ArasanがSUREBOOT(TM)Host IPが即時に入手可能と発表

Arasan Chip Systems, Inc.

2020/2/25 09:48

ArasanがSUREBOOT(TM)Host IPが即時に入手可能と発表

AsiaNet 82986 (0267)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2020年2月25日PR Newswire=共同通信JBN】

*モバイルおよび自動車SoC向け半導体IPの大手プロバイダーであるArasan Chip Systemsは25日、JEDEC JESD251スペックをサポートする同社のxSPI Host IP Coreが即時入手可能であると発表

JEDEC JESD251 xSPIスペックV1.0に対応する同社のeXpanded Serial Peripheral Interfact(IP)がすぐに入手可能であると発表したことで、Arasanはそのソリッドステート・ストレージを拡大する。また、xSPI IPはJESD216D Serial Flash Discoverable Parameters(SFDP)もサポートする。JEDEC JESD251はNORフラッシュデバイス・インターフェースを標準化する。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1093900/arasan_Logo.jpg

AransanのxSPL IPはOctal SPI、QSPI、Dual SPI、SPIインターフェースをサポートするユニバーサルなNORフラッシュインターフェースIPである。メモリー・インターフェースIPにおいてリーダーシップを発揮するArasanは、SoCがNORフラッシュから直接起動し、コンプライアンスとフェールセーフ機能に関するxSPIインターフェースの信頼性が必須であることを理解している。ArasanのxSPL IPは自社テスト環境ならびにサードパーティーVIPでのRTLレベルの厳格なテストを受けている。同IPはxSPIフラッシュメモリーデバイスを使ったFPGAでもテストされている。

ArasanはVerilog RTLコードとテスト環境に加え、ソフトウエアつきのTotal xSPI IP Solution、FPGAプロトタイピング・プラットフォーム、サードパーティーUVMをベースにしたVIPを提供している。

ArasanのxSPI IPは、UFS + M-PHY IP、eMMC IP、SD Card Host IP + SD UHS-II IP、ONFI NAND Flash IP + ONFI PHY IPなどの総合的なソリッドステート・ストレージのポートフォリオに加わる。

▽入手について

Arasan xSPI Host IPはASICとFPGAアプリケーション向けに、すぐに入手可能である。Arasanはザイリングス、インテルとMicrosemi FPGA IPの各パートナープログラムのメンバーである。

▽Arasanについて

Arasan Chip SystemsはJEDECのメンバーで、モバイルストレージおよびモバイルコネクティビティー・インターフェース向けIPの有力プロバイダーである。Arasanの高品質、シリコン検証済みのTotal IP Solutionには、デジタルIP、AMS PHY IP、Verification IP、HDK、ソフトウエアが含まれる。ArasanはモバイルSoCを対象とする製品ポートフォリオに焦点を当てている。「モバイル」という用語は、この20年間にわたって90年半ばのPDAに始まり、2000年代のスマートフォンとタブレット、さらに今日の自動車、ドローン、IoTに至るまでのあらゆるモバイルを包含し、進化してきた。ArasanはモバイルSoCの核心である標準ベースのIPにより、この「モバイル」進化の最前線にいる。

Arasan IPを搭載した10億以上のチップが出荷されており、出荷先には半導体企業の上位10社すべてが含まれている。

▽問い合せ先

Dr. Sam Beal

Mktg1@arasan.com

ソース:Arasan Chip Systems, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中