「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」でFALKENタイヤ装着車両がクラス優勝

住友ゴム工業

2019/6/26 13:21

2019年6月25日

住友ゴム工業株式会社

「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で

FALKENタイヤ装着車両がクラス優勝

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)がタイヤを供給している「SUBARU WRX STI」が、6月20日~23日にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース「ニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称: 2019 ADAC TOTAL 24h-Rennen)」のSP3Tクラスにおいて6度目となるクラス優勝を果たしました。

SUBARU WRX STI

SUBARU WRX STI

 本年のレースは、終始晴天で昨年より天候には恵まれましたが、各所でクラッシュが多発し、トラブルなく走りきることが難しいレースであることを再認識させられる展開でした。そのような中でもマシントラブルやアクシデントなく完走することにFALKENタイヤの性能も大きく貢献し、その結果、「SUBARU WRX STI」は総合19位、SP3Tクラスで6度目となる優勝を果たしました。

クラス:SP3T

チーム:スバルテクニカインターナショナル

車両:SUBARU WRX STI

ドライバー:Carlo van Dam、Tim Schrick、山内 英輝、井口 卓人

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

SUBARU WRX STI

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中