「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」閉幕(5/19)間近! グッズもお見逃しなく!

2019年5月9日

ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代

会場でしか手に入らない

展覧会オリジナルグッズが買えるのは閉幕まで!

お見逃しなく!

国立西洋美術館で開催中の「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」(主催:国立西洋美術館、ル・コルビュジエ財団、東京新聞、NHK)が5月19日(日)で閉幕します。会場でしか手に入らない人気のオリジナルグッズを紹介します。

ル・コルビュジエが編集長を務めた総合芸術誌「エスプリ・ヌーヴォー」の創刊号の表紙と、展覧会のロゴマークがデザインされたトートバックとTシャツ。

トートバッグ 各¥850 (税込) ※図録とセットでお得に!

※図録とセットでお得に!

Tシャツ ¥3,000 (税込)

ル・コルビュジエのトレードマークである丸メガネと蝶ネクタイをあしらった展覧会のロゴマーク入りミニタオル。

ミニタオル 各¥700 (税込)

現代の暮らしに馴染む“日々の菓子”を提案する和菓子店、HIGASHIYAとのコラボ商品。コルビュジエ建築に使われる色彩パターンを取り入れたオリジナルスリーブで、スティックタイプの手作り最中2種(紫芋餡、黒胡麻餡)をまとめました。

HIGASHIYA 最中 ¥2,160 (税込)

<展覧会開催概要>

 若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。ル・コルビュジエと、ピカソやブラックらをはじめとする同時代の絵画や彫刻のほか、建築模型、建築図面、映像や書籍などの資料をあわせた約130点で、ル・コルビュジエの理念をル・コルビュジエが作りだした世界遺産建築の中で体感できる、稀少な展覧会です。

展覧会名:国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

会期:2019年2月19日(火) ~ 5月19日(日)

会場:国立西洋美術館 本館 〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

開館時間:午前9時30分~午後5時30分(毎週金曜日・土曜日は午後8時まで)*入館は閉館の30分前まで

休館日:5月13日

主催:国立西洋美術館、ル・コルビュジエ財団、東京新聞、NHK

お問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600

展覧会公式HP:https://www.lecorbusier2019.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Tシャツ ¥3,000 (税込)

HIGASHIYA 最中 ¥2,160 (税込)

トートバッグ 各¥850 (税込) ※図録とセットでお得に!

ミニタオル 各¥700 (税込)

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代
  • 所在地 東京都
  • 業種 芸術・エンタテイメント
  • URL https://lecorbusier2019.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中