電通、企業買収でアジア・オセアニアでの体験マーケティングを強化

電通

2018/10/2 15:15

株式会社電通は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」を通じて、「Branded Ltd」の株式過半を取得すること、および今後完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

2018 年10月2日

株式会社 電 通

電通、企業買収でアジア・オセアニアでの体験マーケティングを強化
― イベントプロデュースに定評のある香港「ブランデッド社」の株式過半取得で合意 ―

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、アジア・オセアニア地域においてライブイベントなどにより消費者との関係性を構築する体験マーケティングを手掛ける「Branded Ltd」(本社:香港、CEO:Jasper Donat、以下「ブランデッド社」)の株式過半を取得すること、および今後完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

 2002年に設立されたブランデッド社は、話題性のあるイベントなどを独自のメソッドで多数プロデュースすることで急成長している会社です。香港とシンガポールにオフィスを構え、アジア・オセアニア地域において音楽フェスティバル、ファンイベント、カンファレンス、教育イベントなどを企画・制作・運営し、同社ならではの専門サービスを提供しています。また、ビジネスを通じて独自の知的財産を所有し、先進的なサービスやコンテンツを開発できることが同社の強みとなっています。

 株式取得後、当社はブランデッド社を当社グループのグローバルネットワーク・ブランド※の一つで、ブランデッド社同様の体験マーケティングに強みを持つMKTG(本拠地:米国・ニューヨーク市)のネットワークに組み込み、ブランド呼称を「ブランデッドMKTG」へと改称します。

 なお、本件が当社の2018年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク」(本社:英国ロンドン市)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu (Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。



【ブランデッド社の概要】
社   名:Branded Ltd (ブランデッド社)
本社所在地:香港(シンガポールに営業拠点を持つ)
設   立:2002年1月
株 主 構 成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 69%
収 益(Revenue):1,580万香港ドル(約2.3億円)(2017年12月期)
代 表 者:Jasper Donat (CEO)
従 業 員 数:18名
事 業 内 容:ライブイベントなどのブランド体験を通して、消費者との関係性を構築する体験マーケティングサービスを提供   

以 上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース