ハイアールが初のダストフリー洗濯機を発表

ハイアール(Haier)

2019/3/15 14:26

ハイアールが初のダストフリー洗濯機を発表

AsiaNet 77867 (0426)

【上海2019年3月14日PR Newswire=共同通信JBN】世界の主要家電メーカーのハイアール(Haier)は、2019 Appliances & Electronics World Expo 2019(AWE 2019)で業界初のダストフリー洗濯機を発表し、洗濯テクノロジーにおける革命的な飛躍的進歩を遂げた。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190314/2403568-1

(ハイアールが初のダストフリー洗濯機を発表)

この製品は、洗濯槽の底部であっても完全に密閉されたシングルバケット構造を生み出すバレルフリー設計を採用しているため、内側洗濯槽は常に清潔であることが保証されている。この洗濯機は、センシング・テクノロジーを使用してスマートスピードとアラインメント制御を実現し、洗濯水が内側洗濯槽に保持され、洗濯槽の底の穴が閉じられ、排水時にのみ自動的に開き、ひずみや汚れの蓄積を防ぐようになっている。

ダストフリー洗濯機のもう一つの特長は、内側洗濯槽の処理量である。外層がないため、従来の洗濯機が8.5キロの処理負荷にしか処理できないのに比べ、これは10キロを処理できる。

この製品は、内側洗濯槽へのダスト流入を防ぐために、2014年にクリーンフリー洗濯機を導入し、2016年に洗濯槽間にウオーターフリー・テクノロジーを導入して以来、顧客の要求を満たして業界の革命をリードするというハイアールのコミットメントを反映している。

洗濯機業界が安定した開発サイクル入りする中、ハイアールが持続可能な開発を達成するのをサポートする重要な開発は、顧客の個々のニーズを把握し、製品開発における技術革新を推進することである。ハイアールの洗濯機事業は、研究開発に世界中の資源を統合し、優れた製品を顧客に紹介してきた。2018年のユーロモニター洗濯機ブランド売上高リポートによると、ハイアールは10年連続でリテール首位にランクされている。

▽ハイアール(Haier)について

Haier Home Applianceは世界ナンバーワンの家電ブランドで、世界市場シェアは10.5%を占める。同社のブランドには、ハイアール、Casarte、中国のLeader、米国のGE Appliances、ニュージーランドのFisher & Paykel、日本のアクアなどがある。現在、Haier Home Applianceは、まさに世界的なスマートホーム・エコシステムを構築する中、従来型のメーカーから開かれた起業家プラットフォームへと変革を遂げつつある。そうすることでハイアールは、同社の製品・サービスのユーザー価値の向上を継続しつつ、世界中の顧客に相互接続されたスマートホーム体験を提供している。詳細は、http://www.haier.net/en/ を参照。

ソース:Haier Home Appliances

Haier Launches First Dust-free Washing Machine

PR77867

SHANGHAI, March 14, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Haier, a global leading home appliance manufacturer, has launched the industry's

first dust-free washing machine at the 2019 Appliance & Electronics World Expo

(AWE 2019), marking a revolutionary breakthrough in washing technology.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190314/2403568-1

(Haier Launches First Dust-free Washing Machine.)

The product utilizes a no-barrel design which creates a fully-enclosed

single-bucket structure even at the bottom of the washing barrel, which ensures

that the inner barrel of the washer is always clean. The washing machine uses

sensing technology to achieve smart speed and alignment control so that the

washing water is kept in the inner barrel and the holes at the bottom of the

barrel are closed and will only be opened automatically upon draining, which

avoids strains and dirt accumulation.

Another highlight of the dust-free washing machine is the maximum volume of the

inner barrel. As it has no outer layer, it can handle a 10-kilogram washing

job, while traditional machines can only handle 8.5-kilogram loads.

The product echoes Haier's commitment to meeting customer demands and leading

the industrial revolution since its introduction of a clean-free washer in 2014 and

water-free technology between barrels in 2016, avoiding dust entering the inner barrel.

As the washing machine industry enters a stable development cycle, the key

development that will help Haier achieve sustainable development is to tap the

individual needs of customers to drive technological innovation in product

development. Haier's washing machine business has been integrating global

resources in research and development and introducing premium products to its

customers. According to Euromonitor's washing machine brand sales report in

2018, Hair has ranked No.1 in retail for 10 consecutive years.

About Haier

Haier Home Appliance is the world's No. 1 home appliance brand, with a 10.5%

global market share. Its brands include Haier, Casarte, and Leader in China, GE

Appliances in the US, Fisher & Paykel in New Zealand, and AQUA in Japan.

Currently, Haier Home Appliance is transforming from a traditional manufacturer

to an open entrepreneurship platform as it constructs a truly global smart home

ecosystem. In doing so, Haier is continuously enhancing the user value of its

products and services, providing interconnected smart home experiences for

customers everywhere. For more information, visit: http://www.haier.net/en/

SOURCE  Haier Home Appliances

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中