『共生社会ホストタウンサミットin宇部』を開催

宇部市

2019/2/8 15:10

平成31年2月8日

宇部市

『共生社会ホストタウンサミットin宇部』を開催

~全国の共生社会ホストタウン登録14自治体が集結し共生の理念を宇部市から全国へ~

 山口県宇部市(宇部市常盤町一丁目7番1号、市長:久保田后子)は、宇部DMO協議会(会長:菊永 福芳)と共同で、2020年東京オリンピック・パラリンピックを控えて、全国の共生社会ホストタウン登録団体と連携して、平成31年2月16日、17日に宇部市ときわ湖水ホールで「共生社会ホストタウンサミットin宇部」を開催します。

 本イベントは、「『共存同栄』共に暮らし、輝かしい未来へ」をテーマとして、スポーツのみならず、UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)に代表されるアートや、障害者、高齢者、外国人など、特に配慮が必要な観光客に寄り添うツーリズムの造成など、本市の特性を生かした内容を盛り込み、開催するものです。

 イベントでは、本市を含む、共生社会ホストタウンに登録された全国14自治体が集まり、各自治体の取組みの紹介やトークセッションを行うとともに、パラリンピアンによる講演やパラスポーツ体験会などを行います。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

金澤翔子 書のパフォーマンス

ボッチャ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中