ファーウェイのチップは人工知能の新しい時代を切り開く

ファーウェイ(Huawei)

2018/11/8 15:23

ファーウェイのチップは人工知能の新しい時代を切り開く

AsiaNet 76172 (2066)

【烏鎮(中国)2018年11月7日PR Newswire=共同通信JBN】
ファーウェイが最新のAscend 310チップで、第5回World Internet Conferenceの名誉ある「World Leading Scientific and Technological Achievement Award(世界をリードする科学・技術偉業賞)」を受賞

「Creating a Digital World for Mutual Trust and Collective Governance - Towards a Community with a Shared Future in Cyberspace(相互信頼と集団管理に向けたデジタル世界を構築-サイバー空間で共有する未来を持つコミュニティーを目指して)」をテーマに掲げて中国浙江省烏鎮で開催されている第5回World Internet Conference(WIC)で7日、ファーウェイ(Huawei、華為技術)のAscend 310チップは400件以上の技術功績の中で卓越し、同会議のWorld Leading Scientific and Technological Achievement賞を獲得した。この表彰は、統合およびスケーラブルなDa Vinciアーキテクチャーのサポートを受けてエッジコンピューティング・シナリオ向けの業界最強のコンピュート能力があるとして人工知能(AI)システムオンチップ(SoC)を評価している。ファーウェイは3年連続してこの賞を受賞し、同会議でファーウェイのイノベーションを展示する機会を得たことになる。ファーウェイの取締役で、ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのプレジデントであるヤン・リダ氏は会議で、ゲストにこの成果をプレゼンテーションした。

ヤン・リダ氏は「ファーウェイの新しいAscendシリーズのAIチップは、ファーウェイのAIソリューションの中核を成し、重要なサポートを提供する。ファーウェイのAI戦略は、基礎研究と人材開発への投資、フルスタック・オールシナリオのAIポートフォリオの構築、オープンなグローバルエコシステムの育成である。ファーウェイは毎年、当社の売上高の10から15%を研究開発に投資し、今年の研究開発投資は1000億元を超える。Ascend 310はAscendシリーズ初のチップであり、新たなAI時代を開く。当社の優位性は、AI能力があるだけでなく、AI、クラウド、IoT、ビデオ、エッジコンピューティング、ビッグデータをはじめとするその他のテクノロジーのシナジー効果を発揮し、あらゆる産業向けのデジタルトランスフォーメーションをサポートするオープンな「プラットフォーム」を構築することである。AIは、ファーウェイがプラットフォーム上で顧客およびパートナーに提供できる最新のテクノロジーである。われわれはAIがもはや高い技術を持つ人々だけに利用できるテクノロジーではないことを確認するために懸命に取り組んでいく。今後3年間の当社の目標は、100万人のAI開発者と協力し、値ごろ感があり、効果的で信頼できるAIを提供するというファーウェイのコミットメントに沿ってイノベーションを推進、あらゆるエンタープライズおよび産業にインテリジェンスを提供して完全にコネクテッドかつインテリジェントな世界を築くことである」と語った。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181107/2292536-1
キャプション:ファーウェイ取締役で、ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのプレジデントであるヤン・リダ氏が会議のゲストにAscend 310をプレゼンテーションした

ファーウェイは2018年10月10日、フルスタック・オールシナリオAIソリューションを公式リリースした。「フルスタック」は、このソリューションが強力かつコスト効率に優れたコンピューティングパワーを提供するだけでなく、AIデータのモデル化、モデルトレーニング、アプリケーション開発をより容易、よりアジャイル、より効率的にする低障壁アプリケーション開発も提供することを意味する。「オールシナリオ」ソリューションとして、このソリューションはさまざまなデバイス、エッジ、クラウドのシナリオで広範なインテリジェンスを推進する。

Ascend 310は、エッジコンピューティング・シナリオ向けの業界最強のAI SoCチップである。現在、最も典型的なエッジコンピューティング・シナリオはセキュリティーおよび防御、自律運転、スマートマニュファクチャリングである。しかし、エッジコンピューティング・シナリオはそれぞれ、スペース、エネルギー消費、コンピューティングパワーに厳しい制約を課す。Ascend 310は、高速走行する自動車、高速の生産ライン、複雑な科学研究、日常の教育活動のいずれに搭載されても、コスト効率に優れ、かつ強力なコンピューティングエネルギーによって、あらゆる産業をサポートする。1つのAscend 310チップは最大16TOPSのオンサイト演算を実現し、人間、自動車、障害物、交通標識を含む200の異なる物体の同時識別をサポートする。Ascend 310は1秒以内で数千の画像をプロセスできる。今年10月、ファーウェイとアウディはL4自動運転でチップセットを実証した。この車両はファーウェイのMobile Data Center(MDC)車載コンピューティングユニットを装備し、ファーウェイのAscend 310チップセットがL4自動運転で200ワットの電力しか消費しないと評価された。

その他のAscendシリーズ独自の優位性は、ファーウェイの革新的な統合かつ拡張可能なDa Vinciアーキテクチャーを採用していることであり、このアーキテクチャーは究極の低エネルギー消費シナリオから強力なコンピューティングパワー・シナリオまでのすべてをカバーし、市場の他のアーキテクチャーではこれまで見たことがない優れモノである。このDa Vinciアーキテクチャーは、さまざまなシナリオで同時にAIアプリケーションの展開、移行、コラボレーションを促進することができ、これはさまざまな産業においてソフトウエア開発効率を大幅に向上させるとともにAI活用を促進する。

ファーウェイは「すべてに恩恵をもたらすAI」を提唱し、顧客、産業パートナー、研究機関と協力して互いにプラスになる結果を達成し、AIがどこにも存在することを実現する。ファーウェイのビジョンおよびミッションは、完全にコネクテッドでインテリジェントな世界を目指し、あらゆる人、家庭、組織にデジタルを提供することである。ファーウェイのAI戦略およびフルスタック・オールシナリオAIソリューションの詳細はウェブサイトhttps://www.huawei.com/en/press-events/news/2018/10/huawei-hc-2018-eric-xu-ai を参照。

WICは、Cyberspace Administration of China(中国サイバースペース管理局)と浙江省人民政府が開催する世界的な年次イベントである。WICの目標は、中国と世界をつなぐ国際フォーラムと、インターネットの世界共有および管理を目指す中国フォーラムを設けることである。会議は合意、協力、互いにプラスになる結果をもたらすための交流を促進する。第5回WICは11月7日から3日間の日程で、中国浙江省烏鎮で開催されている。

ソース:Huawei


Huawei Chips Unlock New Era of Artificial Intelligence

PR76172

WUZHEN, China, Nov. 7, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

New Ascend 310 AI Chip Earns Huawei the Prestigious "World Leading Scientific
and Technological Achievement Award" at the Fifth World Internet Conference

Today at the Fifth World Internet Conference (WIC), held today in Wuzhen,
Zhejiang, under the theme of "Creating a Digital World for Mutual Trust and
Collective Governance - Towards a Community with a Shared Future in
Cyberspace," Huawei's Ascend 310 chip stood out among more than 400 technology
achievements to win the conference's World Leading Scientific and Technological
Achievement award. This honor recognizes artificial intelligence (AI)
system-on-chips (SoC) as having the industry's strongest compute capabilities
for edge computing scenarios, with support from the unified and scalable Da
Vinci architecture. This marks the third consecutive year Huawei has received
this award and the opportunity to showcase its innovation during the
conference. Yan Lida, Director of the Board at Huawei and President of Huawei
Enterprise Business Group, presented the achievement to the guests at the
conference.

Yan Lida said: "Huawei's new Ascend series of AI chips is the core component of
Huawei's AI solution and provides the key support. Huawei's AI strategy is to
invest in basic research and talent development; build a full-stack,
all-scenario AI portfolio; and foster an open global ecosystem. Every year,
Huawei invests 10 to 15 percent of our sales revenue in R&D, and this year our
R&D investment will exceed CNY100 billion. Ascend 310 is the first chip in the
Ascend series, which opens a new era of AI. Our advantage is not only to be
able to do AI, but also to achieve synergy between AI and cloud, IoT, video,
edge computing, big data and other technologies, to form an open "platform"
that supports digital transformation for all industries. AI will be the latest
technology Huawei makes available to customers and partners on the platform. We
will work hard to make sure AI is no longer a technology only open to ones who
have high qualification skills. Over the next three years, our aim is to work
with one million AI developers to drive innovations in line with Huawei's
commitment to provide affordable, effective, and reliable AI, bringing
intelligence across every enterprise and industry to build a fully connected,
intelligent world."

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181107/2292536-1
Caption: Yan Lida, Director of the Board at Huawei and President of Huawei
Enterprise Business Group, presented the Ascend 310 to the guests at the
conference

On October 10, 2018, Huawei officially released a full-stack all-scenario AI
solution. 'Full-stack' means the solution provides powerful and cost-effective
computing power, as well as low-barrier application development platforms that
make AI data modeling, model training, and application development simpler,
more agile, and more efficient. As an 'all-scenario' solution, it is able to
drive pervasive intelligence across various device, edge, and cloud scenarios.

Ascend 310 is the industry's most powerful AI SoC chip for edge computing
scenarios. Currently, the most typical edge computing scenarios are security
and protection, autonomous driving, and smart manufacturing. However, every
edge computing scenario imposes severe constraints on space, energy consumption
and computing power. Whether it's on a fast-moving car or on a high-speed
production line, a complex scientific study or a daily educational activity,
Ascend 310 supports every industry with an cost-efficient and powerful
computing energy. One Ascend 310 chip can achieve up to 16TOPS on-site
calculations, supporting the simultaneous identification of 200 different
objects including people, cars, obstacles and traffic signs; it can process
thousands of pictures in one second. In October this year, Huawei and Audi
demonstrated the chipset in L4 automatic driving. The vehicle was equipped with
Huawei's Mobile Data Center (MDC) vehicle-mounted computing unit and it was
estimated that Huawei's Ascend 310 chipset consumed only 200 watts of power in
L4 automatic driving.

The other unique advantage of Ascend series is that it adopts Huawei's
innovative unified and extensible Da Vinci architecture, which achieves full
coverage – from the ultimate low energy consumption scenario to high computing
power scenario – something not yet seen in any other architecture on the
market. The Da Vinci architecture is able to facilitate AI application
deployment, migration, and collaboration in different scenarios at the same
time, which vastly improves software development efficiency, and accelerates AI
application in various industries.

Huawei advocates 'AI for the benefit of all,' and aims to work with customers,
industry partners, and academic institutions to achieve win-win outcomes and
enable omnipresent AI. Our vision and mission is to bring digital to every
person, home and organization for a fully connected, intelligent world. More
information about Huawei's AI strategies and full-stack all-scenario AI
solutions is available at
https://www.huawei.com/en/press-events/news/2018/10/huawei-hc-2018-eric-xu-ai.

The WIC is a global annual event held by Cyberspace Administration of China and
Zhejiang Provincial People's government. It aims to create an international
forum for connecting China and the rest of the world and a Chinese forum for
the global sharing and governance of the Internet. The conference fosters
exchanges to enable consensus, cooperation, and win-win outcomes. The fifth WIC
is being held in Wuzhen, Zhejiang province on November 7, 2018, and will run
for three days.

Source: Huawei
  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中