技能五輪国際大会の金メダリストが母校を訪問し”ものづくり体験”を中心とした特別授業を行います!

技能の普及啓発・職業観教育の充実を図るためのプロモーション活動 「One School One Skill」

厚生労働省

2020/1/16 10:00

2020.1.16

 各種技能競技大会を通じ、技能の普及啓発および職業観教育の充実を図ることを目的としたプロモーション活動を行なっております。

 その活動の一環として、「One School One Skill」を実施しており、技能五輪国際大会への出場経験のある選手が講師として母校等を訪問し、出前講座を行うことで「ものづくりやサービスの魅力」や「働くことの大切さ」を未来を担う子供たちに伝えることを目的としております。

 

1 日時

  2020年1月20日(月)10:00〜11:40

2 会場

  えびの市立真幸小学校 体育館

  *講師である坂元さんの母校です

3 講師

  坂元 裕二郎 さん:株式会社デンソー所属

  [2019年8月にロシア/カザンで開催された 第45回技能五輪国際大会で金賞を受賞]

4 参加者

  えびの市立真幸小学校 6年生(39名)

5 内容・スケジュール

  実施職種「産業機械組立て」

  10:00 開会、講師紹介、技能五輪国際大会ダイジェスト映像放映

  10:10 講師による講話: 「産業機械組立て」職種の魅力

                技能五輪に取組んだ感想

                働くことの大切さ、どうしてこの仕事を選んだか等

  10:20 講師による「産業機械組立て」職種の実演および技能の解説

  10:35 生徒の皆さんによる「産業機械組立て」職種の体験

        *世界に1つ!オリジナルキーホルダー作り体験

  11:30 質疑応答、感想、集合写真撮影

  11:40 閉会

6 その他

(1)金メダリスト坂元さんによる「えびの市長訪問」

   1月20日(月)16:00〜16:30

(2)金メダリスト坂元さんによる「えびの市立真幸中学校での出前講座」

   1月21日(火)10:50〜11:40

 

*産業機械組立て職種とは・・・

 産業機械組立て職種は、高度にシステム化された生産工場に数多く設置されている自動化、ロボット化した産業設備や機械設備の維持、管理、修理技能を競う「設備のドクター」と言われる職種です。

 レーザー測定器を活用した芯出し、ポンプユニットの振動、速度、温度測定を行う設備診断スキル。高精度ギヤボックスのベアリング分解組付け、ベルトチェーン駆動装置組付け、電気機器等の組立て調整スキル。板金溶接、油圧制御、油気圧配管、電気制御配線、フライス盤、旋盤、加工スキルなど、産業機械に関

わる総合的な技術知識技能が要求される職種です。

       

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

金_産業機械.jpg

2019WS_TEAM_JAPAN_S.jpg

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中