄紙にお金を写し取る伝統技「拓本」体験コーナー……6月15日(金)~17日(日)

・お金の何でも相談室……6月15日(金)~17日(日)

・土・日限定! 中学生以下のお子様にはプレゼントがあります!

・会場アンケートに答えると、抽選で素敵な賞品が当たります!

 1等 明治二分判金 日本貨幣商協同組合鑑定書付 2名様

 2等 竜50銭銀貨 5名様

 (お一人様応募は1回のみ)

<無料鑑定買い受け相談コーナー>

期間中、貨幣・紙幣などの専門家による無料鑑定買い受けをいたします。

お気軽にご持参下さい。(最終日は15時までとなります)

お問い合せはこちらまで

日本貨幣商協同組合

電話 03-3508-1701

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

パンフレット表紙

旧5円金貨

新10円金貨

アラビア数字1円札

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中