ブリヂストン、「2018年度グッドデザイン賞」を3商品で受賞

ブリヂストン

2018/10/3 15:00

株式会社ブリヂストンおよびグループ会社であるブリヂストンサイクル株式会社は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン賞」を3商品で受賞しました。

2018年10月3日

株式会社ブリヂストン

ブリヂストン、「2018年度グッドデザイン賞」を3商品で受賞

 株式会社ブリヂストンおよびグループ会社であるブリヂストンサイクル株式会社は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン賞」を3商品で受賞しました。

■2018年度グッドデザイン賞 受賞商品

1. らく楽コルゲートパイプ(コルゲート被覆パイプ)

らく楽コルゲートパイプ

 本商品は、住宅用給水給湯用の配管システムに使用する樹脂管です。巻き癖が少なく施工性に優れた当社商品「らく楽パイプ」を「伸縮性・堅牢性に優れた蛇腹管(コルゲート管)」で被覆したパイプで、継手との接続性や耐傷性などに優れています。近年の建築技能労働者の高齢化や若年入職者減少による職人不足を背景に、施工時の省力化・効率化への高いニーズをもとに開発した商品です。

<評価者によるコメント>

 コルゲート被覆パイプは床下に施工されてしまい、普段目にしないものであるが、快適な生活のためには非常に重要なものである。近年の建築技能労働者の人材不足がある中で、本品は少しでも扱いやすいものにしようとしている点を評価した。

2. イルミオ(電動アシスト自転車)

イルミオ

 子育てがひと段落し積極的に新しいことへ挑戦したい世代に向けて、株式会社光文社のファッション&ライフスタイル誌「STORY」と共同開発した商品です。イルミオとは、イタリア語で「私のもの」という意味で、「自分だけの自転車で自分時間を楽しめる生活」を目指して名付けました。洗練された大人のファッションを求めるSTORY読者の声を反映し、大人女性が美しく見えるエレガントなカラー・デザインを取り入れました。

<評価者によるコメント>

 今までありそうでなかったカテゴリーへのプロダクト提案である。子育てを卒業したワーキングマザーがママチャリから乗り換えて、本プロダクトで颯爽と走行するシーンを連想させる。コンセプトの「エレガント」に拘り、細部に至るまで丁寧にデザインされた点を高く評価した。全体に統一感ある上品な色調と、色数を抑えたことが相まって、品の良さとお洒落な印象を醸し出している。

3. フロンティアラクットシリーズ(電動アシスト自転車)

フロンティアラクットシリーズ

 『身体の変化により自転車に乗る自信がなくなった』『シニア向け商品はデザインに抵抗がある』といった声にお応えし誕生した商品です。身体の変化へ対応するため、“またぎやすさ”“乗り降りしやすさ”“こぎやすさ”という、自転車に乗る際の3つのポイントをよりラクに設計しました。また、乗りたくなるカラー・デザインを兼ね備え、健康的で活動的なライフスタイルを提案します。

<評価者によるコメント>

 シニア層の自由な移動を後押しするプロダクトとして評価した。軽量なショートホイールベースと跨ぎやすいフレーム形状など、機能面こそシニア向けであるが、デザイン面は洗練された印象を与え、むしろシニアらしさを前面に押し出さない点は好感がもてる。色数を抑えた統一感のある上品なカラーコーディネートにより、2輪タイプと3輪タイプ共に高い完成度を感じさせる仕上がりとなっている。

■2018年度グッドデザイン賞受賞展

 今回の受賞作品は、10月31日(水)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」にて、本年度受賞作品として紹介される予定です。

・会期: 10月31日(水)~11月4日(日)

・会場: 東京ミッドタウン(東京都港区)

・主催: 公益財団法人 日本デザイン振興会

【グッドデザイン賞とは】

 グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は45,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

らく楽コルゲートパイプ

イルミオ

フロンティアラクットシリーズ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中