UBEアートフェスタ2019開催!

宇部市

2019/9/13 15:00

宇部市

アートによるまちづくりの新たな挑戦

UBEビエンナーレ×まちじゅうアートフェスタ

(UBEアートフェスタ2019)開催!

アートによるまちづくりの新たな挑戦

UBEビエンナーレ×まちじゅうアートフェスタ(UBEアートフェスタ2019)開催!

 山口県宇部市(宇部市常盤町一丁目7番1号、市長:久保田后子)は戦災からのまちの復興と煤塵による環境問題を克服する過程において、日本で初めて「彫刻によるまちづくり」に取り組んだまちです。現在もその精神を受け継ぎ、これまで半世紀以上にわたり、世界で最も歴史ある野外彫刻の国際コンクール「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」を開催しています。

 このまちづくりの原点に立ち返り、「アートによるまちづくり」で宇部の魅力を発信し、“ひと”と“まち”の活力を生み出すことを目的に、「UBEビエンナーレ×まちじゅうアートフェスタ(UBEアートフェスタ2019)」を開催します。

3回目の今回は、「UBEビエンナーレ」「まちなかアートフェスタ」「うべの里アートフェスタ」「宇部市芸術祭」の4つのイベントがさらに連携を深め、まち全体で魅力あふれるアートイベントを開催します。宇部の食(グルメ)も楽しめます。「見る」「感じる」「体験する」57日間をお楽しみください。

【第28回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)】

 豊かな自然と広大なときわ湖を望むUBEビエンナーレ彫刻の丘を会場に、42カ国318点の応募の中から選ばれた、見て触れて楽しむことのできる野外彫刻15点と、40点の入選作品プランを展示します。

展覧会終了後、上位受賞作品はまちなかや公園・学校等に設置され、市内では常時200点の歴代出品作品を鑑賞することができます。

【まちなかアートフェスタ】

 宇部市の中心市街地で繰り広げられるアートイベントで、まちなかでのアート作品の展示、各種パフォーマンス、ワークショップや「うべの食」の魅力をプラスしたイベントなどを開催し、アートと食イベントとのコラボレーションにより、まちなかの魅力を発信し、回遊性の向上やにぎわいの創出を図ることを目的としています。

【うべの里アートフェスタ】

 北部中山間地域の活性化や交流人口の増加、移住・定住の促進を目的に、2年に一度、「UBEビエンナーレ」の開催に合わせて、北部の地域資源等を活用し、アート作品の展示やUBEビエンナーレ関連作品の展示、各種パフォーマンス、ワークショップ、音楽イベント、地元の食材を使用した食の提供などを行うアートイベントです。

【宇部市芸術祭】

 「宇部市芸術祭」は、宇部文化連盟が中心となり1969年に初開催して以来、文化活動を行う市民や団体の発表の場として、また、誰もが気軽に文化を鑑賞・体験する場として、宇部市の文化イベントを代表する事業となっています。

 昨年、記念すべき50周年を迎えたところで、年々発表者、鑑賞者も増え、今年は、展示部門12団体、文芸部門3団体、舞台部門9団体、総合部門1団体の計25件の展示・出演等が予定されています。

 また、今年は、市民の文化活動の拠点であり芸術祭の主会場である宇部市文化会館が開館40周年を迎えます。国の重要文化財「渡辺翁記念会館」に引き続き、著名な建築家村野藤吾の設計により、1979年に開館して以来、両会館は一体的に運営され、広く市民に親しまれています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

吐き出される工場からの黒煙(1950年代)

宇部駅(現:宇部新川駅)前に設置された彫刻 のレプリカ (当時の様子)

ビエンナーレ

まちじゅうアートフェスタ

うべの里アートフェスタ

宇部市芸術祭

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中