瑛太×橋爪功 オリジナル時代劇「闇の歯車」メインビジュアルを初公開!

日本映画放送

2018/12/21 05:00

2018年12月21日(金)

日本映画放送株式会社

スカパーJSAT株式会社

関西テレビ放送株式会社

マイシアターD.D.株式会社

瑛太×橋爪功

オリジナル時代劇「闇の歯車」メインビジュアルを初公開!

瑛太、橋爪功と共に“完全犯罪”に挑む男たちも明らかに!

日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道)が運営する時代劇専門チャンネルとスカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:高田真治)、関西テレビ放送株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:福井澄郎)、マイシアターD.D.株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 :石井紹良)は、時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品として制作するオリジナル時代劇最新作「闇の歯車」(原作:藤沢周平 主演:瑛太)のメインビジュアルと豪華キャストの全貌を発表いたしました。

豪華キャスト6人が顔を揃えるメインビジュアルを初公開!

メインビジュアルを飾るのは主演の瑛太、その好敵手を務める橋爪功に加えて、新たな豪華キャストとして発表された緒形直人、大地康雄、中村蒼、中村嘉葎雄ら6人。居酒屋の常連客4人と店主、そこに現れた謎の男とそれぞれの立場から、“完全犯罪”にかかわることになる人物たちの謎めいた表情が、作品の緊迫感を漂わせます。さらに、作品に華を添える蓮佛美沙子、石橋静河らが共演に名を連ね、サスペンスを主軸にラブストーリーもからめて描き、スリリングな物語が展開します。キャッチコピーは「逢魔が刻の完全犯罪。」決行は、人の顔が闇に溶け、静けさが街を支配するその一瞬。一攫千金を夢見て勝負を賭ける男たちの結末にご注目ください。

全国5大都市をはじめ、追加上映劇場も続々決定!

本作は時代劇専門チャンネルにて2月9日(土)よる8時よりTV初放送。さらに、放送に先駆けて、1月19日(土)より丸の内TOEIほか全国5大都市を中心に期間限定上映も実施。既に発表されている東京、愛知、京都、大阪、福岡などの劇場に加えて、追加上映も決定しています。スクリーン、テレビとドラマや映画の枠を超えた展開に、是非ご期待ください。

【あらすじ】

『逢魔が刻』

それは、黄昏―。

人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・。

初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。

「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」

危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、口を聞いたこともない男たちだった・・・。佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。

回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

【作品概要】

原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)

出演:瑛太

   緒形直人 大地康雄 中村 蒼

   蓮佛美沙子 高橋和也 石橋静河

   津嘉山正種 中村嘉葎雄/橋爪 功

監督:山下智彦 脚本:金子成人 音楽:遠藤浩二

企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)

プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)清野正一郎(スカパー!)目黒正之(東映)井元隆佑(東映)

配給:東映ビデオ

制作:時代劇専門チャンネル/スカパー!/カンテレ/マイシアターD.D./東映

放送情報:時代劇専門チャンネルにて2019年2月9日(土)よる8時放送

上映情報:放送に先駆けて、2019年1月19日(土)より丸の内TOEIほか全国5大都市を中心に期間限定上映決定!

公式サイト:yaminohaguruma.jp

公式ツイッター:@yaminohaguruma

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

オリジナル時代劇「闇の歯車」メインビジュアル(C)2019「闇の歯車」製作委員会

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース