米国で好評のFALKENの4×4&SUV用タイヤを国内で販売開始

住友ゴム工業

2019/1/10 16:00

2019年1月10日

住友ゴム工業株式会社

米国で好評のFALKEN(ファルケン)の4×4&SUV用タイヤを国内で販売開始

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)は、米国で販売され、ご好評いただいているFALKENの4×4&SUV用タイヤ、「WILDPEAK(ワイルドピーク)」シリーズ2商品と「ZIEX(ジークス)」シリーズ1商品を、3月1日から順次国内で発売します。

 「WILDPEAK」シリーズからは、さまざまな路面状況、天候でも高い性能を発揮するオールテレーンタイヤ※「WILDPEAK A/T3W(エーティースリーダブリュー)」を5月1日から、過酷な路面状況でも高いトラクション性能を発揮するオフロードタイヤ「WILDPEAK M/T01(エムティーゼロワン)」を3月1日から発売します。また、高速走行時の高いウエットグリップ性能と静粛性能を確立した、SUV/ピックアップトラック用ドレスアップタイヤ「ZIEX S/TZ05(エスティーゼットゼロファイブ)」を3月1日から発売します。発売サイズは各1サイズで、価格はオープン価格です。

※オンロードからオフロードまで対応する四輪駆動車向けタイヤ

1

2

■WILDPEAK A/T3W商品特長

剛性を高めたトレッドパターンと専用開発されたシリカコンパウンドを組み合わせることによって、オフロード路面での高い排石性と安定した走破性を実現するとともに、ライフ性能とウエット性能を高次元で両立しています。またスタッドレスタイヤに使われる3Dサイプ技術を応用して、ドライ路面でのハンドリング性能とウエット路面での優れたエッジ効果を発揮します。

■発売サイズ

  LT265/70R17 121/118R…5月1日発売

3

4

サイドウォールのブロックが鋭利な石からカットを防ぐ。オフロード走行では、トラクション性能を向上。

5

スタッドレスタイヤに使われる3Dサイプ技術を応用。ブロックの倒れこみを抑え、ドライ路面では軽快なハンドリング、ウエット路面では優れたエッジ効果を発揮。

6

ブロック端の階段状の傾斜がパターン剛性を向上。オフロード路面では排石性を高めながら安定した走破性を実現。

7

専用開発されたシリカコンパウンドがライフ性能とウエット性能を高次元で両立。

8

9

■WILDPEAK M/T01商品特長

サイドウォールに配置したブロックによってマッド路面でのトラクション性能を確保するとともに、トレッド部のブロック剛性を高めることでマッド、ロックといったあらゆるオフロード路面で優れたトラクション性能を発揮し、安定した走破性を実現します。

■発売サイズ

 LT245/75R16 120/116Q…3月1日発売

10

11

サイドウォールのブロックが鋭利な石からカットを防ぐ。マッド路面走行では、トラクション性能を確保。

12

トレッド部のブロック端の階段状の傾斜がパターン剛性を向上。マッド、ロックといったあらゆるオフロード路面で優れたトラクションを発揮し、安定した走破性を実現。

13

マッド路面では主溝の排泥を補助し、トラクション性能を確保、ロック路面ではトレッド溝底への石噛みダメージを緩和する。

14

15

■ZIEX S/TZ05商品特長

トレッド中央の主溝によって高速走行時のハンドリング性能を向上させるとともに、ショルダーブロックを大型化することでトレッド剛性を向上し、ウエット・ドライ路面でのハンドリングの安定性を実現します。

また、パターンのデザイン性を高めることでSUV/ピックアップトラック車両をファッショナブルにドレスアップします。

■発売サイズ

 265/60R18 110V…3月1日発売

16

17

トレッド中央の主溝によって高速走行時のハンドリング性能を向上。

18

ショルダーブロックを大型化することでトレッド剛性を向上し、ウエット・ドライ路面でのハンドリングの安定性を可能とする。

19

ショルダー部のラグ溝の幅の違いによって高速走行時のウエットグリップ性能を確保しつつ、高い静粛性能を実現。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中