JAソーラー・ジャパンが設立7周年式典を開催

JA Solar Co., Ltd.

2019/10/15 10:15

JAソーラー・ジャパンが設立7周年式典を開催

AsiaNet 80600

【北京2019年10月14日PR Newswire】JAソーラー・ジャパン(JA Solar Japan)は9月17日に、東京で設立7周年を祝う式典を開催した。JAソーラーのフアン・シンミン上級副社長は式典に参加し、挨拶の中で、設立以来支援してくれた日本のお客様に対して感謝を述べるとともに、再生可能エネルギーの発展に尽力してゆきたいと語った。式典には発電事業主、EPC、銀行など約150名の招待客に参加して頂いた。

日本は太陽光発電の拡大を進める事に注力し、太陽光モジュール製品の質と効率を重視してきた。その中で、JAソーラーは2012年、東京に日本法人を開設して、同社の高出力で高品質の優れた製品とサービスは日本の市場でいち早く認められ、多くのお客様に採用して頂いている。その結果、同社は日本への出荷数量を拡大して、現在では、日本市場で10%程度のシェアを獲得していると推測される。同社は百社を超える日本のお客様との強固なな関係を築き、日本の47都道府県全ての地域でJAソーラー製品が設置されており、JAソーラーは、日本で最も信頼できる太陽光発電モジュールメーカーとして高い評価を得ている。

JAソーラーは、高効率の太陽光モジュールの製品のR&Dと製造に注力しており、日本市場向けに最先端製品を提供している。同社は昨年、日本で両面PERC技術の特許を取得しており、JAソーラーの技術革新と日本におけるIP(知的所有権)権利の重要性を強調した。同社は2019年2月、PV EXPO 2019会場でマルチバスバー(9BB)ハーフセル単結晶PERCモジュールを展示して、LCOE(均等化発電原価)を低減し、グリッドパリティを実現するための優れた選択肢としての地位を固めた。JAソーラーは2019 年7月には、信越化学工業とGa(ガリウム)ドーピング技術特許のライセンス契約を結んだ。この技術はJAソーラー製品の性能をさらに高めるものであり、同社は顧客により一層信頼できる製品を提供することができるようになる。

JAソーラーのジン・バオファン会長は「日本市場におけるJAソーラーの成果は、高品質の製品とサービスに注力する当社の努力の賜物である。われわれは引き続き日本市場に貢献し、顧客に高品質の製品とサービスを提供するとともに、日本の太陽光発電産業の発展を促進していきたい。」と語った。

(日本語リリース:クライアント提供)

JA Solar Japan Celebrates 7th Anniversary

PR80600

BEIJING, Oct. 14, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

On September 17, JA Solar Japan held its seventh anniversary celebration in

Tokyo, Japan. JA Solar's Senior Vice President Mr. Huang Xinming attended the

event and delivered a speech to express the company's gratitude to local

customers for their support since its inception and to share his views on the

outlook for the development of renewable energy. Guests from over one hundred

firms, including Hitachi, Panasonic, Marubeni and JGC, witnessed this important

milestone in the company's history.

Japan has attached great importance to the development and application of

renewable energy, especially solar energy. Compared to other markets, Japan has

higher requirements for the quality and efficiency of solar products. In 2012,

JA Solar established a branch in Tokyo, and was quickly recognized by the market

for the company's excellent products and services, and the JA Solar brand has been

well accepted by local customers. The company takes a leading position in shipments

to Japan with nearly 10% share of the market. It has built solid relationships with

hundreds of local business partners, and has a strong market penetration for its products,

covering all 47 administrative regions of Japan. JA Solar is highly regarded as the most

trusted photovoltaic brand.

JA Solar focuses on the R&D and production of high-efficiency solar PV products

and launches a series of advanced products for the Japanese market. Last year,

the company was granted a patent for its bifacial PERC technology in Japan,

which is a manifestation of JA Solar's technological innovativeness and the

recognition and protection for the IP rights in Japan. In February, the company

showcased its 9BB half-cell mono PERC module at the PV EXPO 2019, which was

positioned as an excellent choice for lowering LCOE and achieving grid parity.

In July, JA Solar signed a Ga-doping patent licensing agreement with Shin-Etsu

Chemical. The technology is expected to further improve the performance of JA Solar

products, enabling the company to provide more reliable products to its customers.

Mr Jin Baofang, JA Solar's Chairman of Board of Directors, said, "JA Solar's

achievement in the Japanese market is a result of our strong focus on

high-quality products and services. We will continue to serve the Japanese

market, providing our customers with high-quality products and services, and

promoting the development of the photovoltaic industry in the country."

SOURCE  JA Solar Co., Ltd.  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中