金沢工業大学建築学科の学生のアイデアを商品化した付箋「おしゃべりふせん」が10月22日より発売

金沢工業大学

2018/10/16 17:53

金沢工業大学建築学科2年の宮川将幸さんのアイデアがもとになった付箋「おしゃべりふせん」が、10月22日に発売されます。人の口をかたどったデザインで、さまざまな形の口が表情豊かにユニークにメッセージを伝えてくれます。オリジナルの文房具を開発する産学連携プロジェクトの一環で製品化されました。

2018年10月16日

金沢工業大学

オリジナルの文房具を開発する産学連携プロジェクト。

金沢工業大学 建築学科2年 宮川将幸さんのアイデアを商品化した

付箋「おしゃべりふせん」が10月22日(月)より発売

金沢工業大学 建築学科2年の宮川将幸さんのアイデアがもとになった付箋「おしゃべりふせん」が、10月22日(月)に株式会社山越から発売されます。「おしゃべりふせん」は人の口をかたどったデザインで、さまざまな形の口が表情豊かにユニークにメッセージを伝えてくれる付箋です。

おしゃべりふせん(各3種×15枚入)

おしゃべりふせん(各3種×15枚入)

おしゃべりふせん(各3種×15枚入)

商品開発は、オリジナル文房具の開発を進める印刷会社の株式会社山越(金沢市)と金沢工業大学との産学連携プロジェクトとして行われました。キャンパス内にある学生ステーションが、メモブロックや付箋紙などの新商品のアイデアを募る学内コンペを2017年末に実施し、15件の応募がありました。2017年12月21日の中間発表会、2018年1月17日の最終発表会を経て、宮川将幸さんのアイデア「眼盛るメモ」が最優秀作品に選ばれました。「眼盛るメモ」は、"大人の遊び心をくすぐる、メモ帳ひとつで楽しめるもの"をコンセプトに、数種類のリアルな眼で感情や存在感を表現した作品で、アイデアと高い画力が評価されました。

学内コンペ後、宮川さんは、産学連携プロジェクトの担当プロダクトデザイナーの指導のもとでアイデアの検討を行い、最終的にテーマを「眼」から「口」に変え、「おしゃべりふせん」の製品化に至りました。宮川さんはコンセプトと、ベースとなるデザインに関わりました。さまざまなものに貼り付けることで、ものが表情豊かにしゃべり出すように見える面白さのある付箋です。

おしゃべりふせんの使用イメージ

おしゃべりふせんの使用イメージ

株式会社山越との産学連携プロジェクトについて

山越との産学連携プロジェクトは今回で2回目です。第1回のプロジェクトでは、建築デザイン学科3年(当時)の嶋千菜美さんのアイデアを商品化したメモパッド「こぼれメモ」が2017年6月20日に発売されました。「こぼれメモ」は、液体がこぼれたような形のメモで、「ウォーター」「コーヒー」「ミルク」の3種類があります。

 2017年に発売された「こぼれメモ」  

2017年に発売された「こぼれメモ」    

参考URL

株式会社山越 金沢工業大学×paperable PLANTS(産学連携プロジェクト)

 https://paperable.jp/plants/

金沢工業大学ニュース|建築デザイン学科3年 嶋千菜美さんのアイデアを商品化したメモパッド「こぼれメモ」が6月20日より新発売(2017年6月19日)

 https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0619_koborememo.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

おしゃべりふせん(各3種×15枚入)

おしゃべりふせん(各3種×15枚入)

おしゃべりふせんの使用イメージ

2017年に発売された「こぼれメモ」  

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース