KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携

KDDI

2019/1/15 15:50

KDDI株式会社とエコモット株式会社は、法人向けIoTビジネスのスケール化の促進や、一次産業、防災、寒冷地対策など地域産業の高度化に向け、このたび、資本業務提携に合意しました。

2019/01/15

KDDI株式会社

エコモット株式会社

KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携

~豊富なデータセンシング技術とデータ解析を活用し、

一次産業・防災分野などの高度化をサポート~

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)とエコモット

株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也、以下 エコモット)は、IoT分野に

おいてKDDIが有する通信やクラウドプラットフォームと、エコモットが有するデータの

効率的なセンシング、通信デバイス開発技術、センサー選定ノウハウなどの「つなぐ力」

を組み合わせ、法人向けIoTビジネスのスケール化の促進や、一次産業、防災、寒冷地

対策など地域産業の高度化に向け、このたび、資本業務提携(以下 本提携)、に合意

しましたので、お知らせします。

 KDDIは本提携により、エコモットが発行する株式の一部(議決権比率の21.1%)を

取得し、持分法適用関連会社化しました。

【業務提携概要】

 ・「KDDI IoTクラウド Standard」の強化

 ・センサー端末ラインナップや新技術の共同開発

 ・新規IoTパッケージ商品の共同開発、および拡販

 ・両社の知見、技術を活用した地域産業の高度化(地方創生)

 ・両社の「強み」とするノウハウの相互流通、および人材交流

エコモットは、IoTを通じてより安心な社会の実現に貢献するため、「あなたの『見える』

を、みんなの安心に。」というコーポレートスローガンを掲げ、創業以来「IoTインテグ

レーション事業」を展開しており、IoTソリューションの企画、およびこれに付随する

通信デバイス製造、通信インフラ、アプリケーション開発ならびにクラウドサービスの

運用・保守に関する業務をワンストップで提供する事業を展開しております。

KDDIは、IoT分野において、クルマや産業機械に5GやIoTなど先端技術を組み合わせ、

グローバル規模で法人のお客さまのビジネスの効率化や生産性向上に加え、地域産業に

おけるデジタルトランスフォーメーションをサポートし、新たな価値の創出をさまざまな

パートナー企業と取り組んでいます。

 

さらに、両社は持続可能な社会の実現に向け、新たなIoTソリューションの開発を通じた

地方創生をコンセプトにさまざまな体験価値を共創していきます。

 

<参 考>

■KDDIについて

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”と

して、約3,900万を超える個人のお客さまには「au」ブランドの移動通信と固定通信に

加え、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育など、お客さまの

生活に新たな価値を提案していきます。

(1)商 号:KDDI株式会社

(2)事業内容:電気通信事業

(3)設立年月:1984年6月

(4)本店所在地:東京都新宿区西新宿2丁目3番2号

(5)代表者:代表取締役社長 髙橋 誠

(6)資本金:141,852百万円(2018年3月31日現在)

(7)連結社員数:38,826人(2018年3月31日現在)

■エコモットについて

エコモットは2007年の創業以来IoT専業のソリューションベンダーとして、センサー・

自社開発デバイスの提供を行うとともに、多様な顧客ニーズに応じたカスタマイズ、

現場での設置ノウハウを提供し、あらゆる「モノ・コト」からセンシングを可能に

するソリューションを提供しています。

 2017年6月に札幌証券取引所アンビシャス市場、2018年6月に東京証券取引所

マザーズへ上場しました。

(1) 商号:エコモット株式会社

(2) 事業内容:IoTインテグレーション事業

(3) 設立年月:2007年2月

(4) 本社所在地:北海道札幌市中央区北1条東2丁目5番2号

(5) 代表者:代表取締役 入澤 拓也

(6) 資本金:295百万円(2018年9月30日現在)

(7) 従業員数:95人 (2018年11月1日現在)

                                以 上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース