電通、AIによる流行キーワード予測システム「TREND SENSOR(β版)」を開発

電通

2018/12/17 11:15

株式会社電通は、AIでビッグデータを解析することにより流行キーワードを予測するシステム「TREND SENSOR(β版)」を開発しました。

2018年12月17日

株式会社電通

電通、AIによる流行キーワード予測システム「TREND SENSOR(β版)」を開発

― クリエーティブのプランニング領域で活用へ ―

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、AIでビッグデータを解析することにより流行キーワードを予測するシステム「TREND SENSOR(β版)」を開発しました。

ネット上には情報が溢れ、あらゆるブームがやってきては消えていく昨今、流行の兆しをより早く捕らえ、有効にマーケティングに活用していくことが求められています。一方で、膨大な情報の中から人手で流行の兆しを見つけることには限界があるため、AIを活用してビッグデータを分析する今回のシステム開発に至りました。

本システムの特徴は、SNSの情報とマスメディアの情報を掛け合わせることで新たな流行の兆しを発見する「クロス流行伝播モデル」にあります。昨今、SNSが流行伝播に重要な役割を果たしており、流行の発信源が必ずしもマスメディアではなくなってきている中で、2つの情報を掛け合わせることで、新たな流行伝播の様相が浮かび上がってきました。本システムは、これらの分析を基に、当社がAI開発に強みを持つ当社子会社のデータアーティスト株式会社と共同で開発したAIが、アニメ・グルメ・ビジネスなど10個のカテゴリーでデモグラフィック別の流行キーワードを予測することに取り組んでいます。

 今後当社は、まずはクリエーティブのプランニング領域において、アイデア開発を科学的に支援するツールとしての活用を進めつつ、流行予測を活用したキャラクターコンテンツの開発やファッションなどのビジネス開発への応用を目指し、更に研究・開発を進めていきます。そしてこれらにより、新たな流行の創出、需要の喚起・創造といった役割を強化してまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース