名古屋市内に氷見の販売拠点開設

氷見市

2018/11/15 15:00

2018/11/15

氷見市

~朝どれ・きときとの鮮魚など氷見産食材を

その日のうちに名古屋の食卓へ!~

高速バスの貨物スペースを活用

◆名古屋市内に氷見の販売拠点開設◆

 氷見水産加工業協同組合(中村雅宏代表理事組合長)は、旅客用高速バスの貨物スペースを利用した貨客混載制度を活用して、その日の朝どれの鮮魚など、氷見産食材をその日の夕方には名古屋市内で販売するサービスを11月17日(土)から開始します。

 氷見産食材の販路拡大を目指し、マックスバリュ中部株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:鈴木芳知)と出店契約を結び、店舗運営は氷見水産加工業協同組合と株式会社ジェック経営コンサルタント(本社:富山県富山市、代表取締役社長:山瀬孝)が連携し実施します。

 氷見~名古屋線の高速バス路線(加越能バス株式会社/本社:富山県高岡市、取締役社長:稲田祐治)の貨物スペースを活用して名古屋市内まで輸送し、マックスバリュグランド千種若宮大通店(イオンタウン千種内:愛知県名古屋市千種区千種2-16-13)に「氷見旬鮮屋(ひみしゅんせんや)」をオープンします。

 ■販売店舗

   マックスバリュグランド千種若宮大通店「氷見旬鮮屋(ひみしゅんせんや)」

 ■オープニング

   平成30年11月17日(土) 16:00

 ■オープニングイベント

   17:00~ 市長による氷見のPR等

   17:30~ ブリの刺身のふるまい(限定200人前)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中