JFA × KIRIN × KDDI 5G時代を見据えて新たな「観戦体験」を。 XRテクノロジーを日本代表戦に導入開始

KDDI

2019/3/25 14:00

2019年3月25日

公益財団法人日本サッカー協会

キリン株式会社

KDDI株式会社

JFA × KIRIN × KDDI

5G時代を見据えて新たな「観戦体験」を。

XRテクノロジーを日本代表戦に導入開始

「キリンチャレンジカップ2019」で、新しい応援はじまる!

第1弾は3月26日ボリビア戦で「ARサッカー観戦」を実施

 公益財団法人日本サッカー協会(東京都文京区、会長:田嶋幸三、以下 JFA)、サッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリン株式会社(東京都中野区、代表取締役社長:磯崎功典、以下 キリン)、サッカー日本代表サポーティングカンパニーであるKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)の3社は、JFAが主催する「キリンチャレンジカップ2019」において、お客さまの応援体験をより価値あるものにすることを目的に、5G時代を見据えて「XRテクノロジー」を導入します。サッカー日本代表戦のスタジアム観戦に通信やXRのテクノロジーを導入することで、より楽しく、より快適で、臨場感のある観戦体験の提供を目指します。

 XRテクノロジー導入の第1弾として、2019年3月26日「キリンチャレンジカップ2019」日本対ボリビア戦では、AR技術を活用した「ARサッカー観戦」のサービスをスタジアムの一部シートで実施します。本施策では、様々な角度からのカメラ映像観戦に加え、スタッツを用いた試合結果の予想、ハーフタイム中に楽しめるカジュアルARゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」が、自席に設置されたタブレットでお楽しみいただけます。

 JFA、キリン、KDDIの3社は、今後最新テクノロジーを活用し「キリンチャレンジカップ」の観戦を盛り上げていきます。

 XRテクノロジーの1つとして今回導入する「ARサッカー観戦」

■「ARサッカー観戦」の概要

対象試合:「キリンチャレンジカップ2019」SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ボリビア代表戦

開催日時:2019年3月26日 19:30キックオフ(予定)

テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継 19:00〜21:30  

開催地:ノエビアスタジアム神戸(兵庫県神戸市兵庫区御崎町1丁目2−2)

1.視点ジャンプとスタッツ表示

 自分の好きな視点から試合を観戦できる視点ジャンプと、チーム・選手ごとのスタッツを表示。

 スタッツはリアルタイムに更新され、観戦中の試合をより詳細に楽しめる。視点ジャンプではTV中継を行うフジテレビジョンの協力も得て実現。

2. スタッツゲーム

 試合前に、シュート数やボール支配率などの様々なスタッツで試合結果を予想するゲーム。

3.ARゲーム

 ARのカジュアルゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」。

 ハーフタイムなど、試合中以外の時間でAR空間上に現れたゴールの的を打ち抜くゲームを楽しめる。

<視点ジャンプ>

<スタッツゲーム>

<ARゲーム>

■キリンのサッカー日本代表応援

キリンは1978年からサッカー日本代表を応援し、2015年4月よりオフィシャルパートナーとなりました。

新コーポレートスローガン「よろこびがつなぐ世界へ」のもと、2019年は「新しい応援、はじまる」をメッセージとし、ファンとサッカー日本代表の応援をするとともに、人と人の絆づくりのための取り組みなど、サッカーを通じた様々な応援活動を実施していきます。

キリンのサッカー応援について詳細はこちら

https://www.kirin.co.jp/csv/soccer/

■au BLUE CHALLENGE

全力を全力で応援する。懸命なプレーをする選手たちとともに、わたしたちauも挑戦します。

勝利へのサポートから、新視聴スタイルの提案、あるいはプロダクトの開発まで。

auがもつ通信テクノロジーを生かして、「あたらしいサッカー体験」の創出に挑み、

サッカー日本代表を全力で応援していきます。

味わったことのない興奮を、みなさんと。

au BLUE CHALLENGEについて詳細はこちら

https://www.au.com/pr/soccer/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース