Cortica Automotiveがルネサスと協力し、システム・オン・チップのプラットフォームにAI機能を提供

Cortica

2019/1/9 14:56

Cortica Automotiveがルネサスと協力し、システム・オン・チップのプラットフォームにAI機能を提供

AsiaNet 77005 (0043)

【テルアビブ(イスラエル)2019年1月8日PR Newswire=共同通信JBN】

*業界で最も正確な自動車の知覚システムは今、R-Car V3Hシステム・オン・チップで展開

自律走行車の周辺環境における諸要素の知覚を劇的に高める-現在、利用可能な他のソリューションの能力を大きく上回っている-次世代の「Autonomous AI(自律人工知能)」の開発会社であるCortica(www.cortica.com )は8日、全自動車産業にわたる先進運転者支援システム(ADAS)および自動運転(AD)のアプリケーションの大規模展開への道を開く画期的なマイルストーンを発表した。

よりスマート、より安全、より優秀な自律走行車を可能にするCorticaの「Autonomous AI」ソリューションは、自動車産業向け処理装置の世界有数のメーカーであるルネサスから入手できる新しいR-Car V3Hシステム・オン・チップのソリューションに組み込まれる。Corticaは、人間が経験する方法を模倣し、その周囲の世界を取り込むための「教師なし学習」手法を利用した次世代の「Autonomous AI」の開発会社である。

Corticaは、ルネサスと協力して同社の先進的なプラットフォーム製品の展開を速やかに開始し、フロントフェーシング・カメラにはCorticaの最新鋭のコンピューター・ビジョン・システムを利用する。Corticaは、Corticaの技術のローコンピュート特性を活用し、ルネサスのR-Car V3H SoC(システム・オン・チップ)で直接入手可能な現在および未来の全てのADAS機能に対して最も正確な中心知覚エンジンを提供する。この協力の取り組みは初めて、ADASのために並ぶもののない精度とパフォーマンスレート、より迅速な反応時間、全般的な安全性向上を備えた最も強固で拡張性のあるオープンプラットフォームの知覚ソリューションを取り入れる。CESでのCorticaによるこのソリューションの発表は、比類のない実行時間でルネサスのチップにおいて直接動く新世代のより安全、よりスマート、より「気づく」車を実演する。

Corticaのイガル・ライヘルガーズ最高経営責任者(CEO)は「CorticaのAutonomous AI技術のR-Car SoCへの統合により、われわれはADASおよびAVに対する既存のSafety per Wattの技術的障壁を乗り越えた。さらに、われわれの知覚ソリューションは、従来の深層学習の3つの主要な致命的問題、すなわち(1)師なし学習に基づくエッジケースの方法論的カバレッジ、(2)AI(説明可能なAI)への可視性、(3)更新可能性とオンライン学習-に対処している」と語った。

ルネサスエレクトロニクス株式会社のAutomotive Technical Customer Engagement DivisionのVice Presidentであるジャンフランソワ・シュトー氏は「フロントカメラへの市場機会は急成長しており、顧客はオープンで実績のあるソリューションを切に求めている。ルネサスは、Corticaのような革新的な市場関係者と協力することにより、エンドツーエンドのルネサス自律プラットフォームを最適化しており、全体的に業績基準を高めるため、当社の高性能、低出力の技術を利用し、フロントカメラ向けのAutonomous AIを促進する」と語った。

▽Corticaについて

2007年にイスラエルで創設されたCorticaは、次世代のAutonomous AI(自律人工知能)を開発してきた。その手法は非常に複雑だが、前提は驚くほど単純であり、乗り物の使用可能性のthatus1は自ら考え、学ぶ。Corticaの「Autonomous AI」モデルは、人間が経験し、その周囲の世界と交流する方法を再現する教師なし学習の手法に基づいており、それにより、自動車(および全ての乗り物)は情報を学習し、予測し、推定することができる。Autonomous AIは、全自動車業界のために自律走行車の安全性と効率性のレベルを上げる。同社は現在、自動車、金融、警備、工業の各業界のニーズに応えることに重点を置いている。Corticaは、同社のAutonomous AI方式に関する発明で200以上の特許を持っており、AI業界におけるIP(知的所有権)のリーダーになっている。テルアビブに本社、ニューヨーク市に事務所があり、Corticaの従業員には、優れたAI研究者、エリートのイスラエル軍情報部隊の退役軍人が含まれている。

▽問い合わせ先

Scott Eisenstein

scott@sepr.co

+1 212 810 6544

ソース:Cortica

Cortica Automotive to Collaborate with Renesas, World's Leading Auto Processor Supplier; Delivers AI Capability in System-on-Chip Platform

PR77005

TEL AVIV, Israel, Jan. 8, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

  - The Industry's Most Accurate Automotive Perception System Now Deployed in

                           R-Car V3H System-on-Chip

Cortica (www.cortica.com), the developer of next-generation 'Autonomous AI'

that dramatically increases perception of the elements in the surrounding

environment of an autonomous vehicle -- far exceeding the capability of any

other solution currently available -- announced a groundbreaking milestone

today that will pave the way for mass deployment of Advanced Driver Assistance

Systems (ADAS) and Automated Driving (AD) applications across the entire

automobile industry.  

Cortica's 'Autonomous AI' Solution for enabling smarter, safer, and better

performing autonomous cars will be embedded onto the new R-Car V3H system-on

chip solution, available from Renesas, the world's leading manufacturer of

processors for the automobile industry. Cortica is the developer of next

generation 'Autonomous AI' that utilizes an 'unsupervised learning' methodology

to mimic the way humans experience and incorporate the world around them.

Cortica will immediately begin deploying its advanced platform product in

collaboration with Renesas, utilizing Cortica's state-of-the-art computer

vision system for front-facing cameras. Leveraging the low compute nature of

the Cortica technology, Cortica offers the most accurate central perception

engine for all current and future ADAS functions, available directly on the

Renesas R-Car V3H SoC. For the first time, the collaborative effort will

introduce a more robust and scalable open-platform perception solution

featuring unmatched accuracy and performance rates, faster reaction time, and

overall safety upgrades for ADAS. The solution demo by Cortica at CES will

demonstrate a new generation of safer, smarter, and more 'aware' auto running

directly on the Renesas chip with unparalleled execution times.

Cortica CEO, Igal Raichelgauz said "With the integration of Cortica's

Autonomous AI technology into the R-Car SoC, we have crossed the existing

technological barriers of Safety per Watt for ADAS and AV. Moreover, our

perception solution addresses 3 main showstoppers of traditional deep learning:

(1) methodological coverage of edge cases based on unsupervised learning (2)

visibility into the AI (explainable AI); and (3) updatability and online

learning."

"The market opportunity for front cameras is growing rapidly, and customers are

desperately seeking open and proven solutions," said Jean-Francois Chouteau,

Vice President, Automotive Technical Customer Engagement Division, Renesas

Electronics Corporation. "Renesas is optimizing its end-to-end Renesas autonomy

Platform by working with innovative market players, like Cortica, to utilize

our high performance, low power technology and accelerate Autonomous AI for

front cameras to increase performance standards across the board."

About Cortica

Founded in Israel in 2007, Cortica has created next-generation Autonomous AI.

Highly complex in its methodology yet stunningly simple in premise: the

enablement of machines thatus1 think and learn on their own. Cortica's

'Autonomous AI' model is based on an unsupervised learning methodology that

recreates the way that humans experience and interact with the world around

them so that cars (and all machines) can learn, predict and extrapolate

information.  Autonomous AI raises the bar on safety and efficiency of

autonomous vehicles for the entire automotive industry. The company is

currently focused on meeting the needs of the automotive, financial, security,

and industrial industries. Cortica holds over 200 patents for inventions

involving its Autonomous AI methods, making it an IP leader in the AI industry.

With headquarters in Tel Aviv and offices in New York City, Cortica's employees

include leading AI researchers and veterans of elite Israeli military

intelligence units.

Contact:

Scott Eisenstein

scott@sepr.co

+1 212 810 6544

SOURCE  Cortica

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中