海外機関投資家向け首都圏賃貸住宅特化型ファンドの運用開始のお知らせ

2019年6月20日

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社(以下「DREAM」)は、この度、海外機関投資家向けに首都圏賃貸住宅に特化したセパレートアカウントでの投資に係る取組みを開始いたしましたので、お知らせいたします。

本取組みは、海外機関投資家向けに賃貸住宅を対象資産とするセパレートアカウント(特定投資家専用の運用勘定)での投資運用を行うもので、首都圏に所在する賃貸住宅7物件合計約370億円への投資を決定いたしました。昨今の首都圏における賃貸住宅を取り巻くマクロ動向の変化を捉え、競争が激化する不動産マーケットにおいても、安定的な賃貸収入が見込まれる立地・物件を選別し、魅力的な投資リターンが見込める物件に投資しております。

DREAMではこれまで培ってきたソーシング力や運用経験を活かし、今後もセパレートアカウントによる、優良な賃貸住宅への投資を拡大していく予定です。

今後も三菱商事グループの幅広い産業を網羅する情報力や高い信用力を活用しながら、投資家の皆さまの信頼に応えられる、質の高い不動産投資運用サービスの提供を行っていく所存です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中