くら寿司 10月の旬の極みシリーズ『天然本まぐろ』

くら寿司

2019/10/1 14:00

2019年10月1日

くら寿司株式会社

くら寿司 10月の旬の極みシリーズ

「100キロ超え」ならではの“鮮やかな赤身”と“とろける旨味のとろ”

『天然本まぐろ』

― 10月4日より 全国のくら寿司にて期間・数量限定販売開始 ―

 回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦 所在地:大阪府堺市)は「まぐろの王様」とも呼ばれる「天然本まぐろ」を中心にご提供する、「くら寿司 旬の極みシリーズ」の新キャンペーンを10月4日(金)より全国のくら寿司にて開始いたします。 

左:天然本まぐろとろ 右:天然本まぐろ上赤身

 本まぐろはこの時期、旬を迎えます。様々な海洋を泳ぎ渡った天然の本まぐろは、身質がしまることで、弾力有る食感が楽しめます。今回はその中でも餌をたくさん食べて大きく成長した、「100キロ」以上の大型のまぐろを厳選。心地よい食感に加えて、脂乗りと身質のよさが味わえます。

 今回ご提供の「本まぐろとろ」は、大型だからこその脂乗りのよさと、とろけるような脂の旨味が魅力の一品です。また、「本まぐろ上赤身」は、天然ならではの色鮮やかな赤み、こく深い旨味と、すじっぽさがないもっちりとした食感が特徴です。くら寿司だからこそ実現できる、厳選した大型天然本まぐろを、200円とリーズナブルな価格でお楽しみいただけます。ぜひこの機会にお試しください。

 その他、おいしいと評判のうな丼の鰻半身をシャリに包むように載せた「うな丼にぎり」。天然の高級魚で、脂の旨みが自慢の「あぶり きんき」。レモンの皮を混ぜた餌で養殖することで、ほのかにレモンの香りが広がる「レモンぶり」や、上質な旨みと脂が特徴のアトランティックサーモンの上にゆずといくらを載せた「生サーモン ゆず・いくら添え」などもキャンペーン商品として販売します。

 「食欲の秋」の本番を彩るラインアップを、くら寿司でぜひお楽しみください。

≪販売概要≫  商品名 / 価格 / 販売期間

※「税込価格」はすべて消費税10%で計算。お持ち帰りの場合は8%となります。

天然本まぐろとろ(一貫) 200円(税込220円)

販売期間:10月4日~10月10日

天然本まぐろ上赤身 200円(税込220円)

販売期間:10月4日~10月10日

うな丼にぎり(一貫) 200円(税込220円)

販売期間:10月4日~

あぶり きんき(一貫) 200円(税込220円)

販売期間:10月4日~10月10日

【徳島県産】レモンぶり(一貫) 100円(税込110円)

販売期間:~10月17日

生サーモン(一貫) ゆず・いくら添え 200円(税込220円)

販売期間:10月4日~10月10日

≪くら麺ラリー24≫

1年間で計24種類の新作うどん&ラーメンを発売!これを記念して、スタンプキャンペーンをスタート!

 

 10月4日(金)の「とろけるチーズカルボナーラうどん」を皮切りに、今後1年間、2週間ごとに計24種類のうどんとラーメンの新作を販売していきます。これに合わせ、スタンプカードを配布。対象商品を食べると1種類につき1つのスタンプがもらえ、スタンプが4つたまると、次回以降の対象商品を1杯無料でご提供するキャンペーンです。

第1弾商品 とろけるチーズカルボナーラうどん 390円(税込429円) 

販売期間:10月4日(金)~11月7日(木) ※持ち帰り不可 

 カルボナーラソースは、北海道産の生クリームをベースに、ゴーダチーズ、パルメザンチーズ、マスカルポーネチーズの計3種を使用し、くら寿司こだわりの“7種の魚介出汁”を合わせました。さらに、トッピングとして、細かく切ったチーズをのせ、チーズの濃厚さをより際立てました。

 温泉卵の黄身とスープがコシのある麺と絡み合い、まろやかで濃厚な味わいに仕上がりました。

≪新たに「PayPay」に対応開始!電子決済がますます便利に!≫

 くら寿司では、10月16日(水)より、電子決済として新たにPayPay㈱のモバイル決済サービス「PayPay」を全店舗に導入致します。すでに導入している楽天PayやLINE Payに加えて、スマホでのお支払いがより便利になります。

導入時期:10月16日(水)から

導入店舗:全国のくら寿司

     *ららぽーとTOKYO-BAY店を除く

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース