電通、エネルギー自由化に関する生活者意識を定点観測

電通

2018/10/11 14:15

株式会社電通のエネルギー関連のグループ横断組織、チーム「DEMS(ディームス)」は、2018年6月に全国20~69歳男女5,600名を対象に「第7回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施しました。

2018年10月11日

株式会社 電 通





電通、エネルギー自由化に関する生活者意識を定点観測
電力小売り自由化の認知は94.8%。内容理解は32.4%と初の3割超え

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)のエネルギー関連のグループ横断組織、チーム「DEMS(ディームス)」は、2018年6月に全国20~69歳男女5,600名を対象に「第7回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施しました。

本リリースでは、過去6回の調査結果(第1回2014年12月、第2回2015年11月、第3回2016年6月、第4回2016年11月、第5回2017年6月、第6回2017年12月に実施)も踏まえ、主な調査結果をお知らせします。
第7回調査の主なトピックスは次のとおりです。

◇電力小売り自由化について
家庭用電力小売り自由化を「内容まで知っている」が32.4%と初めて3割超え(前回は25.1%)。自由化自体の認知も94.8%と前回の92.3%から2.5ポイント増加し、電力自由化直後の第3回調査(2016年6月実施)と同じレベルに。

電力購入先の変更経験者は12.0%と前回の11.4%からの微増にとどまったのに対し、同じ電力会社での料金プラン変更者は10.2%と前回の7.9%から2.3ポイント上昇。

電力購入先の変更意向も11.1%と前回の8.9%から増加し、低下傾向に歯止めがかかる。同じ電力会社での異なる料金プランへの変更意向は10.5%と購入先変更意向とほぼ同レベル。

電力購入先の変更経験者では、変更回数1回が86.9%。電力購入先を変更していない人の74.0%は電気料金の試算すら行っていない。

電力購入先の変更経験者の60.7%と、料金プランの変更者の46.0%は、電気代が安くなったと感じている。安くなった額はそれぞれ平均で月950円程度。

電力の購入先を変更した人は「節約意識の高い若年層」、同じ電力会社で料金プランを変更した人は「コミュニティ意識が高めのシニア層」、購入先を変更し再度変更を考えている人は「新しいもの好きのシングル層」が多い。

◇ガス小売り自由化について
ガス購入先の変更経験者は12.4%と初めて1割超え。前回の7.9%より4.5ポイント上昇。

ガス購入先の変更意向も11.5%と前回の7.6%より大きく増加。直近3回の調査では最大の数字に。

◇今後取り入れたいエネルギーについて
今後取り入れたいエネルギー関連のサービスでは、蓄電池(13.3%)、太陽光発電システムと省エネ型家電(ともに11.6%)が高い結果に。


<調査概要について>
タ イ ト ル: 第7回「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」
調 査 手 法: インターネット調査
調 査 機 関: 株式会社電通マクロミルインサイト
調 査 時 期: 2018年6月23日~6月26日
エ リ ア : 9電力会社管内(沖縄電力管内を除く)
対 象 者 : 全国20~69歳の男女5,600名
対象者条件 : 世帯主もしくは世帯主の配偶者で、自分または配偶者が電気料金を支払って      
いる方
調 査 内 容: 本調査35問
一般生活者の基本属性(人口統計学的属性、家族構成、住居形態など)、エネルギーの利用実態(エネルギー供給形態、収入に占めるエネルギー費の割合など)、エネルギー自由化に関する知識・認知状況、購入先の変更・検討状況、エネルギー全般に関する考え方や意識の傾向、購入先に対して求めるイメージとサービス、電力会社・新電力会社に対する認知 など



【本件に関する問い合わせ先】
株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
渓、長澤  TEL:03-6216-8041

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース