早稲田の学生が地域で活躍する先輩から人生を学ぶ「先輩に会いに⾏こう!(秋⽥編)」開催

早稲田大学

2019/3/1 17:30

2019-03-01

早稲田大学教務部教育連携課

早稲田の学生が地域で活躍する先輩から人生を学ぶ「先輩に会いに⾏こう!(秋⽥編)」開催

早稲田大学は、2019 年3 月13 日(水)から3 月16 日(土)の期間で、

秋田県において校友連携プログラム「先輩に会いに⾏こう!」を開催します。

このプログラムは本学における地域連携の一環として、

2017 年9 月に開始しました。早稲田大学の現役学生が日本各地で活躍する

早稲田の先輩(校友)を訪問し、地域での生活を体験しながら先輩方の話を聞く、

早稲田大学と全国の校友会支部(卒業生の組織)が連携したプログラムです。

先輩方が卒業後、どのような人生を送り、何が転機となり、そして今、

地域で何にこだわりながら、どのような夢に向かっているのか、

実際に地域で活躍している先輩方の話を聞くことは、今後の進路や

人生に悩む学生に、気づきをもたらします。また、地⽅の現実や魅⼒を深く知り、

将来地⽅で働くことを目指すきっかけにもなります。

※本プログラムは就業体験等を⾏うインターンシップではありません。

【実施概要】

・名称先輩に会いに⾏こう!秋田編

・主催早稲田大学教務部教育連携課

・協⼒早稲田大学校友会秋田県支部

・期間3 月13 ⽇(⽔)〜3 月16 日(土)※スケジュールは次頁参照

・参加学生数4 名(①政治経済学部3 年、⻑野県出⾝②人間科学部2 年、⼤分県出⾝

③文化構想学部2 年、秋⽥県出⾝④文学部2 年、東京都出身)

【学生が訪問する先輩※下記の先輩方以外にも期間中多数の先輩方にお会いします】

・松橋拓郎さん(農家、教育学部卒)

大潟村松橋ファーム3代目。農家の⻑⼦として⽣まれるも、

歴史の教師を目指して進学。ひょんなことから農業に目覚めて欧州農業遊学、

北海道農業研修、東京の⼋百屋での修⾏を経て2011 年より地元で就農。

酒米が種から日本酒になるまでの過程を通して人がつながる

「農家がつくる日本酒プロジェクト」仕掛け人としても活躍中。

・齋藤彩子さん(秋田ノーザンハピネッツ株式会社、教育学部卒)

大学卒業後、予備校に就職し教務事務、校舎運営に従事。その後、

秋田に戻り地元ケーブルテレビ局で働いたのち、同社に転職。

アリーナ運営担当として、シーズン30 試合のホームゲームの運営

全般を担う。テーマは「ハッピーとワクワク」「感動するアリーナ」。

来場するお客様に「また来たい」と思ってもらうための会場づくりと

して、人物手配など当日運営の他、企画、演出、プロモーション、

集客など業務内容は多岐にわたる。

【地方創生と早稲田大学】

早稲田大学には現在約5 万人の学生が在籍していますが、

そのうち約1 万5 千人が1 都3 県以外からの学生、

2018年度現在で約7,500 人が外国人学生と、

日本において多様性やグローバル化が最も進んでいる大学の一つです。

地方から本学に入学し、卒業後、地元を含めた地方で活躍するために、

学生が本学の地域連携の取り組みや地方体験をし、

卒業後、UIターン就職や地方活性化に通じる起業等で地方に貢献する。

このような人材の育成・輩出は、本学が担うべき重要な責務のひとつと考えています。

地方創生が国家的な重要課題として位置付けられる中で、

本学では国内外のさまざまな地域と連携し、地域課題の解決に取り組んでいます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

早稲田大学教育連携課

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中