FALKENが「Porsche 911 GT3R」2台体制で『ニュル24時間』に参戦

住友ゴム工業

2020/2/12 14:00

2020年2月12日

住友ゴム工業株式会社

FALKENが「Porsche 911 GT3R」2台体制で『ニュル24時間』に参戦

~13年連続でオフィシャルスポンサーとして協賛~

 住友ゴムグループのFalken Tyre Europe GmbH (CEO:黒田豊)は、5月21日~24日にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース『ニュルブルクリンク24時間レース(正式名称:ADAC TOTAL 24-Hour Race)』にFALKENモータースポーツチームとして参戦します。2020年は、4.0ℓ・550馬力のエンジンを搭載した最新仕様の「Porsche 911 GT3R」2台体制で総合優勝を目指します。また、オフィシャルスポンサーとしてFALKENブランドで同レースに協賛し、多くのファンに感動を届けます。

ファルケンカラーの「Porsche 911 GT3R」イメージ

 当社グループは1999年以来、世界一過酷なレースとも言われる『ニュルブルクリンク24時間レース』に、FALKEN モータースポーツチームとして参戦を続けてきました。昨年は各所でクラッシュが多発し、完走すること自体が難しいレース展開が繰り広げられましたが、FALKENタイヤの信頼できる性能を軸にチームが一丸となってパフォーマンスを発揮したことにより、160台ものエントリー中同チームの2台は総合5位と総合20位を記録し、ともに完走を果たしました。

 本年は、同コースで開催される『ニュルブルクリンク耐久シリーズ(正式名称:Nürburgring Endurance Series)』への参戦を皮切りに、万全な体制で『ニュルブルクリンク24時間レース』に臨み、総合優勝を目指します。このレースで得たノウハウを基にFALKENタイヤのさらなる品質向上に繋げていきます。

■ニュルブルクリンク24時間レース

自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクで行われる24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コースと、F1も開催された近代的なGPコースをつなげた1周約25㎞のフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中