USEN×早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所 音楽による生産性向上の研究に着手

早稲田大学

2018/10/29 17:15

学校法人早稲田大学は、USEN-NEXT GROUPの株式会社 USENと共同研究契約を締結し、2018年10月より具体的な研究に取り組むことになりました。

2018-10-29

学校法人 早稲田大学

USEN×早稲田大学 マーケティング・コミュニケーション研究所と初の共同研究 音楽による生産性向上の研究に着手し学会発表へ

学校法人早稲田大学(所在地:東京都新宿区、総長:鎌田薫)は、USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田村公正)と共同研究契約を締結し、2018年10月より具体的な研究に取り組むことになりました。
本共同研究は、2018年10月から約半年間、USENと本学の恩藏直人教授が所長を務めているマーケティング・コミュニケーション研究所と共同で推進するものです。

【共同研究で目指すもの】
本共同研究は、音楽が働く場において生産性やコミュニケーションの円滑さにどのような効果があるか着目したものです。従来から、USENはオフィス向けに特化したBGMサービス『Sound Design for OFFICE』(https://sound-design.usen.com/)を通じて、残業時間削減やコミュニケーション活性化のサポートをしてまいりました。サービス開始から5年経ち、新しい働き方を提唱する企業が増えてきたこともあり、改めて音楽による効果を研究することになりました。実際のオフィスにて、産学で生産性などに関する実験を実施することは、今回が初めてとなります。
なお本研究は政府が進める働き方改革に資するものでもあり、研究成果については、学会を通じてオープンにするだけでなく、共同研究で得られた成果を今後の編成などにも活用し、居心地のよいオフィス環境の構築に貢献していきます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中