セイコーのおかげでノバク・ジョコビッチ選手が最大の敵に立ち向かうためタイムアウトを取る

SEIKO

2019/1/10 14:36

セイコーのおかげでノバク・ジョコビッチ選手が最大の敵に立ち向かうためタイムアウトを取る

AsiaNet 77018 (0053)

【メルボルン(オーストラリア)2019年1月9日AAPメディアネット・インターナショナル=共同通信JBN】ATPランキングトップのスターで、セイコーウオッチ・ブランドアンバサダーでもあるノバク・ジョコビッチ選手はトレーニングスケジュールの合間を縫って最も困難な対戦相手、つまり自分自身とぶつかり合った。この世界ナンバー1のテニスプレーヤーは、世界初のバーチャルリアリティー・コンピューターゲームの中にいる特別に製作された自身のアバターと対決した。

SEIKO Australiaが特別に作った、実際に体験しているように感じられるゲームはラケットの感触さえリアリティーがあり、コートでのプレーができる限り本物の体験に近くなるように開発された。

高解像度の画像はマルチメディア・ニュースリリースを参照:

http://news.medianet.com.au/believe-advertising/novak-djokovic-takes-time-meet-greatest

イベント開催まで、テニスファンは特別に設計されたVRゲームをプレーし、メルボルンのフェデレーション・スクエアで戦い抜いた。トップ4人の勝者がノバク選手に会って限定版SEIKO Novak Djokovicウオッチを受け取るチャンスを獲得でき、また、SEIKO Australiaの厚意による1000ドルの小切手も受け取る。

The Novak Djokovic Foundation(ノバク・ジョコビッチ財団)を代表して、ノバク・ジョコビッチは同Foundationのために製作された特別な時計を舞台上で子供たち1人ずつに贈呈した。

また、質疑応答の時間でもメルボルンの聴衆に語りかけた。

「私がテニスをするのはこのスポーツに対する愛、喜び、情熱という純粋な気持ちのためだ。自分の中にそういう炎がある限り、続けていくつもりだ。」

「2012年全豪オープンで6時間にわたってナダル選手と戦った試合、あれが自分の今まで戦った中で最も素晴らしくてエキサイティングな試合として際立っている。」

「テニスコートでは1人きりだから私は自分の呼吸を意識するよう試みる。ボックスの方を向けば応援してくれる人がいるが、コートで行う全ては完全に自分の責任で非難も名声も自分次第だ。気が散る原因となるものが色々ある中で、自分の呼吸を意識し、その瞬間その場にいることを意識することによって、心から自分に集中することが大切だ。口で言うほど簡単なことではないけれど。」

「誰にとっても大きなストレスは大きな障害となるものだ。そのため、私自身、全てのアスリート、全ての人間にとって最大の支えは常に自分自身だという気がしている。ある程度自制し、自分の考えや感情をコントロールすることができる人は輝けるだろう」とジョコビッチ選手は述べた。

セイコーウオッチについての詳しい情報はwww.seikowatches.com を参照。

▽PR問い合わせ先

Adrian Falk

afalk@believeadvertising.com

believe advertising

phone +61-2-9388-0033

mobile +61-414-639-009

ソース:SEIKO

NOVAK DJOKOVIC TAKES TIME OUT TO MEET HIS GREATEST OPPONENT, THANKS TO SEIKO

PR77018

MELBOURNE, AUSTRALIA, Jan. 9, 2019/Medianet International=KYODO JBN/--

Novak Djokovic, the top-ranked ATP star and SEIKO watches brand ambassador,

took time out of his training schedule to meet his most challenging opponent

yet – himself. The world’s number one tennis star encountered a specially

created, avatar of himself, incorporated in a world first virtual reality

computer game.

Created especially by SEIKO Australia, the life like game was developed to make

playing on the court as authentic as possible with even the feel of the racquet

being realistic.

For high-res images, please visit the Multimedia News Release:

http://news.medianet.com.au/believe-advertising/novak-djokovic-takes-time-meet-greatest

Leading up to the event, tennis enthusiasts battled it out at Melbourne’s

Federation Square, playing the specially designed VR game with the top four

winners having the opportunity to meet Novak and receive a limited-edition

SEIKO Novak Djokovic watch with the winner receiving also a $1,000 cheque,

courtesy of SEIKO Australia.

In honour of The Novak Djokovic Foundation, Novak presented children, on stage,

each with a special watch created for The Foundation.

Novak also spoke to the Melbourne crowd in a Q&A session.

"I play tennis for the pure emotion of love, joy and passion towards the sport

and as long as there is that flare in me, I will keep on going."

"The match against Nadal that went on for 6 hours in the 2012 Australian Open -

that was the one that stands out as the greatest most exciting match I was ever

a part of."

"I try to be conscious of my breathing because on the tennis court you are by

yourself. You have your box you can turn to, to look for support but everything

you do on the court is completely up to you -  the blame and the credit. It’s

important with all these distractions to really centre yourself by being aware

of your breath and being there in the moment. It’s much easier said than done."

"High stress is always a great obstacle for anyone that’s why I feel like the

greatest support to me and every athlete and every human being is always

yourself. If you can master yourself in way and control your thoughts and

emotions, then you’ll be able to shine," says Djokovic.

For more information on SEIKO, please visit www.seikowatches.com

PR enquiries – Adrian Falk, afalk@believeadvertising.com,

believe advertising, phone +61-2-9388-0033 or mobile +61-414-639-009

SOURCE: SEIKO

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中