未来の形成:浙江大学はいかに人生を転換するか

浙江大学(Zhejiang University)

2019/1/15 17:00

未来の形成:浙江大学はいかに人生を転換するか

AsiaNet 77044(0077)

【杭州(中国)2019年1月14日新華社=共同通信JBN】責任、勤勉、誠実―。「真実を探求し革新を追求する」という校訓を体現する人物、浙江大学(Zhejiang University, ZJU)のイムラン・ハイデル・シャムシ准教授によると、これらが豊かな人生の3つの信条である。

ZJUの18年は、大学生から博士号取得、博士課程修了者から農業・バイオテクノロジー校農学部で外国人初のメンバーになるまで、シャムシ氏が才能を伸ばす助けになった。

シャムシ氏は「私はZJU でZJUによって ZJUになった。私はパキスタンの先祖、家族と自分の信念―「決してアイデンティティーを失わない」―を承知している。しかし、寛大な心で中国文化も身に着けた」と話した。

シャムシ氏はZJU生として与えられた機会を利用して、次世代ZJU生の育成を助ける講師の役割に極めて熱心であり、2016年National University Young Teacherコンペ優勝など多くの賞を手にしている。シャムシ氏は、中国トップ級の研究集約型大学であるZJUが知識の創出、普及で先駆的な環境を提供していると考えている。

学問の自由はZJU全体で感じられ、学際協力の追求、実社会問題に対する研究の応用、新しいアイデア、コンセプトの探究を積極的に奨励している。

それはZJUの国際設計研究院が明示する手法であり、リンイン・サン副院長は「われわれはほかの専攻の教授、学生を迎えるのが得意である。われわれは最も創造的なエリアは科学がアート、デザイン、エンジニアリングで出会うところとみており、これら4分野がまとまれば大きな機会がもたらされる」と説明した。

また「われわれのアイデアはいかに未来を生み出すかに関わっており、ZJUはその環境、(杭州を本拠とする中国eコマースの大手企業)アリババとの共同研究、地元メーカーの背景という面で特異である。われわれに学生のアイデアの市場移転を奨励する機会があることは極めて興味深い」と述べた。

ZJUのデザイン学生による最新の作品展示は、折り紙ロボット、電動自転車、自然の「ホワイトノイズ」をシミュレーションしてユーザーが浅い眠りに入るのを助けるテクノロジー枕などである。さらに、展示された照明製品は商業的に大成功を収めた。

ZJUの授業ではイノベーションも明白で、2018年には最も創造的で人気ある講師の1人、ウェン・カイ氏がYongping Outstanding Teaching Contribution Awardを受賞した。彼が担当する年間14コースの授業は出席者が多く、大規模公開オンライン講座(MOOCs)には200万人が登録している。

授業スタイルについて質問すると、ウェン氏は「私はやや“ワイルド”な教師で、通常のやり方では訓練を受けていない。卒業して授業に適しているかもしれないと思い、それをやりたかった」と控えめに答えた。また「実際、浙江大学には学生に教える方法でとてもいい伝統がある。私はここを卒業し、ここで教師の経験がある。クラスでは、私の先生から教えてもらった一部の例を使うこともある。だから、相続、遺産のようなものだ」と続けた。

ウェン氏は23年にわたりZJUの授業・教育改革の最前線にいた。ZJUで教師と学生の緊密な関係が成功に不可欠と考えている。「ここの学生は大家族の一員と感じている。われわれはとても親密だ」と述べた。

ZJUの学生のトップ5%が出席するChu Kochen Honours Collegeの学生、マー・ケイさんはその点を強調し、いかにサポートされているか熱心に例を示した。

彼女は「大学は私に多くのリソースを与えてくれた。私には研究して論文を発表する機会がある。一方、経験を得るインターンをして、理論を実践に応用することができる。アイデアがあってそれを実践したければ大学が助け、海外留学したければ大学が資金を提供し、価値があり意味があることをやりたければ大学がサポート、リソースを提供してくれる」と話した。

ZJUには、国際コンペで成功した学生をサポートしてきた目を見張る記録がある。2018年、ZJUは東京国際合唱コンクール、ロボカップ、International Genetically Engineered Machine competition(iGEM、遺伝子回路設計の国際コンペ)で優勝した。

サッカーW杯のロボット版であるロボカップはカナダのモントリオールで開催され、ZJUチームは革新的なアイデアを披露するチャンスを与えられた。ロボット工学と人工知能研究を推進し、テクノロジーの進歩を後押しするべく設計された。

優勝チームの一員、チェン・ツェシ氏は予期しない成功だったことを明かし、「われわれは小規模リーグで勝ったが、それはすごいことだった。2013年と2014年は勝ったが、今年は新イノベーションを試していたので、チャンピオンになれるとは思っていなかった。われわれに大きなサポートと資金提供をしてくれた大学をほめたたえたい」と話した。

ZJUが定めた目標には、文明の高度化、社会奉仕と先導に加えて、国家繁栄、社会発展、人類の進歩の推進が含まれている。その方針は、シャムシ氏が約20年前にしたように、学生とスタッフが卓越できるプラットフォームを提供することである。どこから来た人でも、どんな経歴でも、ZJUは彼らの進化の先導を熱望している。

シャムシ氏は「外国の人材が自分たちを外国人とみなす必要はない。代わりに、今いる社会の一員と考えれば貢献できる。人生、自身、仕事、家族、組織に責任をとりなさい。勤勉を恐れるな。家族、伝統、国、働いている組織に誠意を示しなさい」と語った。

また「秘密を教えよう。私は毎朝ZJUに着くと、尊敬と名誉を与えたのはZJUだと自分に言い聞かせ、その信念で一日を始める。私がこの大学に抱いている愛である」と述べた。

ソース:Zhejiang University

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=328190

(写真説明:自分の学生と水田にいるシャムシ准教授)

Shaping the future: How Zhejiang University transforms lives

PR77044

HANGZHOU, China, Jan.14, 2019/Xinhua=KYODO JBN/--

Responsibility. Hard work. Loyalty. These are the three tenets of a good life

according to Zhejiang University Associate Professor Imran Haider Shamsi; a man

who embodies the university's motto: seeking truth, pursuing innovation.

Eighteen years at ZJU has helped to cultivate Shamsi's talent, from

undergraduate student to Ph.D. and Postdoc holder to becoming its first foreign

faculty member of the Department of Agronomy, College of Agriculture and

Biotechnology.

"I was made in ZJU by ZJU and for ZJU," says Shamsi. "I know my Pakistani

ancestors and my family and my beliefs; I never lose my identity. But I have

also adopted the Chinese culture with a very open heart."

Having embraced the opportunities offered to him as a student of ZJU, Shamsi is

deeply passionate about his role as a teacher helping nurture future

generations of ZJU students and he has amassed multiple awards, including the

first place in the 2016 National University Young Teacher's competition. He

believes ZJU, as one of China's leading research-intensive universities, is

providing a pioneering environment for the creation and dissemination of

knowledge.

Academic freedom is felt throughout ZJU and positively encourages the pursuit

of interdisciplinary collaboration, the application of research to real-world

problems, and the exploration of new ideas and concepts.

It is an approach that manifests in ZJU's International Design Institute, as

its deputy director Lingyun Sun explains: "We are good at inviting professors

and students from other majors to join us. We think the most creative area is

where science meets art, meets design, meets engineering -- these four areas

coming together can provide immense opportunities."

"Our ideas are concerned with how we can invent the future and ZJU is unique

because of the environment, because of our joint institute with Alibaba (the

Chinese e-commerce giant headquartered in Hangzhou) and because of the local

manufacturing background. It is very interesting for us to have the opportunity

to encourage students to transfer their ideas into the market."

The latest exhibition of ZJU design students' work included origami robots, an

electric bicycle and a technology pillow that helps users enter a shallow sleep

by simulating the 'white noise' of nature. Additionally, a lighting product

that was on show is proving a huge commercial success.

Innovation is also evident in the teaching at ZJU and in 2018 one of its most

creative and popular instructors, Weng Kai, was honoured with the Yongping

Outstanding Teaching Contribution Award. Across the 14 courses per year he

teaches, Weng's classes are heavily attended, while he has also attracted 2

million registrations for his Massive Open Online Courses (MOOCs).

"I'm kind of a 'wild' teacher in that I wasn't trained in a normal way. I

graduated, thought maybe I could be good at teaching and wanted to do it,"

offers Weng modestly when asked about his teaching style. "Actually, Zhejiang

University has a very good tradition in how it teaches students. I graduated

here, and I have the experience of the teachers here. I even use in my classes

some of the examples taught to me by my teachers, so it's like an inheritance,

a legacy."

Weng has been at the frontline of teaching and education reform at ZJU for 23

years. He believes that the close relationship between teachers and students at

ZJU is crucial to success. "The students here feel part of a big family, we are

quite close."

Emphasising that point, Ma Keyi, an undergraduate in Chu Kochen Honours

College, which is attended by the top 5% of ZJU's students, is eager to give

examples of how she has been supported in her endeavours.

"The college provides us with a lot of resources," she says. "I have

opportunities to do research and publish papers. Meanwhile, I can do

internships to gain experience and put theory into practice. If you have an

idea and you want to implement it the college will help you, if you want to

study abroad the college will fund it, if you want to do anything that is

valuable or meaningful the college supports you and will provide the resources."

ZJU also has an impressive record of supporting its students to achieve success

in global competitions. In 2018 the university claimed victories at the Tokyo

International Choir Competition, the RoboCup and the International Genetically

Engineered Machine competition.

The RoboCup -- a humanoid version of football's World Cup -- was held in

Montreal, Canada and offered the team from ZJU the chance to demonstrate their

innovative ideas in a competition that is designed to promote robotics and

Artificial Intelligence Research, as well as push advances in technologies.

Chen Zexi, a member of the victorious team, revealed it was a surprise success:

"We won the small size league. It was amazing. We won in 2013 and 2014 but this

year we did not think about being champions because we were trying out new

innovations. I have to give credit to the university for the great support we

get and the funding."

ZJU's stated aims include advancing civilization, serving and leading society,

and promoting national prosperity, social development and human progress. Its

policies are providing the platforms for its students and staff to excel, just

as it did with Shamsi nearly two decades ago. Wherever a person comes from, and

whatever their background is, ZJU is eager to guide their evolution.

"A foreign talent should never consider themselves as a foreigner," Shamsi

says, "Instead, consider yourself as part of the society where you are and then

you can contribute. Take responsibility for life, yourself, your work, your

family and your organisation. Never be afraid of hard work. Show loyalty

towards family, tradition, country, and the organisation you work for."

"I will tell you a secret: Every morning when I arrive at work at ZJU, I tell

myself that it was ZJU that gave me respect and honour, and with this belief I

start my day. This is the love I have for this college."

Source: Zhejiang University

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=328190

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

自分の学生と水田にいるシャムシ准教授

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中