紀伊國屋書店 アブダビ店を来年(2020年)開店

紀伊國屋書店

2019/6/5 17:00

2019年6月5日

株式会社紀伊國屋書店

紀伊國屋書店 アブダビ店を来年(2020年)開店

 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、来年(2020年)アブダビ店を開店いたします。

 アブダビ店は、今年(2019年)9月に拡張予定のモール「ザ・ギャレリア」内の店舗で、UAE国内ではドバイ店に続く2店舗目、海外では33店舗目となります。

 紀伊國屋書店は2008年、約1,200店舗が入居する世界最大級のショッピング・モールである「ドバイモール」にドバイ店を開店いたしました。開店以来、ドバイ店は世界中から訪れる観光客だけでなく、UAE政府をはじめとした現地の要人の方々にご愛顧いただき、高い評価を頂だいしています。現在、約1,000坪のドバイ店は紀伊國屋書店の単独の店舗のなかでは、新宿本店、梅田本店、シンガポール本店に次ぐ世界4番目の売上をあげています。

 この度出店するザ・ギャレリアはアブダビのアル・マリヤ島にあるフリーゾーン「アブダビ・グローバル・マーケット」内に位置し、今回の売場拡張によりアブダビでも有数のショッピング・モールになることが期待されています。

 アブダビはUAEの首都であり、政治の中心です。また、近年ではルーヴル・アブダビが開館するなど、文化面にも力を入れています。アブダビの文化のさらなる発展に貢献できるよう、紀伊國屋書店は尽力してまいります。また、UAEを2店舗体制とすることで紀伊國屋書店の中東地域における事業の拡大を目指していきます。

<紀伊國屋書店アブダビ店の概要>

規模  :755坪(2フロア)

営業品目:書籍、文具、雑貨、カフェ

営業時間:10:00~22:00(曜日によって変更あり)

<アブダビについて>

 アブダビ首長国は、UAEの連邦首都を兼ねるアブダビ市を持ち、UAEの国土の8割、GDP の約7割、人口の3割、原油生産の9割を占めています。日本とUAEの関係においては、以前からのエネルギー分野だけでなく、最近では、インフラ、文化、教育、そして宇宙開発を含む最先端技術分野においても両国の協力関係が発展しています。

リリースに関するお問い合わせ先:株式会社紀伊國屋書店総務部広報担当 info@kinokuniya.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中