ベンチャーキャピタル2社と提携契約締結

早稲田大学

2018/10/30 14:49

早稲田大学では10月29日に、本学発の知的財産を活用したベンチャー企業の創出を目的とする「早稲田大学提携ベンチャーキャピタル」として、ウエルインベストメント株式会社とBeyond Next Ventures株式会社の2社を選定し、総額20億円規模のベンチャーファンドを組成する提携契約を締結しました。

2018.10.30

早稲田大学

早稲田大学とベンチャーキャピタル2社が提携契約を締結
総額20億円規模のファンド組成により本学発ベンチャーの事業化を加速

早稲田大学(総長:鎌田薫)では10月29日に、本学発の知的財産を活用したベンチャー企業の創出を目的とする「早稲田大学提携ベンチャーキャピタル」として、ウエルインベストメント株式会社(代表取締役社長:瀧口匡、以下WERU社)とBeyond Next Ventures株式会社(代表取締役社長:伊藤毅、以下BNV社)の2社を選定し、総額20億円規模のベンチャーファンドを組成する提携契約を締結しました。
この提携により、本学の技術シーズをベースとしたベンチャー企業の育成をさらに強化していきます。

本学は文化の発展や文明の形成に寄与する学術研究に加えて、本学で生まれた知的成果を社会へ還元することを重要な課題と自覚し、社会との連携強化、とりわけ産学連携を通じた産業界との円滑な協力関係の構築に努めてきました。
また、本学の教員や学生が設立したベンチャー企業に対しては、これまで早稲田大学インキュベーションセンターなどを通じて、コンサルタントによる経営相談や施設の提供などの支援を行ってきました。
今回の契約締結により、WERU社、BNV社が本学の知的財産をもとに起業したベンチャー企業(特にシード、アーリーステージ)に投資するファンドを組成することで、本学の技術シーズを活用したベンチャー企業の創出を加速します。
また、本学と両社とはベンチャー創出のための各種支援プログラムの企画運営や、事業化可能な研究シーズの発掘、ハンズオン支援などの施策を実施し、本学の研究成果のベンチャー企業を通じた社会実装を通じて社会に貢献していきます。

■提携先企業概要
【ウエルインベストメント株式会社】
代表取締役社長:瀧口 匡(学術博士、早稲田大学客員教授)
本社:東京都新宿区喜久井町65番地 糟屋ビル3階
設立:1998年
特徴:早稲田大学アントレプレヌール研究会を母体として、20年以上に渡り、アーリーステージの技術系ベンチャー企業を中心に支援を行っています。本年10月30日に株式公開を行ったVALUENEX株式会社等、グローバルな成長を目指すベンチャー企業を支援しており、投資先の約20社が既に株式公開しています。
ホームページ:http://www.weruinvest.com

【Beyond Next Ventures株式会社】
代表取締役社長:伊藤 毅
本社:東京都中央区日本橋本町1-4-3 日本橋ムロホンビル1
設立:2014年
特徴:CYBERDYNE等へのリード出資実績のある代表の伊藤が創業した、大学発スタートアップへの事業化支援・シード投資を得意とする独立系アクセラレーターです。アクセラレーターとしては国内最大の総額100億円超のファンドを運用し、多数の大学発スタートアップへの出資、事業化支援に関して豊富な経験と優れた実績を有しています。
ホームページ:http://beyondnextventures.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中