CATLは世界初かつ中国最大のBESSマルチミックスエネルギー発電所(100MWh)を送電網に接続

Contemporary Amperex Technology Co., Limited

2019/1/31 14:39

CATLは世界初かつ中国最大のBESSマルチミックスエネルギー発電所(100MWh)を送電網に接続

AsiaNet 77282 (0156)

【ゴルムド(中国)2019年1月30日PR Newswire=共同通信JBN】中国を本拠とするリチウムイオン電池メーカーであるContemporary Amperex Technology Co., Limited(CATL)は、中国で初めて風力発電(400MW)、太陽光発電(200MW)、集光型太陽光発電(50MW)、エネルギー貯蔵システム(ESS)(100MWh)を送電網上に1つの統合システムとして一体化したLuneng Haixiマルチミックスエネルギー実証プロジェクト(以下、「プロジェクト」)の一環として、世界初かつ中国最大のバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)マルチミックスエネルギー発電所(以下、「発電所」)を納入した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190130/2360931-1

発電所は、変動があり、とりわけ不安定なエネルギー源を持つ3つの異なる再生可能エネルギーを調整し、需要の変動に常時対応することが求められており、そのバッテリーとバッテリー管理システムはシステムの信頼性にとって極めて重要である。プロジェクトの独占的バッテリーサプライヤーであるCATLは、製品の設計、開発段階でこの要件を克服し、BESSの送電網への接続試験と稼働開始に要したのはわずか17日だった。

CATLの副会長兼最高戦略責任者であるフアン・シリン氏は「発電所はこの種初の、電気化学エネルギー貯蔵システムと統合された多機能集中型発電所だ。その技術的信頼性と手頃な価格は、様々な再生可能エネルギー利用のさらなるグローバル展開を促進するだろう」と語った。

エネルギー貯蔵所建設の際の最優先事項は安全性である。信頼できる素材を選ぶことで、CATLは故障事故と二次被害急増の可能性を最小にしている。CATLはまた、潜在的故障モード・影響分析(FMEA)設計プロセスに従い、製品の開発、製造および管理の初期段階でリスクを特定し、リスク軽減計画を実行して、適切に設計されたバッテリーセル、モジュール、キャビネット、制御システムを備えたバッテリーシステムの安全な稼働を確保している。3層のリレー保護システムを活用して、CATLはさらに過充電・過放電、過電流でダメージを受けてもバッテリーシステムの性能を保証、温度の高すぎ、低すぎの稼働条件も緩和している。

CATLと業界が直面する安全性と性能の重要課題の1つが、温度管理である。発電所が設置されたのは、気温が摂氏-33.6度から35.5度まで変わるゴルムド。バッテリーの性能を15年間保証するため、CATLは通気・気流設計を使用しキャビネットの温度を一定に保つ冷却システムを導入した。バッテリー管理ユニットが、温度の懸念を検知すると直ちにバッテリー冷却システムを起動。一方、予備充電電力が、低温下での充電で起きる容量ロスあるいはリチウムプレーティングからバッテリーを保護する。

加えて、ゴルムドは活発な地震帯に位置し、振動や衝撃の吸収が求められるため、プロジェクトには厳しい構造的要件もある。CATLの最先端の試験・検証センターは、厳格な試験とシミュレーションを実施、同社のバッテリーがマグニチュード8の地震が起きても耐えられることを証明した。

中国電力研究所の主任研究員であるフイ・ドン博士によると、この発電所は「仮想同期発電機を備えた世界初かつ中国最大の電気機械エネルギー貯蔵所」である。発電所を重要な部分とし、年間発電量12万6250MWh(40万1500トンの石炭発電エネルギーに相当)を見込むプロジェクトは、様々な新エネルギー利用の好例であり、それにより世界中のスマートグリッド(次世代送電網)利用の基準が設定されることになるだろう。

▽CATLについて

CATLは、電気自動車およびエネルギー貯蔵システム用のリチウムイオン電池の製造を専門とする中国最大のバッテリープロバイダーである。同社は、新エネルギーの推進、EVとESSバッテリー技術を通じた世界の変革に全力を尽くしている。CATLの年間販売量には、2017年に12GWhに達したEVとESS電池が含まれており、2018年のEV電池設置量は23.43GWhだった。

http://www.catlbattery.com/en

ソース:Contemporary Amperex Technology Co., Limited

CATL Connects World's First and China's Largest BESS Multi-Mixed Energy Power Station (100MWh) to the Grid

PR77282

GOLMUD, China, Jan. 30, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Contemporary Amperex Technology Co., Limited (CATL), a China-based manufacturer

of lithium-ion batteries, has delivered world's first and China's largest

battery energy storage system (BESS) multi-mixed energy power station ("the

Station") as part of the Luneng Haixi Multi-mixed Energy Demonstration Project

("the Project"), which is the first of its kind in China to integrate wind

(400MW), photovoltaic (200MW), concentrated solar power (50MW), and an energy

storage system (ESS) (100MWh) into one unified system on the grid.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190130/2360931-1

The Station coordinates three different renewable, with fluctuating and

particularly unstable, sources of energy and is required to respond

consistently to fluctuating demand, making its batteries and battery management

system crucial to the reliability of the system. CATL, the exclusive battery

supplier for the Project, overcome the requirements during product design and

development stage and took merely 17 days to test and commission the BESS to

the grid.

Huang Shilin, Vice Chairman and Chief Strategy Officer of CATL, said, "The

Station is the first of its kind - a multi-functional, centralized power plant

integrated with an electrochemical energy storage system. Its technical

reliability and affordability will promote further global deployment of

different renewable energy applications."

The first priority when building an energy storage station is safety. By

selecting reliable materials, CATL minimize the possibility of failure incident

and second damage explosion. CATL also follows the Potential Failure Mode and

Effects Analysis(FMEA) design process to identify risks and execute risk

mitigation plans in early stages of product development, manufacturing and

management to ensure safe operation of the battery system with well-designed

battery cell, module, cabinet and control system. Utilizing a three-layer relay

protection system, CATL further assures performance of the battery system from

damages caused by over-charging/discharging, over-current, mitigate over and

under temperature working conditions.

One of the key challenges of safety and performances that CATL and the industry

face is thermal management. The Station, installed at Golmud where temperature

varies from -33.6 to 35.5 degrees Celsius. To ensure 15 years of battery

performance, CATL has deployed a cooling system that uses air passages and air

flow designs to maintain a consistent cabinet temperature. A battery management

unit will kick-in the battery cooling system as soon as it detects thermo

concerns, while pre-stored electricity protects the battery from capacity loss

or lithium plating caused by charging in cold temperatures.

In addition, the Project has tough structural requirements, as Golmud lies in

an active seismic zone, which calls for vibration and shock absorption. CATL's

state of the art Test & Validation Center carried out rigorous testing and

simulation to prove its batteries are able to withstand a potential earthquake

of magnitude 8.

According to Dr. Hui Dong, Chief Scientist of China Electric Power Research

Institute, the Station is "the World's first and China's largest

electromechanical energy storage station with virtual synchronous generator."

With the Station as an important part and an expected annual electricity

generation amount of 126,250MWh (401,500 tons of coal generated energy), the

Project is expected to be a good showcase of different new energy applications,

thereby setting standards and smart grid applications around the world.

About CATL

CATL is China's largest battery provider specializing in the manufacturing

lithium-ion batteries for electric vehicles and energy storage systems. It's

devoted to promoting new energy, changing the world via EV & ESS battery

technology. CATL's annual sales volume includes EV & ESS batteries amounted to

12GWh in 2017, EV battery installation volume of 2018 was 23.43GWh.

http://www.catlbattery.com/en

SOURCE  Contemporary Amperex Technology Co., Limited

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中