ルノー・日産自動車・三菱自動車、年間シナジーが過去最高の57億ユーロに

ルノー・日産自動車・三菱自動車

2018/6/14 10:02

ルノー・日産自動車・三菱自動車、年間シナジーが過去最高の57億ユーロに

AsiaNet 73970

2018年6月13日

・2017年度のシナジーは、昨年度の50億ユーロから57億ユーロに増加

・三菱自動車がアライアンス加盟後初の通期でのシナジーを計上

・アフターセールス、品質・トータル カスタマー サティスファクション、

   事業開発における機能統合を加速

・2022年度末までに100億ユーロ以上のシナジー創出を目指す

ルノー・日産自動車・三菱自動車は13日、2017年度のアライアンスのシナジーが昨年度の50億ユーロから14%増加し、57億ユーロに達したと発表しました。ルノー、日産、三菱自動車は、世界最大の自動車アライアンスを通じて、売上を増加させ、コストを削減し、コスト回避策を実行しました。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/556610/Renault_Nissan_Mitsubishi_Logo.jpg )

このシナジーは、2017年に3社合わせて1,060万台以上を販売し、乗用車および小型商用車(LCV)の販売台数で世界最大となったルノー・日産・三菱自動車のスケールメリットを反映しています。

アライアンスの会長兼CEOであるカルロス ゴーンは、「アライアンスは各メンバー企業の成長と利益に対して直接的かつポジティブな影響を与えています。昨年度は、今回初めて通期でシナジーを得た三菱自動車を含むメンバー3社の業績向上に大きく貢献しました。今後アライアンスが、共同工場、共通車両プラットフォーム、技術の共有などを通して機能統合を加速し、成熟市場と新興市場の両方で共にプレゼンスを高めていくことにより、今後数年でさらなるシナジーを創出できると見込んでいます。私たちは、2022年度末までに100億ユーロ以上のシナジーを創出するという目標に向かいつづけます。」と述べました。

中期計画「アライアンス2022」において、メンバー3社は、計画終了時までに年間1,400万台以上の販売を見込み、そのうちの900万台を電気自動車およびBセグメント車を含む4つの共通プラットフォームで生産し、全販売車両における共通パワートレインの使用率を現在の3分の1から75%まで拡大します。

アライアンスメンバー各社は統合された研究・開発機能を通じてR&Dコストの削減および共同での投資を行い、各社の競争力を高めています。この例として、日産と三菱自動車は、次世代軽自動車の共同開発を進めています。

2017年度はアライアンス・パーチェシング・オーガニゼーション APO (旧ルノー・日産・パーチェシング・オーガニゼーション RNPO)が、部品や機械設備の調達に加え、グローバルで行われている契約交渉や、世界各拠点におけるサービスの調達を一元化することで、大幅なコスト回避・削減を実現しました。

新規シナジーには以下が含まれます。

         ・日産販売金融子会社およびルノー子会社のアール・シー・アイ・バンクアンドサービスに

         よる三菱自動車ブランド向け販売金融サービスの開発・提供

         ・ASEAN地域における日産と三菱自動車間の相互ベンチマーキング

         ・ルノー、日産、三菱自動車による、欧州、日本およびオーストラリアでの補修部品倉庫の

         共同利用

生産機能においては、ダットサン「redi-GO(レディー・ゴー)」やルノー「Kwid(クウィッド)」など共通プラットフォームを採用した車両生産や、日産のメキシコ・クエルナバカ工場およびスペイン・バルセロナ工場におけるルノー「アラスカン」の生産によりシナジーを創出しました。また、日産と三菱自動車は、タイにおいては、工場から販売店への完成車の共同輸送を開始し、車両輸送コストを大幅に削減しました。

2017年に新設したLCV事業部門も相互開発・生産を最大活用し、日産が開発した1トンピックアップトラックのプラットフォームをルノーおよびダイムラーが採用するなど、コストや車両技術においてシナジーを創出しました。これにより、アライアンスの販売するLCVはルノー、ニッサン、三菱自動車の3ブランドで合わせて18車種となり、LCV市場カバレッジを77%に拡大しました。

「機能統合が深化してシナジーが増加することにより、アライアンスの長期的な持続可能性はより強固なものとなります。」とゴーンは述べました。

ルノー・日産自動車・三菱自動車について

ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は世界最大の自動車パートナーシップを結んでいます。また、多文化にまたがるパートナーシップとして、自動車業界の中で最長の継続期間と最高の生産性を誇ります。2017年には、パートナー各社合計で、世界の200か国近くで1,060万台以上の車両を販売しました。3社は競争力強化のため、協業とシナジー最大化に注力しています。また、3社はドイツのダイムラー、中国の東風汽車などの自動車メーカーと戦略的な協力関係を結んでいます。本戦略的アライアンスは、ゼロ・エミッション車における業界リーダーであり、最新の先進技術を開発しながら、自動運転およびコネクティビティの機能やサービスを、手頃な価格の幅広い車種で提供していく予定です。

www.alliance-2022.com

www.media.renault.com

newsroom.nissan-global.com

www.mitsubishi-motors.com 

以上

(日本語リリース:クライアント提供)

Renault - Nissan - Mitsubishi Increase Annual Synergies to €5.7 Billion

PR73925

PARIS, TOKYO and YOKOHAMA, Japan, June 13, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Annual synergies rise 14%, from Euro5 billion in 2016 to €5.7 billion in 2017

- Mitsubishi Motors reports first full year of synergies as Alliance member

- Further convergence underway in Aftersales, Quality & Total Customer

Satisfaction and Business Development

- The Alliance reaffirms synergy target of more than €10 billion by the end of

2022

Renault - Nissan - Mitsubishi today reported a 14% increase in annualized

synergies to €5.7 billion, up from euro5 billion in 2016, as members of the

world's largest automotive alliance benefited from growing cost savings,

incremental revenues and cost avoidance.

(Logo:

http://mma.prnewswire.com/media/556610/Renault_Nissan_Mitsubishi_Logo.jpg )

The latest synergies reflect the economies of scale realized by the Alliance

members, which reported total sales of more than 10.6 million vehicles for 2017

- becoming the world's largest automotive group in terms of sales of passenger

cars and light commercial vehicles (LCVs).  

"The Alliance has a direct, positive impact on the growth and profit of each

member company," said Carlos Ghosn, Chairman and CEO of

Renault-Nissan-Mitsubishi. "In 2017, the Alliance turbo-charged the performance

of all three companies including Mitsubishi Motors which saw its first

full-year of synergy gains."

"We expect to generate growing synergies in coming years as the Alliance

accelerates convergence through increased utilization of joint plants, common

vehicle platforms, technology-sharing and our combined presence in mature and

emerging markets. We reaffirm our synergy goal of more than €10 billion by the

end of 2022."

Under the Alliance 2022 mid-term plan, the member companies forecast to sell

more than 14 million vehicles by the end of the plan, of which 9 million will

be built on four common platforms including electric and B segment vehicles,

and extending the use of common powertrains from one third to 75% of the total.

Through the converged Engineering function, the Alliance member companies share

R&D costs and investments, which increase their competitiveness. For instance,

Nissan and Mitsubishi Motors joined forces last year to develop the next

generation of Kei cars.

In 2017, the Alliance Purchasing Organization (formerly RNPO) generated

significant cost reductions and avoidance through centralized sourcing of

parts, equipment and tooling, global contract negotiations, and common

utilities sourcing at facilities around the world.

Examples of new synergy include:

The adoption by Mitsubishi Motors of Nissan Sales Finance and Renault RCI Bank

and Services capabilities;

Benchmarking between Nissan and Mitsubishi Motors in the ASEAN region;

Shared spare parts warehouses between Renault, Nissan and Mitsubishi Motors in

Europe, Japan and Australia.

In Manufacturing, ongoing synergies were also realized through vehicle

production on shared platforms such as the Datsun Redi-Go and Renault Kwid, and

through cross-manufacturing activities such as Renault Alaskan production at

the Nissan plants in Cuernavaca, Mexico and Barcelona, Spain. Costs associated

with vehicle transportation were significantly reduced in 2017, as Nissan and

Mitsubishi Motors combined shipments of finished vehicles from plants in

Thailand to their respective dealers.

The creation of the LCV converged business unit in 2017 maximized

cross-development and cross-manufacturing, delivering synergies in costs and

technology in vehicles such as the Nissan platform based one-ton pick-up truck

by Renault and Daimler. This allowed the extension of Alliance market coverage

to 77% with a total range of 18 models across Renault, Nissan and Mitsubishi

Motors.

"Deeper convergence and increased synergies will cement the sustainability of

the Alliance for the long term," said Mr. Ghosn.

About Renault - Nissan - Mitsubishi:

Groupe Renault, Nissan Motor and Mitsubishi Motors represent the world's

largest automotive alliance. It is the longest-lasting and most productive

cross-cultural partnership in the auto industry. Together, the partners sold

more than 10.6 million vehicles in nearly 200 countries in 2017. The member

companies are focused on collaboration and maximizing synergies to boost

competitiveness. They have strategic collaborations with other automotive

groups, including Germany's Daimler and China's Dongfeng. This strategic

alliance is the industry leader in zero-emission vehicles and is developing the

latest advanced technologies, with plans to offer autonomous drive,

connectivity features and services on a wide range of affordable vehicles.

http://www.alliance-2022.com

http://www.media.renault.com

http://www.nissan-newsroom.com

http://www.mitsubishi-motors.com/en/newsrelease/

SOURCE: Renault-Nissan-Mitsubishi

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中