QNB Groupが2019年12月31日までの年次決算を発表

QNB Group

2020/1/15 13:21

QNB Groupが2019年12月31日までの年次決算を発表

AsiaNet 82520 (0078)

【ドーハ(カタール)2020年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】中東・アフリカ地域最大の金融機関QNBは2019年12月31日までの年次決算を発表した。

2019年12月31日までの年間純利益は前年比4%増の144億カタール・リヤル(QAR)(39億米ドル)に達した。総資産は2018年12月比で10%増えて9450億QAR(2590億米ドル)となり、QNBグループの歴史で最高水準の決算となった。

取締役会は額面株式価格の60%(1株0.60QAR)の配当金分配を総会に勧告した。2019年決算と利益分配はカタール中央銀行(QCB)の承認が必要である。

10%増の6790億QAR(1860億米ドル)に達した融資と株価の堅実な拡大が総資産の増加に貢献した。これは主として、2018年12月31日から10%増えて6840億QAR(1880億米ドル)となった強力な顧客預金創出が財源となった。QNBは2019年12月31日現在、99.2%の健全な預貸率を達成している。

持続可能な収益創出源の獲得に加え、25.9%の強い経費効率(経費対収入)比で示される経営効率は、地域の大手金融機関で最高水準とみられる。

総融資額に対する不良債権の比率は2019年12月31日現在1.9%で、中東・アフリカ地域の金融機関で最低水準となり、グループの融資内容の質の高さと信用リスクの効果的管理を反映している。引当金計上に関するグループの保守的方針で、2019年12月31日現在の信用リスク負担率は100%である。自己資本は7%増の950億QAR(260億米ドル)。1株当たり利益は前年の1.44QAR(0.39米ドル)に対し、1.45QAR(0.40米ドル)となった。

2019年12月31日のグループの自己資本比率(CAR)は18.9%で、カタール中央銀行とバーゼル委員会の規制最低要件を上回った。

▽グループのデータ

QNBグループは2万9000人の従業員が1100カ所余と4300台余のATMで約2500万の顧客ベースにサービスを提供している。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1076437/QNB_Group_Headquarters.jpg

ソース:QNB Group

QNB Group: Financial Results for the Year Ended 31 December 2019

PR82520

DOHA, Qatar, January 15, 2020, /PRNewswire=KYODO JBN/--

QNB, the largest financial institution in the Middle East and Africa (MEA) region,

announced its results for the year ended 31 December 2019.

Net Profit for the year ended 31 December 2019 reached QAR14.4 billion (USD3.9 billion),

an increase of 4% compared to last year. Total Assets increased by 10% from December 2018

to reach QAR945 billion (USD259 billion), one of the best set of results in QNB Group's history.

The Board of Directors have recommended to the General Assembly the distribution

of a cash dividend of 60% of the nominal share value (QAR0.60 per share).

The financial results for 2019 along with the profit distribution are subject to

Qatar Central Bank (QCB) approval.

Solid growth in Loans and Advances by 10% achieving QAR679 billion (USD186 billion),

contributed to the growth in Total Assets. This was mainly funded by strong customer

deposits generation which helped to increase customer deposits by 10%, to reach

QAR684 billion (USD188 billion) from 31 December 2018. QNB achieved healthy loans

to deposits ratio of 99.2% as at 31 December 2019.

Operational efficiency resulted in a strong efficiency (cost to income) ratio of 25.9%,

in addition to achieving sustainable revenue generating sources, which is considered

one of the best ratios among large financial institutions in the region.

The ratio of non-performing loans to gross loans amounted to 1.9% as at 31 December 2019,

one of the lowest amongst financial institutions in the MEA region, reflecting the high quality

of the Group's loan book and the effective management of credit risk. The Group's conservative

policy in regard to provisioning resulted in the coverage ratio at 100% as at 31 December 2019.

Total Equity increased by 7% to reach QAR95 billion (USD26 billion) as at 31 December 2019.

Earnings per Share reached QAR1.45 (USD0.40), compared to QAR1.44 (USD0.39) in

December 2018.

Group Capital Adequacy Ratio (CAR) as at 31 December 2019 amounted to 18.9%, higher

than the regulatory minimum requirements of the Qatar Central Bank and Basel Committee.

Group statistics

QNB Group serves a customer base of approximately 25 million customers supported by

29,000 staff resources operating from more than 1,100 locations and 4,300 ATMs.

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1076437/QNB_Group_Headquarters.jpg

SOURCE: QNB Group  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中