金沢工業大学の学生がデザインを担当、企業の総務部オフィスを楽しく働ける空間にリノベーション

金沢工業大学

2018/9/18 13:30

企業の総務部オフィスを楽しく働ける空間に。金沢工業大学 Toiroプロジェクトの学生がオフィスリノベーションデザインを担当、施工にも取り組み、民間企業の働き方改革を後押し。

2018年9月18日

金沢工業大学

企業の総務部オフィスを楽しく働ける空間に。
金沢工業大学 Toiroプロジェクトの学生が
オフィスリノベーションデザインを担当、施工にも取り組み
民間企業の働き方改革を後押し。

小松市にある株式会社小松電業所の総務部オフィスのリノベーションを、金沢工業大学 Toiroプロジェクト(建築デザイン学科・建築学科)の3年生14名が、建設会社の株式会社寺田鉄工建設と共同で進めています。

小松電業所(石川県小松市国府台5丁目20)の総務部オフィスが敷地内の別の場所に移転することになり、従来の固定化された職場の雰囲気を刷新し、楽しく働けるオフィス空間を実現するために、Toiroプロジェクトで建築を学ぶ学生達が同オフィスのリノベーションに取り組んでいます。しばらく使用されていなかった同社の空きスペースを学生達のデザインによって改修し、総務部のオフィスとして活用する予定です。

設計は本年5月に開始し、三者で打ち合わせを重ね、7月末に概略設計を終えましたが、移転先の解体がスタートした8月以降も週1回の定例会議を行いながら詳細設計を続けています。9月下旬以降は詳細設計に基づいて学生達がDIY作業で施工にも取り組みます。竣工は10月末を予定しています。

■このプロジェクトがスタートしたきっかけ
このプロジェクトがスタートしたきっかけは、本年3月に金沢工業大学で開催された「KIT-COC フォーラム2017 地域志向教育研究活動マッチング交流会」です。これに小松電業所スタッフが参加し、Toiroプロジェクトのプレゼンに興味を持たれ、金沢工業大学連携推進課を通じた調整の結果、プロジェクトのスタートに至りました。

■参加学生
建築デザイン学科 3年生  五十嵐直輝、越山春樹、似田貝章良、直井彩花、平田廉、
宮下幸大、森田莉都、柳本紘基、山下楓茄
建築学科 3年生  小林光義、佐藤裕彰、武内章太郎、登内理哉、野村祐太

 室内全体イメージ
室内全体イメージ


事務室インテリアイメージ
事務室インテリアイメージ


現場事務所での定例会議の様子
現場事務所での定例会議の様子


 現場の状況を確認する学生達
現場の状況を確認する学生達

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

事務室インテリアイメージ

室内全体イメージ

現場事務所での定例会議の様子

現場の状況を確認する学生達

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース