薩摩金山蔵 開業15周年記念「ドリフターズ」原画展が開催決定!

濵田酒造

2020/3/16 19:00

2020年3月16日

薩摩金山蔵株式会社

島津義弘を祀る「薩摩金山蔵」と島津豊久が主人公の人気漫画がコラボ

開業15周年記念:「ドリフターズ」原画展が開催決定!

~生誕450年を迎える豊久の雄姿が誕生の地に初登場~

浜田酒造グループの薩摩金山蔵株式会社(本社:鹿児島県いちき串木野市、代表取締役社長:浜田雄一郎) は、2020年4月23日に開業15周年を迎えるにあたり、島津義弘公の甥にあたる島津豊久が主人公のファンタジー活劇「ドリフターズ」の原画展を、豊久生誕の地で初開催することが決定いたしました。※浜田酒造の「浜」の字は旧字体です。

ドリフターズ島津豊久

(「ドリフターズ」の主人公 島津豊久)Ⓒ平野耕太/少年画報社

【ドリフターズ原画展概要】

2020年は、島津家久が串木野(現在のいちき串木野市)に入城し、その子・豊久が同城で誕生して450年目にあたります。近年、歴史学研究のみならず、ゲームや漫画などで注目を集めるこの父子は、戦国島津の武の象徴ともいうべき存在でもあり、彼らの活躍が薩摩藩の基礎を築きました。また、今年開業15周年を迎える薩摩金山蔵は、家久の兄であり、戦国屈指の猛将島津義弘を祀る「薩摩開運神社」があることでも知られています。

■日時:2020年4月29日(水)~ 6月14日(日)10時~17時(定休日:火曜日)

 ※GW期間中の営業日については、薩摩金山蔵までお問合せください(0996-21-2110)。

■場所:薩摩金山蔵

■住所:鹿児島県いちき串木野市野下13665

 アクセス:https://www.hamadasyuzou.co.jp/kinzan/facilities

■協力機関:株式会社少年画報社(「ドリフターズ」出版社)

■島津豊久生誕450年イベント(ツイッター):@450toyohisa

【ドリフターズ「島津豊久」コラボラベル梅酒を限定発売決定!】

原画展開催を記念して、焼酎蔵「薩摩金山蔵」では、ドリフターズの島津豊久ラベルの梅酒を発売決定いたしました。鹿児島県産の南高梅を使用した芋焼酎仕込みの梅酒で、長期貯蔵ならではのコクと甘みを感じさせる味わいが特長です。発売方法などの続報は決まり次第、薩摩金山蔵公式HPにてお知らせいたします。

薩摩金山蔵公式HP:https://www.hamadasyuzou.co.jp/kinzan/

【焼酎蔵「薩摩金山蔵」開業15周年記念イベント開催!】

薩摩金山蔵入り口

開業15周年を記念してイベントを開催します。先着150名様へのプレゼントやガラポン抽選会、毎年いちき串木野新酒まつりにて好評いただいている蔵元Barを金山蔵バージョンで実施します。自慢の焼酎・清酒の他、オリジナルカクテルなどの提供も予定。詳細については、後日薩摩金山蔵HPにて告知いたします。

■日程:2020年5月2日(土)

■時間:10:00~16:00

■場所:薩摩金山蔵

■住所:鹿児島県いちき串木野市野下13665

【島津豊久生誕450年記念 島津豊久ゆかりの地をめぐる敵中突破ツアー!】

島津豊久生誕450年を記念して『島津豊久生誕450年記念 島津豊久ゆかりの地・佐土原&串木野をめぐる敵中突破2日間ツアー』が決まりました。鹿児島県串木野の「薩摩金山蔵」とご居城地でもあった宮崎県佐土原城の「佐土原歴史資料館」で開催される『ドリフターズ』の原画展を両方とも見学し、鹿児島県と宮崎県の島津豊久ゆかりの地をバスでめぐります。島津豊久が生まれ育った風景をドリフターズのストーリーと重ね合わせながら、生誕450年の節目だからこそ味わうことができる2日間です。定員になり次第、締め切らせていただきます。ツアー詳細は、ツイッターにて発信中。

■ツアー名称:

『島津豊久生誕450年記念・島津豊久ゆかりの地・佐土原&串木野をめぐる敵中突破ツアー2日間』

■日程:2020年5月30日(土)~ 5月31日(日)2日間

■主な見どころ:

・薩摩金山蔵と佐土原歴史資料館で開催される「ドリフターズ」原画展

・仙巌園(島津家別邸)

・天昌寺(島津家歴代の墓地)など

■出発地

・羽田空港

・現地集合プラン:宮崎空港・宮崎駅集合/鹿児島中央駅・鹿児島空港解散

■主催:クラブツーリズム(ツイッター:@ct_rekishi_kant)

(補足情報)

【「ドリフターズ」とは】

ドリフターズ1巻表紙

「ドリフターズ」は、平野耕太氏による日本の漫画。少年画報社の月刊漫画雑誌「ヤングキングアワーズ」にて2009年より連載中。 古今東西の英雄が、中世ファンタジー風の異世界に召喚されるアクション系歴史ファンタジー作品。その中で、主人公島津豊久は「戦国最強」の人物として描かれている。

少年画報社「ドリフターズ」公式HP:

http://www.shonengahosha.co.jp/info20180919.php

【「薩摩金山蔵」とは】

薩摩金山蔵トロッコ

(坑洞内に向かうトロッコ)

薩摩金山蔵内にある「薩摩開運神社」

(島津義弘を祀る「薩摩開運神社」)

鹿児島県いちき串木野市の中心部からほどなく山手に進んだ自然の中にある焼酎蔵「薩摩金山蔵」。かつて薩摩藩の栄華を支えた串木野金山に、薩摩の精神文化と本格焼酎のルーツを求め、日本の本格焼酎の歴史といにしえの文化を後世に語り継ぐ場所として2005年4月に誕生しました。360余年にわたり掘り続けられた総延長約120kmの坑洞は、年間を通して気温が一定で、焼酎の貯蔵・熟成にとてもよい環境です。甕仕込みと甕貯蔵の蔵を構え、明治以前の焼酎づくりをコンセプトに、女性杜氏による焼酎づくりなどを行っております。

【お問い合わせ先】

薩摩金山蔵株式会社 お客様相談室 

TEL: 0996-21-5500(平日9:00~16:30 土・日・祝日を除く)

Email: info@hamadasyuzou.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

薩摩金山蔵入り口

薩摩金山蔵トロッコ

薩摩金山蔵内にある「薩摩開運神社」

ドリフターズ島津豊久

ドリフターズ1巻表紙

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中