中国中部の大都市・武漢が自動車とモーターサイクルスポーツのコンベンションを開催

武漢開発地区運営委員会(漢南地区委員会)

2018/10/9 15:23

中国中部の大都市・武漢が自動車とモーターサイクルスポーツのコンベンションを開催

AsiaNet 75608 (1816)

【武漢(中国)2018年10月8日新華社=共同通信JBN】武漢開発地区運営委員会(漢南地区委員会)の宣伝部によると、10月2日夜、中国中部にある湖北省の省都・武漢の開発地区で開催された第1回モータースポーツ・コンベンション開会式で、派手なモーターサイクルと巨大なトラックがアクロバットを披露した。

このコンベンションはマラソン、競馬、ウオーターマラソン、世界フライイン・エキスポに続いて武漢が開催する新たな主要国際大会である。

Federation of Automobile and Motorcycle Sports(自動車・モーターサイクルスポーツ連盟、FAMS)と武漢市政府の共同主催である。

コンベンションでは7種の競技、3種のパフォーマンス、一般向けのショーと交流活動が開催される。競技は世界ツーリングカーレース(WTCR)、中国ツーリングカー選手権(CTCC)、FIA(国際自動車連盟)F4中国選手権、中国GT、中国トラックレース選手権、自動車耐久選手権(CEC)、自動車ドリフト選手権(CDC)が行われ、このうちの幾つかはFIAが公認している。

競技のうちの6種目は従来のレース用トラックではなく中心街で行われ、米国、英国、フランス、ニュージーランド、オーストラリア、イタリア、日本、ベルギー、チェコ、スイスなど30以上の国から80チーム超に所属する360人を超えるトップレーサーが参加した。697人のジャッジが参加し、あらゆる種類の専門サービスを提供する特別用途の車両も37台あった。

6日間のイベント期間中、競技出場者は時にはわずかミリ秒を互いに競った。多くの市民が競技を記録してWeChatでアップすると、それは瞬時にサムアップ(「いいね!」)を獲得した。さらには音楽祭、クラシックカーとスポーツカーのショー、フードフェスティバルも開催された。

FAMSのチャン・クオジュン会長は、これは中国でこれまでに開催された自動車とモーターサイクルの大会で最大かつ総合的なものだったと述べた。

このイベントを成功裏に開催したことは武漢の都市イメージをはっきりと示すことになり、健全な自動車の消費とサービスシステムを構築してインターネットに基づく自動車のアフターマーケット展開を探るという武漢の開発地区にとって現実的・戦略的な意味を持つものである。

Dongfeng Automobile Groupは武漢開発地区に本社を構えている。同地区にはフォーチュン500のうちの54社があり、7社の自動車企業、500社以上の自動車部品企業を擁している。同地区には自動車製造と研究開発で強い能力があり、新しいエネルギーとインテリジェント自動車の基地が建設中である。湖北省初の1兆元産業を目指し、開発地区にある世界クラスの自動車産業クラスターは本格的に稼働している。

ソース:The Publicity Department of Wuhan Development Zone Working Committee (Hannan District Committee)

画像添付リンク:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=321417

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=321418

Central Metropolis of Wuhan Holds Automobile and Motorcycle Sports Convention

PR75608

WUHAN, China, Oct. 8, 2018 /Xinhua=KYODO JBN/--

Fancy motorcycles and monster trucks were performing acrobatics at the opening

ceremony of the first motor sports convention on the night of Oct. 2 in the

development zone in Wuhan, capital of central China's Hubei Province, according

to the Publicity Department of Wuhan Development Zone Working Committee (Hannan

District Committee).

It is another major international game that Wuhan has created in the city, in

addition to a marathon, a horse race, a water marathon and the world fly-in

expo.

It is jointly hosted by the Federation of Automobile and Motorcycle Sports

(FAMS) and the city government of Wuhan.

The convention is consisted of seven competitions, three performances, one show

and interaction activities for the public. The competitions included the World

Touring Car Race (WTCR), China Touring Car Championship (CTCC), FIA F4 China

Championship, China GT, China Truck Racing Championship, Car Endurance

Championship (CEC) and Car Drifting Championship (CDC), with several of them

authorized by the FIA.

Six of the competitions were held in the downtown areas instead of traditional

race tracks, with over 360 top racers belonging to more than 80 teams from 30

plus countries including the US, the UK, France, New Zealand, Australia, Italy,

Japan, Belgium, Czech and Switzerland. There were 697 judges and 37 special

purpose vehicles to provide all kinds of professional services.

During the 6-day event, contestants competed with one another sometimes just

within milliseconds. Many citizens recorded the games and posted them on

WeChat, which gained instant thumbs-up. A music festival, a classic cars and

sports auto show and a food festival were also held in the meantime.

Zhan Guojun, the FAMS chairman, said it was the largest comprehensive game for

automobiles and motorcycles so far in China.

The successful holding of the event fully demonstrates the city image of Wuhan

and has a practical and strategic meaning for the city's development zone to

build a sound auto consumption and service system and exploration of the

running of an automobile aftermarket that is based on the Internet.

Dongfeng Automobile Group is headquartered in the Wuhan development zone, which

is also home to 54 Fortune 500 companies, seven vehicle enterprises and over

500 auto parts companies. The zone has strong capacity in automobile

manufacturing, research and development, and its new energy and intelligent

auto base is under construction. Aiming at Hubei's first trillion-yuan

industry, the development zone's world-class automobile industry cluster is in

full swing.

Source: The Publicity Department of Wuhan Development Zone Working Committee

(Hannan District Committee)

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=321417

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=321418

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中